LTEプロトコルアーキテクチャ(MAC/RLC/PDCP/RRC)

MCPC (モバイルシステム技術)
スポンサーリンク

LTEでもUMTSでも下位レイヤはそこまで変わらないので、ここではLTEの話を基本とする

LTEのプロトコルスタック

先ずLTEのProtocol Stackが以下になる
普通OSI参照モデルで考えれば、下からこんな感じの区分になると思われがちだが・・・
セッション層 (RRC)
トランスポート層 (PDCP) 
ネットワーク層 (RLC)
データリンク層 (MAC)
物理層(PHY)
??
どうやら違うらしい。というかCN側はあってるけどRAN側がめちゃくちゃ

L2&L3層の詳細 MAC/RLC/PDCP/RRC

ネットで見つけたかなり詳細なネットワーク区分を発見した
こちらの方がしっくりわかりやすいですね
CN側とRAN側で並行して書くもんだからレイヤがわかりづらくなる
それぞれの略称は
RRC = Radio Resource Control 
PDCP = Packet Data Convergence Control
RLC = Radio Link Control
MAC = Media Access Layer
PHY = Physical Layer 
となります
図の中の詳しい部分はあまり説明しないが、MCPCの試験範囲でもないし、、

制御チャネルやら通話チャネルとか、Transparent Mode (TM), Unacknowledged Mode (UM) and Acknowledged Mode (AM)とかそんな感じのことだと思ってください

 

MACはトランスポートチャネルと論理チャネルのマッピングをして

RLCは伝送モードの管理

PDCPはIPデータのヘッダ圧縮および解凍や秘匿処理

 


NASとAS

そしてここからはCN部のNAS(Non Access Stratum)とRAN側のAS(Access Stratum)の話
ASというのは先ほど話であると、PHY/MAC/RLC/PDCP/RRCまでのデータのことでセッション情報は特に秘匿されていないので、WireSharkなどのネットワークアナライザーなどで見ると中身が見える部分
まー見えたところで無線チャネルが見えるだけで何も意味がないが
NAS部は、その上で流れる制御情報及びユーザデータ。この部分はKasmeという暗号アルゴリズムにおいて秘匿されており、中身を見ることができない。
LTEにおける認証方式についても書こうかと思ったが、それはまた別の機会に・・・
では

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
MCPC (モバイルシステム技術) WEBモバイル資格
この記事を書いた人
Taka

スマートホーム x IT x 子育て。大手SIer勤務→ITアーキテクトの経験から面白そうな情報を発信していきます。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったり、Pythonいじったりしています。日曜プログラマ&エンジニアさんへタメになる情報をお届けします。

\フォローする/
\この記事が役に立ったらシェアしよう/

オススメキャンペーン

学生なら入らないと損!
タダ同然で使い放題サービス多数のPrime Studentが無料で6ヶ月も見れる!
大学生・院生・専門学生・高専生なら誰でもOK!

Prime Studentなら本や日用品の購入が10%〜15%OFFになる特典や他にも通常のPrime特典が多数あるのに、通常のPrime金額の半額で全部利用できちゃう

お急ぎ便・時間指定使い放題、Prime Videoで映画やテレビ番組も見放題、Prime Musicで音楽も聴けちゃうし、動画・音楽・写真の保存などの特典が多数利用可能

今すぐチェックする
デジモノ
Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました