Apple Watchを革ベルトにグレードアップ!付け替え方法と選び方

ライフハックなアレコレ
スポンサーリンク

先日Apple Watchを購入したんですが、やっぱり時計好きとしてはベルトは拘りたいところですよね。

Apple純正のゴムっぽいベルトも、あれはあれでアリなんですけどね。ちょっとした町歩きとか、カジュアルな感じの旅行とかであれば、むしろ純正のゴムベルトの方がいい時もあるかもしれない。

しかし、普段使いとなると基本は仕事用に着けて行きたい1本になるわけで、そうなるとやっぱり革ベルトに拘りたいなと。そういう人って結構いるんじゃないと思っているですが、どうでしょう?革ベルトってカジュアルな感じと、フォーマルな感じのちょうどいい感じのスタイルになると個人的には思っています。

今回は革ベルトにしたいんだけど、どうすればいいのか悩んでる方に読んで貰いたい記事です。

Apple Watchのベルトの変え方

バンドの変え方としては、まずはApple公式のやり方を確認しましょう。

Apple Watch のバンドを取り換える
バンドの取り外し手順をご説明します。

しかしこの場合だと、自分の持ってる革バンドにどうやって取り換えるんですか?と思いますよね?これって結局Apple純正の革バンド買うしかないのか?と思うかもしれないんですが、世間には以下のような製品も出ています。Apple watch用のアダプタってやつですね。

こういうアダプタだけのタイプの場合は、別途以下のような特殊なドライバーを調達する必要がありますので注意してください。

アダプタの裏側に特殊な星型のネジが付いているので、これを外せば自由に好きなバンドに取り換えることが出来ます。

純正? or 非純正?:Made for Apple製品なら安心

ベルトを自分好みに付け替えると言っても、バンドの金具部分はApple専用のものになるので、ベルトだけ買っても付きません。しかしネットで見ると結構純正品では無いものでも一応は使えるということが書いてあって、金具を専用のドライバで外せばどれでも好きなバンドを付けれるってことはわかりました。

しかしドライバーで外すっても先ずはバンドも調達しなきゃならんし、品質が悪いものだとすぐ外れちゃいそうだし、何か良いもの無いかなーと思って調べていたらやっぱりありました。Made for Apple製品

これはApple純正品では無いんですが、MFi認証と言ってAppleがサードパーティ向けにApple公認商品として認証を受けているパーツですよってものです。なので、野良で作っているものに比べれば品質も保証されていますので、そう言ったことも安心ですよね。

因みにこのMade for Appleの専用アダプタは、単体での販売はしていないようです。基本的には対応している専用ベルトとのセット販売のみになっているみたいです。

Apple Watch対応革バンドの選び方

簡単に手に入りそうなメーカーは2つ。

モレラート とカシス(Cassis)ですね。

両方とも比較的に手頃な価格で提供しているので、あとはどの革が良いかという好みになりますね。あとは本当に高級なバンドにしたいのであれば、カミーユ・フォルネなどと行ったバンドメーカーもオススメです。伊勢丹などの百貨店でもたまに見ますが、大体価格はこれぐらいします。

所詮は革なので、結局はどの革が良いかですよね。よく腕時計で使われる革は以下のような感じですね。

  • カーフ(牛革)
  • リザード(トカゲ)
  • オストリッチ(ダチョウ)
  • アリゲータ(ワニ)
  • クロコダイル(ワニ)

一般的に下に行けば行くほど、値段が上がります。一般的に高級時計と呼ばれる時計の革はほとんどクロコダイルです。アリゲータとクロコの違いは、模様の大きさですね。クロコの方が模様が大きく、見た目に良いと言われています。

一方でリザードはもっと模様が細かいものになっています。あとは完全に好みですね。ただ私はクロコの革を持ってますが、やっぱりクロコは良いですよ笑

あと革を選ぶ時に意外と見過ごしがちなのは、革の厚さ。いかにクロコとは言えども、ペラペッラの革はあまり格好良く見えません。個人的には4mm前後の厚みが合った方がApple Watchには良く似合うと思いますよ。

もちろん時計本体の厚さも関係ありますが、Apple Watchのような分厚いタイプの場合は、薄い革バンドはあまり合わないと思います。

モレラート のラバーカーフバンド

今回私が買ったものはこちらのバンドです。

ラバーカーフと言って、型押しした牛革に防水加工をしたバンドになります。アリゲーター革とかクロコダイル革の方が勿論よかったんですが、あれだと値段は倍々になっていくので、今回は日常ユースにも使いやすそうな、防水加工の牛革にしました。基本的にApple Watchで夏の日も、雨の日もガンガン使いたいですしね。そう言った意味も込めて今回はこのバンドにしました。

バンド裏は、防水処理がされており、夏の汗をよくかく日にでも、気にせずガンガンつけられそうです。

今回は革に合わせる為にあえて、シルバーのケースにしましたが、予想通りベルトの色とマッチして良い感じだと個人的には思っています。ケースが黒だと少し安っぽく見えてしまうんじゃないかなと思いまして。

あとはベルトの太さとかも検討のポイントですよね。今回のベルトは厚さ5mm(一番厚い部分で)のベルト何ですが、これがもし薄いベルトを使ってしまうと、比較的時計としては分厚いApple Watchと比べてペラペラな感じが出てしまうのが嫌だったので、その点も今回のベルトで気に入ってるところです。

但し良くなかった点としては、少し照りといいますか、高級時計であるような、艶が思ったよりもなかったなと。これは防水加工してるというせいもありますし、今回はカーフ型押しということもあるので、仕方がないですね。特に防水加工に関しては表面にも加工がされているようなので、これはどちらを重視するかだと思います。今回私はガンガン使いたかったので、これにしましたが、他のも良いのがありそうです。

【モレラート にはDバックルは付けられない】

一点このベルトで注意したいのが、革ベルトを使ったことがある人ならわかるかと思うんですが、こういう革って何度も使っていくとドンドンと革が痛んでしまうんですよね。

そのため良い革を使ったバンドを使う場合にはDバックルを使いたくなると思うんですが、残念ですが、このモレラート のラバーカーフにはDバックルは付けられません。

普通はDバックルをつける場合には尾錠を外して代わりにDバックルをつけると思うんですが、この製品は尾錠が外せないんですよね。

ただこの製品の場合は値段もそこまで高くないので、使い捨てで割り切った使い方をすれば良いと思いますよ。

AppleWatch専用のカミーユフォルネ

因みに高級時計バンドのカミーユフォルネもAppleWacth専用のバンドを出しています。流石のお値段にはなりますが、高級感はすばらしいですよね。カミーユフォルネは特にECサイトでの販売はしていないので、伊勢丹などの百貨店やもしくはカミーユフォルネのページにてオーダーメイドでの販売しています。

流石はカミーユフォルネ のかっこよさですね。個人的にはステンレスDバックルのベルトをつけるぐらいなら、フルレザーのDバックルをつけた方がめっちゃカッコいいと思ってます。

Apple WatchをDバックルにするには

Apple Watchを高級時計と同じようにDバックル対応にするには今回紹介したApple Watch用のバンドアダプタと工具、そしてラグ幅23mm (AppleWatch 38mm/40mmの場合)もしくは25mm(AppleWatch 42mm/44mmの場合)の革ベルト、そしてDバックルが必要になります。

Dバックルを選ぶ際には今度は尾錠側のサイズを測って、そのサイズに合ったバンドを購入する必要があります。

自分でバンドを外したことがない方は少し難しいかもしれませんが、工具さえあれば自分で簡単で出来ますので、チャレンジしてみてください。

革ベルトの選び方

先ずは革ベルトの方ですが、ラグ幅23mm (AppleWatch 38mm/40mmの場合)もしくは25mm(AppleWatch 42mm/44mmの場合)の革ベルトを用意してください。

以下は一例です。自分が好きな色素材のベルトを選んでみてください。その際にはラグ幅だけはしっかり確認してくださいね。

Dバックルの選び方

次にDバックルですが、選んだ革ベルトの尾錠側サイズを合わせて選んでください。例えばラグ幅25mm/尾錠幅18mmのベルトであれば、18mmサイズのDバックルを用意してください。

このサイズを間違えると折角買ったものがつかないという事態に陥りますので注意してください。

最後に

今回はMade for Appleの金具を使いましたが、こう言った認定品、純正品でなくても色んな選択肢があって良いと思います。まだ少しこう言ったベルトで遊んでいる人は少ないのかもしれないですが、今回のものであれば工具無しで付け替えるだけなので、是非自分好みにしちゃってください。

あと本当の高級革バンドを買った場合は、バンド自体も丁寧に扱い必要があるので、Dバックルなども一緒に使うとより効果的ですから、是非試して見てください。

ライフハックなアレコレ IT・通信
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

  1. HIROHITO TANI より:

    コメント失礼します。
    Made for Appleの金具、どちらで購入されましたか?
    ずっと探しているのですが、見つけることが出来ないものですから...

    • Taka より:

      HIROHITOさん

      コメントありがとうございます。
      記事にも追加しましたが、調べた感じではアダプタ単体では販売していないようですね。
      私の場合はモレラートベルトとセットで購入することで、Made for Appleのアダプタを入手しています。
      その後、ベルトがダメになったら交換して何かと付け替えれば良いかなという感じで割り切っています。

      • HIROHITO より:

        ご回答ありがとうございます。
        やっぱりそうなんですね。
        異常にAPPLEのガードが堅いようなので、とりあえずは汎用品を使うこととします。
        一応、捜索(?)は続けようとは思います。

スポンサーリンク
『小学生と親が楽しむ初めてのプログラミング』さくら舎・公式サイト
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を書いた人

モバイルシステムエキスパート。某大手IT企業でエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/