ahamo(アハモ)でドコモ光セット割がなくなるのなら、光回線はどこに乗り換える?オススメの光回線3選。

IT・通信
スポンサーリンク

ahamo(アハモ)の発表の中で、ドコモ光とのセット割が適用されないという話がありました。おそらくドコモユーザーのほとんどはドコモ光を契約しているんじゃなかと思うんですが、そのセット割が無くなったら、正直キャリアの縛りもなくなるし、もっと安い光回線を探すことができるんじゃないの?と思ったりしませんか?

少なくとも僕はそう思いましたんで、ちょっと考察がてら、どうすべきか考えてみたので、紹介してみたいと思います。

ドコモ光の料金は?

先ずはそもそも今の料金を確認してみましょう。

価格表

定額プラン月額料金(マンション)月額料金(戸建て)
1ギガ タイプA
対応プロバイダ
2年定期契約 4,000円/月
(契約期間なし:月額5,000円/月)
2年定期契約 5,200円/月
(契約期間なし:月額6,700円/月)
1ギガ タイプB
対応プロバイダ
2年定期契約 4,200円/月
(契約期間なし:月額5,200円/月)
2年定期契約 5,400円/月
(契約期間なし:月額6,900円/月)
1ギガ 単独タイプ2年定期契約 3,800円/月
(契約期間なし:月額4,800円/月)
2年定期契約 5,000円/月
(契約期間なし:月額6,500円/月)

金額は、マンションタイプでおおよそ4,000円前後、戸建てタイプでおおよそ5,000~5,400円弱になっていますね。定期契約をしない場合にはもう少し値段が上がることになりますが、おそらくほとんどの方は定期契約はされているんじゃなかと思います。

しかしモバイルの2年縛りが実質撤廃された中で、光回線の2年縛りが残っているのはなんででしょうかね。

2年契約縛りが残っている場合には解約料がかかる可能性も

ドコモ光で解約金として発生する可能性があるのは3つです。

ドコモ光の解約金戸建て:13,000円
マンション:8,000円
工事費の残債支払い0円〜18,000円
プロバイダの解約金約5,000円

定期契約をしているユーザーは、基本的に契約更新月の前後中に解約しない限りは解約金がかかる可能性があります。ドコモ光の場合、24ヶ月~26ヶ月中に解約しないと解約金が発生し、戸建てで13,000円、マンションで8,000円になります。

また開通工事費を一括で支払っていない場合には、残債の一括支払いなどが求められる可能性があります。例えばドコモ光の場合、工事費15,000円〜18,000円を分割払いとして契約した人は注意が必要です。

例えば18,000円を24回の分割払いにしている場合には、9ヶ月目で解約すると、残りの15ヶ月分(24-9)を解約時に一括で支払う必要が出てきます。(およそ11,250円)

さらには、ドコモ光で契約しているプロバイダの解約金も別途かかることになり、大体約5,000円程度かかることがありますが、詳しくは各プロバイダに問い合わせしてください。

光回線の選び方

光回線というとかなりたくさん乱立しているような状況で正直わかりづらいんですよね。ここで光回線の選び方のポイントを説明します。

基本料金はどこもほぼ同じ

契約する際の1番のポイントはやっぱり最安値であることですよね。

しかし正直今の価格競争の中で、値段はもうあまり変わらなくなっているのが現状です。あったとしても数十円レベルの差になっており、基本料金で各社を比較するのは難しくなっています。

基本料金はどこも大体戸建て5,000円前後、マンション4,000円前後になっています。そのため、比較すべきポイントは基本料金以外のポイントをみると良いです。

スマホとのセット割りを活用しよう

現在光回線の利用を検討するのであれば、確実に気にしておきたいのが、スマホ料金とのセット割です。

スマホ契約回線光回線割引内容
ドコモユーザードコモ光スマホ回線から一人当たり〜1,000円割引
ソフトバンクユーザーソフトバンク光
NURO 光
スマホ回線から一人当たり〜1,000円割引
auユーザーauひかり
ビックローブ光
So-net光
スマホ回線から一人当たり〜1,000円割引
楽天ユーザー楽天ひかり初年度1年間無料
その他格安SIMユーザービックローブ光
NURO 光
スマホ回線から一人当たり〜1,000円割引

各社ほぼ割引率を合わせているようなが現状ですが、それでもスマホのプランと合わせた方が圧倒的にお得なことは変わりません。

因みに割引されるのはあくまでもスマホの料金からの割引となり、光通信回線の方は値段が変わらないことに注意してください。

キャッシュバック特典を使ってトータルコストで検討しよう

そして光回線の新規契約・乗り換えで最後にチェックしたいポイントは、キャッシュバック特典になります。

基本料金96,000円
(4,000円 x 24ヶ月)
工事費18,000円
キャッシュバック特典△15,000円
2年間のトータルコスト99,000円

キャッシュバック特典とは契約時にある程度の現金でキャッシュバックされるという生々しくもとてもお得なサービスですね。このキャッシュバックというのは大抵条件がついていて、11ヶ月契約月以降に申請できるとか、最低利用月数が決まっていたりします。

それでも2年間としてのトータルで比較検討することで、一番お得なサービスを見つけることができますね。

因みにキャッシュバック特典で一番お得なのはNuro光もしくはSo-net光になります。

光回線キャッシュバック金額例
NURO 光現金43,000円など
So-net光他社の違約金還元と併せて
最大116,000円割引

オススメの光回線3選

それでは本題に入りますが、ahamo(アハモ)ではドコモ光のセット割がなくなることが判明しましたね。

そのため、ある意味でドコモの縛りが無くなった状態です。つまり他にも探してみれば最安値が見つけられるんじゃないのかというのが今回の記事の趣旨ですよね。

他社のキャリア系回線(au光/ソフトバンク光/楽天ひかり)でスマホセット割を適用させる

先ずは第一に検討したいのは、家族内でスマホ回線をまとめていないユーザーです。例えば夫がドコモで、妻がauみたいなケースです。

一時期スマホを家族でまとめるとお得なキャンペーンが各社から出ていたので、今はあまりいないのかも知れませんが、もし家族内で別のスマホ回線を持っている、もしくはこれを機に他社に乗り換えても良いというユーザーの場合は、他のキャリア回線を使ってスマホセット割を使用した状態で、他社の光回線を契約するのも良いと思います。

1年間限定と割り切ればRakuten UN-LIMIT V + 楽天ひかりが、初年度1年間無料なので、もちろん最安値!2年目以降も月額3,800円となっているので、今後の使用感次第だが、値段だけ見れば楽天がぶっちぎりに安い

Nuro光・So-net光で高額キャッシュバックをゲットして乗り換え

もしくは順当にキャッシュバック特典を使って、乗り換えるというのも良いと思います。

光回線キャッシュバック金額例スマホセット割
NURO 光現金43,000円などソフトバンクユーザーなら月額1,000円割引
So-net光他社の違約金還元と併せて
最大116,000円割引
auスマートバリュー適用で最大月額1,000円割引

特にNuro光であればソフトバンク、So-net光であればauというようなスマホセット割も適用できるので、前段で紹介したキャリアの乗り換えと併せて高額キャッシュバックをゲットするのも良いと思います。

So-net光のキャッシュバックは、他社の違約金還元(最大5万円)とキャッシュバック(30,000円)、工事費無料(24,000円)、auスマートバリュー割引を組み合わせたもの
他社よりも工事費を高くしているのは、工事費残債縛りをしているためなので、よくそこは理解した上で申し込もう

やっぱりドコモ光

そしてもちろんドコモ光を使い続けるという選択肢もあると思います。

正直アハモがデジタルネイティブ世代向けのプランとはいえ、一人暮らしユーザーももちろん自宅で光回線を使うわけで、そういった世代向けのドコモ光のプラン、割引なども出てくる可能性もありますよね。

こればかりは各社の今後の出方をみてみないとわかりませんが、ドコモが対抗プランとして今後新しい割引プランが出てくるかも知れません。

2021年3月に向けて各社から新しいプランが出てくると思われる
もう少し各社プランを見極めてからでも遅くはないかも

ahamoひかりは出てくるのか?

現時点ではなんの情報も出てきていません。

正直ahamoでこれ以上の割引はあり得ないことを考えるとなかなか難しいんじゃないかと思っています。出たとしても、どちらかという新しいサービスとセットで割り引くようなプランになるんじゃないでしょうか。

例えば、ドコモ本体でも現在実施しているAmazonプライムとのセットで、プライム会員1年間無料など。

Amazonプライム会員のおトクな特典を紹介!Amazonでの買い物が多いなら是非検討すべし
Amazonで普段買い物をしている人なら一度は検討したことがあると思うAmazonプライムについてのワタシの使い方について紹介してみたいと思います。Amazon Prime(プライム)自身は、実は最初は入っていなかったんですよね。...

まとめ

この記事のポイント
  • 乗り換えのポイントはスマホセット割・キャッシュバック特典
  • 直ぐにプランを乗り換えるのは早計かも
  • 2021年3月に向けて各社のプランを見極めよう

今回はahamo(アハモ)でのドコモ光セット割がなくなるので、その代替を検討してみました。

結果的には今すぐどうこうという話にはならないそうですが、いずれにしてもキャッシュバック特典はやっぱり凄いですよね。

一方でこれから各社の対抗プランも出てくるでしょうし、引き続き注視していきたいですね。

IT・通信 モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を書いた人

スマートホーム x IT x 子育て(2度の育休取得)。モバイルシステムエキスパート。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/

お得なプライム特典はこちら

タイトルとURLをコピーしました