キャッシュレス決済の最強の組み合わせはコレ Kyash x Origami

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

キャッシュレスめっちゃ流行ってますよね。遅ればせながらもそろそろキャッシュレスを始めたいんだけどそもそもキャッシュレスってなに?、どれがいいの?って人って結構いると思います。キャッシュレスがなんたるかというのは、以下の記事で纏めてますので、そちらを見てみてください。

ここでは、キャッシュレス決済のことが分かった人向けにTK的な現時点(2019年上半期)で一番最強な組み合わせを教えていきたいと思います。特に、特定のサービスのポイントなんて貯めたくない、でもキャッシュレス決済でなるべく多くの還元率は欲しいという人にはおススメの組み合わせかと思います。

スポンサーリンク

全キャッシュレス決済の比較表

早速ですが、各電子マネーの比較表です。ネットで見る限りの情報を集めたので、実際に使っていないものも含んでいる関係上、少し情報に間違えがあるかもしれませんが、もし誤記載あればご指摘ください。*Kyashに関しては2019年10月より還元率が1%になることになってしまいました。

以前の記事から主要なクレジット型、独自決済型、自社決済基盤型、銀行系のサービスを抜き出して纏めてみました。こうしてみると結構特徴がありますよね。どれも同じにように見えて、得意な部分が違うというか、囲い込もうとしている分野が違うために各々特徴が出ているような気がします。

Kyash + ??の組み合わせにするべし

というわけで早速結論になります。比較表を見る限り、一番使いやすそうなのはLINE PayかKyashになりそうなんですが、個人的にやはり特定のポイントを貯めたくないという点と還元率が固定的に1%貰えるKyashが一番使いやすそうな気がします。

LINE Payは、Kyashと同じような使い方ができるのですが、事前にチャージが必要なプリペイド型の電子マネーであること、そしてポイントの還元率がグレードによって増減することから、若干使いづらそうな気がしています。もちろん普段からLINEのスタンプをよく買ったり、ヘビーユースな使い方をしている方であれば、LINE Payも有力な選択肢になるとは思いますが、個人的にはKyashの方が使いやすそうです。

Kyashはクレジット型の電子マネーになっており、登録をするとバーチャルVISAカードというものが発行されます。(近頃なんでも”仮想”ですね。)VISAカードという名前の通り、使用する際には通常のVISAカードと同じように使用することができるので、いつもの買い物に+1%の還元率を追加することができます。更には、この溜まった1%も同じVISAカードの買い物に使いまわせるので、実質的に余計なポイント貯めることなく、1%OFFような使い方ができるわけです。

更にはバーチャルVISAカードですので、他の電子マネーの紐づけクレジットカードとしても使用することができるので、ポイントの2重取り、3重取りが可能になるので、電子マネーの組み合わせが可能になっています。そのため、QRコード支払い対応の店舗であれば、Kyashを基本として実際の決済には、他のQRコード決済の電子マネーで支払うのが一番効率が良いです。

因みにKyashとの組み合わせができるのは、公式で確認できているのは以下のみになるので、ここの中から選ぶ形になります。

ご利用加盟店対象/対象外
楽天Pay対象
PayPal対象
Amazon対象
Amazonギフト券対象
モスカード対象
スターバックス カード 対象
ドトールバリューカード 対象
Yahoo!ウォレット対象
Origami Pay対象
PayPay対象

スポンサーリンク

クーポン対象店舗では、Kyash + Origami Pay

さて、Kyashを基本とすることは良いとして、具体的にどのQRコード決済が良いのかという部分になります。冒頭言ったように、あまりサービスに特化したようなポイント還元をされても使えるお店が少なかったり、対応の店舗の違いにより、貯めたポイントが使えないんじゃ意味ないですよね。

選択肢としてはいくつかあるんですが、その中でも個人的なおススメはOrigami Payになります。Origami Payって正直聞いたこともなかったんですが、電子マネー業界ですと、結構老舗な決済業者らしいです。そのためもあってか、QRコード決済対応のお店だと、結構対応があったりします。

またOrigami Payの場合、基本となる還元率はありません。代わりに店舗ごとにクーポンやキャンペーンを展開しており、そのクーポンでの割引になります。クーポン/キャンペーンは、2%OFFや50円引きといったその場での現金値引きが多く、そのため他のサービスと違って余計なポイントが貯まることがないというのは大きなポイントだと思います。

因みにOrigami Payのクーポン対象じゃない店舗の場合は、自分が普段よく使うサービスに纏めたほうが効率の良いやり方になると思います。例えば普段よく楽天で買い物する方は、楽天ペイと紐づけるなど。

モバイルSuicaへのチャージはKyashでチャージ

#2019/2/3以降モバイルSuicaへのチャージはポイント加算対象外になってしまいました。詳しくは以下。

さて、もう一つの最もよく使うサービスがSuicaですよね?Suicaでのチャージにキャッシュレス決済のようなポイントを追加が貰えるのであれば、ポイントザクザクな気持ちがしませんか?

