homebridge-hueプラグインでPhilips hueを完全コントロール

スポンサーリンク

この記事より新しい方法で構築しているものがありますので、homebridge-hueのインストールについては、こちらを参照ください。

 

TK(@simplewasbest)です。じゃんじゃん行きますよ。

Smart home(スマートホーム)計画 第4弾
 
過去のスマートホーム関連記事はこちら。
 
今回はhomebridge-hueのプラグインの使い方です。
実は自宅のPhilips hueとhomebridgeとの接続はすでに前の記事でやっていたのですが、無事iphoneのhomeアプリ上で状態確認出来るし、オンオフも出来て、明るさも調整出来るわけなんですが、、、なんというかそれしか出来ないんですよ。
 
 
特に色温度!
これを変えられるからこそのhueでしょ!!(←IKEA Tradfriのバルブを使ってますが、、そこはhue bridgeだから、API自体はphilip側さ。)
 
わかりますか?この問題。本来の純正のHueなどの場合は左下に”カラー”というボタンがあって、色が変えられるはずなんですよ。それなのに、ここが変えられないというのはhomebridge-philipshueプラグインの作り込みの甘さ出会って、このままだと単なるスイッチON/OFFと明るさしか変えれないので、折角のカラーLEDの意味がないわけなんですよね。
 
このプラグイン自体がかなり簡易的なものだったんでしょうけど。
 
他の人のブログを見てもみんなこれを使っていたから、盲目的に使ってしまったが、やっぱり使いたいものを使うってのが、ラズパイの魅力でしょう。
 
ってことで、今回はhomebridge-hueプラグインの置き換え備忘録です。
 

スポンサーリンク

先ずは・・・

憎っくきhomebridge-philipshueを削除してやりましょう

config.jsonを修正

因みにこれはワタシのhue bridge gen.1(ラウンドタイプ)の設定です。gen.1(スクエアタイプ)の方は、nativeHomeKit、nativeHomeKitSensors、nativeHomeKitLightsをtrue、parallelRequestsを10にするらしいです。
ただ詳しくは未検証なので、、、どなたか人柱情報お待ちしております。
 
各パラメの詳しい情報は以下Githubで確認できます。
 

https://github.com/ebaauw/homebridge-hue/wiki/Configuration

 
本当に電球だけhomeアプリに表示してくれればいいよって方は、以下パラメをfalseにしてください。余計な部屋とかを読み込まなくなります。
groups
group0
rooms
 
またhomebridge-philipshueで既にhomeアプリに登録済の方は、homeアプリ上でhomebridgeを削除した後、~/.homebridge/persistを削除しないと読み込みエラーになります。

 

Let’s 確認

さて、これでどうなったかと言いますと・・・
 
見事カラーが見えるようになりました!!
これだよ、これこれ。
 
これが出来ないとhomeアプリの意味ないよね。
Google assistantの方が音声認識はすごいんだけどやっぱguiのプラットホームアプリの存在は便利だと思うし、センサー系だと特にこういうプラットホームアプリじゃないとわかりづらい。
毎回呼びかけるの面倒だし。
 
ということで、今回はひとまずこれでやりたいことは出来たので、おしまい。
 

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です