Apple Watch (アップルウォッチ)に延長保証「AppleCare+」はいらない

保険のこと
スポンサーリンク

本記事はApple Watch(アップルウォッチ)を購入した人向けに、AppleCare+がいるのか要らないのかを解説しています。

Taka
Taka

もちろんApple Watch Series 7もポチりましたよ!

結論から言ってしまえば、「AppleCare+は要りません」。

その理由とその他の代替手段を詳しく解説していきます。

AppleCare+でのサービス内容

AppleCare+で受けられる保証は大きくはこの2つです。

  1. Apple Watch本体の過失・事故に対する修理を年2回まで1回9,200円で受けられる
  2. バッテリー残量が80%未満になったら無料交換

これ以外にもAppleへの問い合わせの際に、優先的にサポートしてくれるなどの特典もありますが、正直あんまり使わないと思うので、大きなメリットとしてはこの2つだけです。

Apple Watch (アップルウォッチ)にAppleCare+が必要ない理由

それではなんでアップルウォッチにAppleCare+がいらないのかを解説してみます。

保証期間は2年間のみ

モデルAppleCare+料金(税込)
Apple Watch (アルミニウム)、
Apple Watch (ステンレススチール)、
Apple Watch Nike+
2 年間8,800 円

AppleCare+の値段は、モデルによっても多少違うんですが、一番安いタイプ(アルミニウム&GPSモデル)でも、加入費用として8000〜9000円がかかることになります。

本体価格が大体5万ちょっとですので、AppleCare+のコストは本体価格の約20%ということになりますね。

ただこれだけお金を払ったとしても、AppleCare+の保証期間はたったの2年間のみ。

多分Appleとしてはユーザーに2年間で新しいモデルを買い直して欲しいんでしょうね。

保証外で修理と比べてもそこまで安くない

以下の表は、アップルウォッチを保証外で修理した時の費用になります。

モデル保証対象外修理サービス料金
Apple Watch Series 7 (GPS) アルミニウム36,980 円
Apple Watch Nike Series 7 (GPS) アルミニウム36,980 円
Apple Watch Series 7 (GPS + Cellular) アルミニウム43,280 円
Apple Watch Nike Series 7 (GPS + Cellular) アルミニウム43,280 円
Apple Watch Series 7 (GPS + Cellular) ステンレススチール48,780 円
Apple Watch Hermès Series 7 (GPS + Cellular)48,780 円
Apple Watch Edition Series 7 (GPS + Cellular)61,080 円

そしてAppleCare+に加入していた時と、保証外で修理した時で比較したのが以下の表です。

AppleCare+修理保証外修理
AppleCare+ for
Apple Watch Series 7
8,800 円0 円
AppleCare+ サービス料9,200 円0 円
修理サービス料金0 円36,980 円
合計18,000 円36,980 円

結局はAppleCare+加入していても、毎回修理費用として9,200円が徴収されることになります。

もし2年間の間に1度しか破損するような事態が起きなかった場合、保証外の時と比べてお得なのは1.9万円程度になります。

これを安いとみるか、それともそもそも2年間で破損するリスクを考えても、高いとみるかになります。

バッテリー交換も80%未満にならなきゃ交換してくれない

もう一つのAppleCare+のメリットである無償バッテリー交換も、よくよく説明をみてみるとバッテリー残量が80%未満の時にしか無償交換しないと書いてあります。

AppleCare+の保証期間は2年間のみですから、2年間の間に80%未満にならないとダメなんです。

では2018年10月に買ってもう、2年以上使い続けている僕のApple Watch 4の状態をみてみましょう。

2年半近く使っていても、バッテリー容量は90%なので、AppleCare+の無償交換対象外です。

正直言って2年以内に80%未満になるようであれば、それは製品欠陥なんじゃないかと思ってしまうほどですよね。

製品の欠陥不備なら無料で1年間の限定保証がある

そしてそもそもアップルウォッチを購入した全ての人は、自動的にメーカーの1年間の無料補償が付帯しています。

以前僕もApple Pencilのキャップが壊れて修理したことがあったんですが、あれも保証は一切入ってなかったんですが、限定補償として全て無料で修理することができました。

保証対象はあくまでも、製品の欠陥や不備によるもののみですが、画面割れ以外で通常利用の状態でパーツが割れたや、欠けたなどは、強い衝撃が加わっていないのにも関わらず破損した場合は、限定補償となる可能性があります。