結論から言うと、SuicaへのチャージはKyashで6,000円以上纏めてチャージしましょう。しかしオートチャージはKyashではできませんので注意してください。(ビューカードのみ対応)

※モバイルSuicaへのチャージ、購入について
チャージやモバイルSuicaアプリ内での決済は、6,000円以上(1回のチャージ金額または1回の決済金額)がキャッシュバック対象となります
例:6月に1回のチャージで6,000円チャージした場合は6,000円の2%(120円)が7月末までにKyash残高にキャッシュバックされます。
例:1回5,000円のチャージを2回した場合は、1回のチャージ金額が6,000円未満のため累計額に関わらずキャッシュバック対象外となります。

因みにビューカードでは元々Suicaチャージに対しては、ポイント3倍になるのですが、元々が0.5%還元ですから、0.5%の3倍でも1.5%にしかなりません。そのため、Kyashを間に挟んだ方が、Kyash 2% + ビューカード 0.5% になるので、合計2.5%となるため、こちらの方がお得になりますね。

VIEWプラス対象商品をビューカードのクレジット払いでご利用いただくと、通常1,000円(税込)につきJRE POINT5ポイントのところ、3倍の15ポイント貯まります。

https://www.jreast.co.jp/card/point/

Apple Payでの支払いはモバイルSuicaで纏める

#2019/2/3以降モバイルSuicaへのチャージはポイント加算対象外になってしまいました。

もう一つの便利な決済方法は個人的にはApple Pay決済なんですよね。スマホ一つで買い物ができる便利さもそうですが、ふとした時に自動販売機でちょっと飲み物を買うときにはやっぱりモバイルSuicaがとても便利です。iPhone 7以降の機種であれば、端末内チップが内蔵されていますので、モバイルSuicaに6,000円チャージした中から使えば、JREポイント(旧Suicaポイント)は貯まるので、こちらも便利ですね。

電車待ちや、新幹線の乗り継ぎだと、NFC決済が一番早いので駅構内などの急いでいるときの買い物であれば、モバイルSuicaで纏めてしまうのでお得ですね。

スポンサーリンク

個人間送金はPring(プリン)で

あまり聞いたことないかもしれませんが、こちらは銀行系の電子マネーになります。この特徴は何といっても全てのユーザー手数料が無料なことです。他の電子マネーを見ると基本的に電子マネーの払戻しは対応していません。(マネーロンダリングにもなりえるので)しかしpringは、大手銀行(みずほ、三井住友)を始め、多くの銀行の仮想通貨に採用されており、キャッシュインアウト手数料が完全無料になっていますので、個人間で簡単にお金の受け渡しができます。

店舗側手数料に関しても通常のクレジット決済と比べると0.95%(クレジット系は3~5%)になっているので、店舗側としても手数料を抑えるのに最適ではあります。

しかし個人的にこの電子マネーの使い方の本命としては、やはり個人間送金ですね。他のKyashや、LINE Payなども自社のサービス内での送金手数料は無料にはなっていますが、やはりそれぞれのサービス内でしか使用することのできない電子マネーです。しかしPring(プリン)は電子マネーというよりもむしろトランザクション専用の通貨と言った方が良いかもしれません。自由にお金を出し入れできるので、もう一つの自由に使える銀行口座のような使い方になると思います。また独自サービス色が薄いことと、大手銀行の仮想通貨としても採用されているので、今後政府のキャッシュバック施策の受け皿になるかもしれませんね。

キャッシュレスでのキャッシュバックができないケースがある

さて、ここまで何度もおススメしているKyashですが、気を付けるべきポイントがいくつかあります。常に2%という高還元率を実現しているKyashなので、今後全ての支払いをKyashで纏めてもいいんじゃないと思ってしまうんですが、実は結構制約(ポイントがつかないケース)があるのでこちらも一緒に押さえておきます。

対象外の取引
・お買い物キャンセルとなった決済
※キャンセルが月またぎの場合は次月相殺いたします
・カード有効性チェックでの減算
・前払式支払手段(第三者型)の購入、チャージ
・WAON/nanaco/楽天Edyなど
・モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ ※
・Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ ※
・寄付のお支払い
・公共料金のお支払い
・各種税金、ふるさと納税のお支払い
・年金のお支払い
・Yahoo!公金支払い
・金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
 また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入郵便局の販売サイト
 造幣局の販売サイト


*ただし下記お支払いにはご利用いただけません*
・一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店などでご利用いただけません。
・公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など
商品の一部が含まれる場合にもご利用いただけない場合がございます。
・航空会社のお支払い
・一部宿泊施設(ホテルなど)のお支払い
・各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ など
・3Dセキュア導入のサイトでのお支払い
・その他
ご利用先の利用環境や弊社の定めによりご利用いただけない場合がございます。

こう見ると結構あるので、どれもこれも使うというよりも特定の使い方で使っていくような感じになるかもしれませんね。こういったことを踏まえて結果、以下のケースではKyashでの支払いで進めていくことがよさそうです。

  • Amazonの支払い
  • 楽天の支払い
  • その他ECサイトでの支払い
  • レストラン・飲食店での支払い
  • ビックカメラ・ヨドバシなどの家電での支払い(5万円以内)

上記以外での買い物については、Kyashでの支払いは諦めて、クレジットのみで決済するか、もしくは楽天ペイ、PayPayなどを使うことを検討することになります。

最後に

キャッシュレス決済を使うことへの一番の動機は、やはりポイントですね。決済が楽というのもありますが、正直アプリをインストールしたり、ルートを考えたりするのはちょっと面倒ですね。

ただこのサイトの名前の通り、昔はもっとシンプルだったものを少しひと手間かけるだけで、スマートな生活にしていくということは、やはりTK的な生きがいではあるので、是非皆さんもなるべく損しないように効率的に実施してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Subscribe SNS

コメントを残す

*

Translate »