Apple Watch (アップルウォッチ)での心電図アプリの測り方

ガジェットレビュー
スポンサーリンク

ついに1月27日にiOS 14.4およびWatchOS7.3が配信され、日本でもApple Watchでの心電図が測れるようになりました

今回は早速手持ちのApple Watch Series 4を使って、心電図を測ってみたので、使い方について解説してみたいと思います。

心電図アプリを使うための手順

  • STEP 1
    ヘルスケアアプリから「心電図」を有効化する

    先ずはiOS 14.4にソフトウェアアップデートされたiPhoneからヘルスケアアプリを開き、「概要」のタブの下の方にある以下のような画像があるので、ここから心電図アプリを設定・有効化しましょう。

    設定では、自分の誕生日を入れたり、持病の有無などを入力したりしますが、画面の案内通り進めていけば、特に詰まるところもなく進めて行けると思います。

  • STEP 2
    AppleWatchで「心電図」アプリを起動させて計測する

    AppleWatchのメニュー画面にいき、心電図アプリを起動しましょう。

    心電図アプリは以下のようなアイコンになっています。(ぱっと見、株価アプリと似ていますね。)

    計測の仕方は、AppleWatchを左腕につけた状態で、右手の指をデジタルクラウンに乗せた状態で、30秒間計測します。

    計測するときの注意点
    • 記録中は腕や膝の上に乗せて、動かないようにする
    • AppleWatchが手首にしっかり装着されていること
    • AppleWacthの裏面が正しく手首に接触していること
    • 手首やAppleWatch裏面に汚れがなく、濡れていないこと
    • コンセントなど電気機器から離れておくこと

    途中を指を離してしまうと、計測できないので注意しましょう。

  • STEP 3
    計測完了

    30秒間の計測が終われば、完了になります。検査結果は以下のように表示されます。

    因みに「洞調律」というのは、特に何も心臓に問題がない場合にはこうなるようです。

    結果はAppleWatchだけでなく、iOSのヘルスケアアプリからも確認することが可能です。

    また計測した結果に、現在感じている個別の症状などを追加することもできます。

    過去の検査記録に感じている症状を追加し、後から記録を振り返ることができたり、計測結果をPDFなどで印刷し、医師と結果を共有するような時に役立ちそうです。

心電図の計測結果をPDFで印刷する

計測した心電図の計測結果は、PDFファイルとしてダウンロードし、印刷することも可能です。

PDFファイルとして出力するには、iOSの「ヘルスケア」アプリから心電図(ECG)の計測結果を選択します。

出力できるPDFは以下のような感じになりました。

心臓に不安があるような方、普段から気になっているような方であれば、こういった計測結果を医師に診てもらい、その後の精密検査などに繋げていくような使い方が良いのかもしれませんね。

AppleWatch 心電図アプリで計測できること

AppleWatchの心電図アプリで計測できるのは、以下の4つの状態です。

  • 洞調律:心臓が正常なリズムを示している状態
  • 心房細動:不整脈になっている状態
  • 低心拍数または高心拍数の状態
  • 判定不能

但し、低心拍数(50拍/分より下)または高心拍数(120拍/分より上)の場合には、AppleWatchの心電図アプリでは、「判定不能」となります。

なので、実質的に心電図アプリで計測できるのは、「正常(洞調律)なのか」もしくは「不整脈(心房細動)なのか」です。

不整脈の場合は、直ちに何かが起こるわけではない症状ですが、そのまま放置していくと危険な症状には変わりないので、できる限り早めに医師の診断をうける必要があります。

もちろん高心拍数などは、運動をしていない普段の状態で、心拍が高いとそれはそれで問題ですので、しっかり検査しましょうね。

AppleWatch 心電図アプリでの注意点

AppleWatchの心電図アプリは、心臓の状態を簡易的に計測するものです。

そのため、心電図アプリだけで症状を判断するようなことができません。

以下にAppleWatchを使う前に知っておくべき4つのことがアプリ内に掲載されています。

  1. 心臓発作を見つけることはできない
  2. 血液凝固(血栓)や脳卒中を検知するようなことはできない
  3. その他、心臓関連の病気を検知することはできない
  4. 体調が良くないと感じる場合には、医師に相談する

要は、心電図アプリの結果を見て、自己判断するようなことはしないで、あくまでも目安の1つ、もしくは医師に普段の症状を相談するような時に、普段から状態を記録しておくような使い方になるのかと思います。

心電図アプリを使えるのはAppleWatch4以降

また今回発表された心電図アプリですが、使用できるようになったのは、AppleWatch4以降の機種になります。

AppleWatch SEおよび3/2/1は、そもそもハード的に電気式心拍センサーが搭載されていないため、心電図アプリは使用できません。

【シリーズ別対応センサー】Apple Watch SEで心電図アプリは使えない。
...

あとがき

今回は日本でも使えるようになったAppleWatchの心電図アプリを使ってみました。

使ってみた印象としては、意外としっかり心電図の結果が出るんだなと感じましたね。特に医師への相談のためのPDF印刷などは、あのまま見せても、十分なものになっているんじゃないかなと思います。

もちろん心電図アプリで問題ないからと言っても、実際に体調に不安がある場合には必ず医師の診断をうけるようにしないとだめですね。

但し、「おもちゃ」という観点で今回の心電図アプリを見れば、十分面白いものになっていると感じました。

では、皆さんもお試しあれ。

お得にAmazonでお買い物!

Amazonでお買い物するならAmazonギフト券を現金でチャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%のポイントがつきます。(クレジットカードは対象外)

詳しくはコチラ

ガジェットレビューモバイルIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

モバイルシステムエキスパート。某大手日系SIerでエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました