赤外線センサを使って、テレビもhomekitから操作しちゃおう(homebridge-broadlink-rmプラグインの使い方)

スポンサーリンク

どうもTK(@simplewasbest)です。

Raspberry piを手に入れてからというもの、家の中を何でもかんでもhomekitに繋げたい衝動に狩られています笑
今回は、こいつです。
こいつは要は赤外線リモコンですね。元々はAmazon Alexaには純正対応しているものなんですが、Apple homekitには対応してないんですよね。homekitに繋げれば、home.appからのGUI操作も出来るし、勿論Siriから操作も出来るようになります。
ただ他のモジュールと比べて、赤外線を学習させないとならないので、ちょっと面倒です。ただテレビとかちょっとリモコンを探すのが、面倒とか、そういう一手間は省けるようになるかもなと。
因みに海外並行輸入版の通称黒豆もあります。
こいつに関しては、ちょっと調べて貰えればわかるんですが、海外のウェブサイトから直接買ったほうがかなり安いんですよね。でも安いのには別の問題があって、純正のアプリからの操作が一切できないという多少ハードル高いものになってしまっていて・・・結構皆さん敬遠してるみたいです。
海外で漸く一般普及レベルの低価格赤外線センサーがきたと、まさに“Game Changer”とまで言われて騒がれてるもの何ですが、理由は後述しますが、日本ではまだまだ市場に大きなインパクトは与えられませんでした。
でも今回は私はhomekitにしか使わないし、純正のアプリからなんて操作しねーからという理由でこっちの黒豆君を使っています。
大まかな手順は以下。

・黒豆をWiFiに接続する
・homebridge-broadlink-rmをインストールする
・config.jsonを編集する
・赤外線をひたすら学習させる

2−3はいつも通りですね。1がちょっと癖があって、4も結構めんどい。

スポンサーリンク

構成

今回の構成です。まーいつも通りですね。RM miniがHomekitに対応してないので、homebridgeにブリッジしてもらい、iOSから操作するという。
確かにhomekitに純正対応していたら、すぐに済む話かもしれないんですが、homebridgeを介すことで、柔軟な設計が出来ているとも言えるんじゃないかと。

黒豆をWiFiに接続する

色んなサイトでも書いてあるので、調べていた人は知っているかもしれないが、結論から言うと黒豆は日本で使うように作られていません
Androidであれば、頑張ってAPKをどっかからダウンロードして行けるのかもしれないですが、iPhoneだと海外Apple IDじゃないとアプリが動作しないように作られてるとか何とか。
Link Japan社の既得権益を守るようなアプリの設定になってやりやがりますね。
但し、一応製造元のBroadlink社が作っているアプリを使うと、WiFiの設定まではできるようなので、そこまではアプリを使いましょう。
因みに実はアプリ自体はLink JapanとBroadlink共通らしく、端末の言語設定とiPhoneの場合はApple IDのLocationをみて、アプリの動作を制限してるとか何とか‥
アプリは同封のマニュアルに記載しているQRコードから読み取りましょう
次に黒豆にUSB電源を繋いで、近くでアプリを立ち上げると、アプリからすぐに接続候補のWiFi SSIDが表示されるので、SSIDを選択して、パスワードを入力してください。
因みにRM mini 3は2.4GHzしか対応していないみたいなので、5GHzを選んでも接続出来ないので気をつけてください
接続が完了すると、エラーも何も出ずに、そして何も表示されません。(一瞬MACが見えた気もしますが、見落としました)
因みに私はここで上手く行かずに、一度Factory Resetをかける必要がありましたので、もし上手く行かない場合は一度ピンか何かが背面のボタンを、正面のLEDが高速点滅するまで長押ししてください。
あとはちゃんと接続されているかMAC scanなどで確認すれば、MACアドレスも確認出来ますね。
因みにBroadlink RM miniのMACアドレスは”34:EA:34:XX:XX:XX”の形式になります。

スポンサーリンク

homebridge-broadlink-rmをインストールする

これはもういつも通りな感じなので、コマンドだけ打てば済む感じです。

これだけなので特に難しいことはないですね。

このモジュールのインストールの面倒はむしろここから

 

config.jsonを編集する

ここのやり方からがちょっと癖があって、何通りかやり方があるような感じで、かつ持っている機器によって要るものと要らないものが出てくるので、単純にこれ書けばOKと言う感じにならないんですよね。だからちょっと面倒。

基本のタグの定義は開発元の以下を参照しています。

https://lprhodes.github.io/slate/

細かくステップで書くより、最終版の私の環境のconfig.jsonを書いておきますね。

 

今回は参考までにHEXキーも書いていますが、これは次の章で調べて書いていくものです。因みにSony TVであれば同じものが使えるかもしれないです。わかんないけどw

これが出来たらあとは、homebridgeを再起動させてエラーが出なければ、大丈夫です。出たら何か記述ミスってるので、直してください。vimだと構文エラーを強調表示してくれるので、便利ですよ。

あとはhostsの部分は基本的にはauto discoveryのため要らないらしいのですが、今回は念のため記載してあります。

 

赤外線をひたすら学習させる

はい、ではここからが肝です。

この状態だと実は何にも出来ません。単なる準備が出来た状態です。まー上のcofig.jsonは完成形ですが。LinkJapanや純正アプリだとプリセットとして既に主要メーカのIr コードが準備されてるのですが、アプリが使えない今回はそんなこと出来ません。なので、一つ一つ学習させてあげないとならないのです。

ここで使うのが”Learn”と言うボタン。
iOSのhome.appを開いてもらうと、LearnとScan RFというボタンがあると思います。それが見えるようになって要るなら以下の手順で進めます。

スポンサーリンク

手順

  1. Scan RFボタンを押す
  2. RM miniに向かって何かボタンを押す
  3. homebridgeコマンドを押す(Logが見れる状態で)
  4. Learnボタンを押す
  5. RM miniに向かって学習させたいボタンを押す(今回はTV On/OffとVolume Up/Down)
  6. Log上にHEXキーが表示されることを確認する
  7. 確認したHEXキーをconfig.jsonに転記する
  8. homebridgeを再起動

因みにもしhomebridgeを起動して要るサーバでFirewallを設定しているならdisableにしておいてください。

ダイナミックポートを使っているらしく、ポート規制がかけられないようなので、使う場合にはLAN内のセキュリティを担保した状態で使ってください

firewallが掛かってると以下のようなログになってしまいます。

 

あとはひたすらに4~7を繰り返します。

一番最初にScan RFを押すのは、なんかリモコンの周波数を記憶させるとか何とか。でも私はやらなくても大丈夫でした。

 

最後に

ここまで終わればあとは、確認作業です。私の場合、上のにさらにチャンネルを追加しました。

あとはhomekitを立ち上げてあげるとこんな感じになると思います。

RM miniをTVからいい感じの場所に設置してボタンをポチポチすればちゃんとTVがオンオフされると思います最後のラストワンマイルはアナログなんですが、スマホから操作できるってところがちょっと感動ですよね。

学習させると気をつけなきゃならないのでエアコンです。
エアコンはTVと違って、一度に送信するデータが多いので、なかなか設定が難しいみたいです。今回は私はチャレンジしてませんが、そのうち調べてみたいと思います

あとはもちろんSiriからもこんな感じで

操作できちゃいます。呼び方は”〜〜をオン/オフにして”になります。hueと違って、付けて〜とかあんまり柔軟性がないですよね。ま、仕方ないです。

〜〜の部分はボタンの名前が参照されているので、私の場合は、TV on/offをテレビと名付けています。

こんな感じで。

あとはエアコンとか、ファンとか赤外線で操作できるものを何でもできるんですが、赤外線なんで、RM miniの設置位置に気を使わないとならないのと、現在の状態がわからない(ちゃんと赤外線が届いているか)ので、外出先から使うってレベルじゃないかと思っています。

ただ家にいる時には、イチイチリモコン探さなくて済むんで結構便利かなと思っていますよ。

では、こんな感じで。

 

 

使用機器

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. パパ より:

    記事を参考にさせて頂きました。
    自分がもともとNatureRemoをアプリで使用していましたがこの記事を見て2階用にもう1台設置しようと思いました。
    ついでに記事を参考にしてhomebridgeを構築して1階はNatureRemoで2階はRM mini3ではなく安さにつられてGangWangのRM-Pro2899円(安っ)ですが中身はRM Proのようでした。なんとかjson書き上げ成功して家中スマートホーム化出来ました。
    参考記事有り難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です