つまり、相当な過失を起こさなければ、1年間は限定補償で十分と言えるわけです。

AppleCare+以外の2つの保証手段

基本的にAppleCare+はコスパが悪いので、もし保険に加入するにしてもAppleCare+以外の保険がオススメです。

3台まとめて保証するならモバイル保険

一つ目は、モバイル保険になります。

いわゆる損保系の保険になるんですが、保証対象はスマホやタブレット、パソコンなどのモバイルデバイスに特化させた感じになっており、最大3台までまとめて保証して月700円という保証になっています。

Appleユーザーであれば、iPhone持って、iPadで仕事して、アップルウォッチで運動してなんて生活は普通にあり得るので、これら全てで月700円と思えば、AppleCare+よりはお得と言えます。

\ 3台まとめて月700円! /

携行品をまとめて保証するならセゾンカードの携行品保険

個人的に一番コスパがよくてオススメなのが、このセゾンカードの携行品保険になります。

SAISON CARD Digital(セゾンカードインターナショナル)

そもそも携行品保険ってなんなの?と思う人も多いと思いますが、「携行品=常に持ち歩く家財」を補償する保険になります。つまりアップルウォッチだけでなく、携行する全てのスマホやパソコン、さらには財布やバッグなどなど、全ての携行品がセゾンカードであれば月300円で保証できてしまいます

通常は携行品保険というものは、医療保険や個人賠償保険などと一緒に契約する、いわゆる付帯保険/特約保険の扱いが多いのですが、このセゾンカードのお買い物安心パックYは、なんと携行品保険だけを単体で契約することができます。

また携行品保険だけを見れば、正直セゾンカード以外にもたくさんあるんですが、そのほとんどがスマホや時計などのモバイルデバイスは補償対象外になっていることがほとんどなんです。

もし今そのほかの携行品保険に加入している人は約款を確認してみて、「保険金をお支払いしない機器例」を探してみてください。この中に時計やスマホなどが含まれているようであれば、アップルウォッチの修理は保険外になります。

セゾンカードデジタルならスマホアプリで最短5分でクレジットカードとスマホ保険が申し込めちゃう!

月額300円で、スマホを含むモバイルデバイス全てを携行品保険でカバーできるので、AppleCare+や損保系の保険と比較しても、コスパ最強のスマホ保険!!!

▶︎セゾンカードの携行品保険を詳しく解説!

\ナンバーレスカードで最短5分で発行!毎月先着10万人ABEMAプレミアム利用料3ヵ月無料!/

Apple Watch (アップルウォッチ)に保険が必要な人

こういったことからアップルウォッチには基本的にはAppleCare+はいらないと思っていますが、ではどんな人がアップルウォッチに保険をかけた方がいいのか?

アウトドア系のスポーツなどをやる人

まずはアップルウォッチが時計であることを考えると、基本的には四六時中ずっと腕に嵌めるわけです。

自転車や登山、その他アウトドア系のスポーツでもアップルウォッチは見た目にもオシャレで機能的にフィットしてくれるわけなんですが、その分やはり転倒時の破損のリスクは付き纏います。

なので、アウトドアでガンガンApple Watchを使いたいと思う人はAppleCare+や保険などの保証も検討すると良いと思います。

仕事でガッツリ使う人

その他、外出先での仕事で、ガッツリApple Watchを使用するような人は、それだけオフィスで仕事をしている人よりも破損のリスクが多いと言えます。

時計は基本的にはあまり壊れるようなものではないですが、それでも腕につけていると、知らぬ間に角にぶつけたり、石に引っ掻かれたりしてしまうものです。

こういった普段の使用の中で破損リスクが多い人も保険に入ることを検討するのも良いでしょう。

まとめ(あとがき)

今回はアップルウォッチでの延長保証AppleCare+がいらない理由を解説していきました。

基本的にはやっぱりAppleCare+って高いんですよね。AppleCare+のような保険が機能していたのは、もっと本体価格が安い時代だけで今のように1台数万円も端末価格がしてしまっている時代では、あまりコストメリットを感じなくなってしまいました。

そもそも壊さないことが一番大事ですが、どうしても何か保証はかけておきたいという人は、今回紹介した保険も良いかもしれません。

では、みなさんご参考あれ。

保険のことライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

シニアモバイルシステムコンサルタント。某大手日系SIerでエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました