MCPC1級の全体構成を把握

MCPC (モバイルシステム技術)
スポンサーリンク

先ずは受験費用を調べる



モバイルシステム技術検定は、資格レベルにより2級、1級、シニアモバイルコンサルタント(SMC)の3段階で構成されており、それぞれSMCは受験資格として1級が必要で、1級は2級を事前に合格しておく必要がある
因みに受験料は以下のように結構お高め
企業主催ってなんでこんなに高いんだろうね

2級

  • 15,100円(税込)

1級

  • 1科目受験 10,800円(税込)
  • 3科目受験 25,900円 (税込)
 つまり1級を取るまでには、少なくとも合計41,000円も必要という…((((;゚Д゚)))))))  

但し企業によっては割引もあるらしくこちらを見てもらう方が正確です
因みに僕の会社は会員団体でしたのでもう少し安め(それでもまだ高いけどね) 

試験構成は?


MCPC1級の試験構成は以下のような感じになっている

難易度としては、人によって違うのだが1部 > 2部 > 3部とか言われたりもするが、
私はモバイルネットワーク系の仕事なのでむしろ2部&3部の方が個人的には
難しいというか覚えづらい
 
1部ごとに約150ページずつなので、試験は各部ごとにマークシート36問、筆記2問なので
そこまで問題数は多くないが…
 
その分、どこ覚えれば良いのかわからん。
とりあえず重要そうな単語を覚えて、2級と同じような感じで穴埋め4択だろうから
ひたすら覚える感じかな
 
実はもうテキストは何回か読んではいるので、次回以降でネットに散らばってる
過去問らしきものでも纏めますかな
 
では
MCPC (モバイルシステム技術) WEBモバイル資格
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

モバイルシステムエキスパート。某大手IT企業でエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました