ahamo(アハモ)にキャリアメールが使えないのはなんで?代わりに何を使えばいいの?

IT・通信
スポンサーリンク

docomo(ドコモ)から新料金プランahamoの発表の中で、キャリアメールが使えないということが判明しましたね。これはどういうことかというと、いわゆる○○○○@docomo.co.jpのようなキャリアメールが、ahamoでは使うことはできません。

このキャリアメールについて、ネットの反応を見ると既に賛否があるようですが、概ね値段が下がる方向になるのであれば、キャリアメールがないことも致し方なしという意見が多いようです。

ahamo(アハモ )とは何?

ahamo(アハモ)については以下の記事で詳しく解説していますので、こちらをご覧ください。

docomoの新料金プランahamo(アハモ)ってどうなの?家族割・ドコモ光割・キャリアメール等申し込み前に注意しておくポイント
NTTドコモより新料金プラン「ahamo(アハモ)」がついに発表されましたね。ついに大手キャリアの巨人であるNTTドコモが動いたかという感じがします。今回のプランの内容は「月2,980円で20GB、5分かけ放題」という驚異の安さが...

ahamo(アハモ )にキャリアメールがない理由(考察)

さて、ここで過去の情報やネットでの情報を元に僕なりにahamoにキャリアメールがない理由を考察してみたいと思います。

元々サブブランドにする予定だったから

先ずはこれが一番思い浮かぶと思います。

そもそもドコモではahamo(アハモ)発表前には、KDDI/ソフトバンクの戦略と同じくサブブランドでの値下げを実施することで総務省からの値下げ圧力を交わすつもりであることがニュースになっていましたから、おそらくドコモのサブブランドとしてahamoを立ち上げるつもりだったと考えられます。

その場合はおそらく○○○○@ahamo.co.jpなどのドメインになるんだったんでしょう。因みに完全にサブブランドを立ち上げる場合は、MVNO(仮想通信事業者)としての立ち位置になります。その場合は、HSS(ユーザー加入者情報サーバ)をドコモとは別にahamoとして立ち上げる必要があります。

これがドコモのユーザーであっても、MNP契約としてSIMを入れ替える必要があった理由です。(現在はSIM入れ替え不要になる予定です。)

それが直前になって、やはりドコモの料金プランとしての立ち位置になることが決まったために、1からahamoシステムを再設計の必要性が出てくるわけですね。

サブブランドから推測される理由
  • ahamo(アハモ)独自ドメインで準備はしていたが、結局使わなくなった
  • ドコモメールを使うためにシステムの再設計必要になった

総務省からの値下げオプション圧力によるもの

若者の中でキャリアメールが使用しているユーザーがほとんどいないのにも関わらず、余計なオプションを標準契約の中に入れ込むような商法がMNO各社の中に横行していましたね。

これは日本通信のPRでも書いてあったように、”breakage(ブレケッジ)”と呼ばれるものに近いです。いわゆる「必要以上のものを契約させることで未使用な部分が収益源」になることです。

こういった不要な物を外すことを選択する自由をユーザーには与えられるべきで、こういったものが総務省からの値下げをすべき理由としてあげられたのだと思います。

因みにメールアドレスを準備することは通信事業社としては、メールサーバ、加入者情報データベース、ドメイン管理サーバなどのコストがかかるものです。

今回ahamoとしては、使用頻度の低いこういったメールサーバ関連のコストを削ったのだと考えられます。

キャリアメールを別契約してドコモ以外のユーザーに開放するため

そして、もう1つの事実として、総務省からはキャリアメールが通信事業者を乗換えることに対してのハードルの1つになっている事実から、「キャリアメールの持ち運び」についてMNO各社に検討するように圧力がかかっています。

出典:総務省「スイッチング円滑化TF」資料

そのため、今後はキャリアメールがどうしても欲しい人は個別にMNOと契約する可能性が発生することが考えられます。

そうなった場合ではahamo(アハモ)でもキャリアメールを個別に○○○○@docomo.co.jpのアドレスを契約することができるようになるんじゃないかと想定されます。

そもそもキャリアメールが必要なのか?

キャリアメールに関しては、正直僕は一切使っていません。

契約してから今までログインすらしてなかったので、ちょっと前にドコモショップの人からドコモメールをみてくれとか言われて、「どうやって?」と思ってしまったほどです。

一昔前は、キャリアメール=信用できるメール、フリーアドレス=危険なメールとして認識されていたので、ちょっとしたWEBサービスに登録しようとすると必ずキャリアメールを指定させられたものです。

しかし今となっては、キャリアメールを使わなければならないサービスなんてものは、ほぼ0になりましたし、フリーアドレスを使うことが当たり前になってきました。

そのため、今キャリアメールを使う必要がある方は、昔からキャリアメールを仕事などで使用し続けているような人だけで、それ以外の方には無用のサービスになっているのが実情だと思います。

キャリアメールの代わりのメールアドレスのオススメは何?

ahamoでキャリアメールが使用できなくなってしまったので、今までキャリアメールを使っていたようなユーザーはどうすれば良いんでしょうか?

いくつか選択肢がありますが、それぞれメリット・デメリットをしていきます。

GoogleのGmail (便利度:高/信用度:低)

先ずはGoogleが発行しているGmailですね。

フリーアドレスと言いながら、セキュリティや他のGoogleサービスとの連携、さらには色々のサードパーティのアプリとの連携性の高さから、便利度はとても良いです。

一方本人確認などの必要が一切不要で、誰もどんな名前のメールアドレスを作ることができます。そのため、一般的に○○○○@gmail.com=誰か良くわからないメールアドレスとして見做されることが多いです。

企業の方で使っている場合にはペーパーカンパニー(実態のない会社)の可能性もあり、仕事で使うにはオススメできないメールアドレスになりますね。

但し個人で使う分にはGmailで十分でしょう。

ブロードバンド回線のメールアドレス(便利度:低/信用度:中)

次は自宅のブロードバンド回線で契約しているメールアドレスです。

おそらく自宅・会社のインターネットを契約する際にメールアドレスを一緒に契約したりもしくはオプションとしてメールアドレスがあったかと思います。

例えばぷららの場合は、〇〇〇〇@concerto.plala.or.jpのような感じです。こういったインターネットサービスプロバイダー(ISP)のドメインは本人確認済みのメールアドレスとして一般的に信用度は高いです。

但し一方で、メードサーバがPOP3しか対応していなかったりと、便利度は比較的に低いです。

また企業のメールアドレスがISPドメインのものを使うには、偽物とは思われないにしろ、あまり格好の良いものにはならないと思います。

独自ドメインのメールアドレス(便利度:高/信用度:高)

最後は特に仕事をする方にオススメの方法になります。

独自ドメイン、つまり○○○○@△△△△△.comというように△△△△も自由に変えることが可能です。(.com以外もOK)基本的には会社の名前になっていることがほとんどだと思います。

独自ドメインのメリットは、やはり信頼度の高さです。良くわからないドメインでメールが来るよりも、会社名のドメインのメールが来た方が何倍も安心できると思いませんか?

やり方は実はそんなに難しくなくて、実は中身はGmailにすることもできます。つまりGmailの便利さを保ちつつ、独自ドメインの信用度を併せ持つ、個人事業主(フリーランス)にもオススメのメールアドレスになりますね。

利用にはGoogle Workspace(旧G suite)の契約が必要になります。Google Workspaceは一番安いプランで月額680円の費用と、ドメインの年間契約費用(数円〜1,500円程度)が必要になりますので、個人事業主やお仕事で使用される場合にはこちらも良い選択肢かと思います。

独自ドメイン x Google Workspace x カラフルボックスの運用方法
ウェブサイトを立ち上げる際に必要となる独自ドメインですが、これを自分のメールアドレスドメインにも適用して、格好良いメールアドレスにしたいと思いませんか?普段G suiteのgmailを使っている方の場合は、独自ドメインを使用してg...

メールアドレス変更移行期間中はメール転送機能を使おう

最後にキャリアメールに固執しているわけではないけど、変更後に友人、取引先に全て連絡するのは無理と思っている人は、移行期間中はメール転送を使うようにしましょう。

但しこの方法もあくまでも一時的にメールを転送するだけなので、最終的にはメールアドレスを変更したことを通知する必要がありますね。

まとめ

この記事のまとめ
  • キャリアメールがない理由はサブブランド→ドコモ新料金プランが原因の可能性
  • 総務省から値下げ&キャリアメール持ち運び検討によるオプション化(将来)
  • キャリアメールを使う必要はもうない。フリーアドレスで十分。
  • 個人ならGmail、個人事業主ならGmail x 独自ドメインがオススメ
  • メールアドレス変更移行期間中はメール転送機能を使おう

今回はahamo(アハモ)で使えなくなってしまうキャリアメールについて、考察してみました。キャリアメールが使えなくなって困るという人に正直会ったことはないんですが、逆に昔からキャリアメールを個人用として使っている方は今更メールアドレスを変えるのが面倒というのがあるんでしょうね。

仕事の場合は仕方がないですが、個人の場合はメールアドレスの棚卸しとして一気にやってしまうことをオススメします。キャリアメールこそが今までMNOがユーザーを縛っていた鎖の1つになってしまっているんです。

ahamo(アハモ)は2020年3月からサービス開始の予定です。今から待ちきれないですね。

IT・通信 モバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

  1. 通りすがりの読者 より:

    若者がフリーメールを使用する事に慣れて、
    捨てメールとして使って様々な問題を引き起こしそうな予感。
    キャリアメールが無くなると困る人は、
    キャリアメールしか使えなかった昔から仕事で使っている人。
    玩具として遊んでる若者には分からない事。

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を書いた人

スマートホーム x IT x 子育て(2度の育休取得)。モバイルシステムエキスパート。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/

お得なプライム特典はこちら

タイトルとURLをコピーしました