AppleHomekit: homebridge-hue v0.11.12へのアップデート

スポンサーリンク

久しぶりにラズパイのメンテナンスをした際に、homebridgeに使用しているプラグインにアップデートが出ているようだったので、アップデート手順を纏めておきます。基本的にはインストール手順もほとんど同じなので、これから homebridgeにphillips hueのプラグインをインストールしたい方は参考できると思います。

スポンサーリンク

構成

現時点(2019/2/1)での最新SW構成になります。今回プラグインをアップデートしようとしてわかったんですが、プラグインだけをアップデートしようとすると、エラーになりましたので、今回の記事で下記構成であれば、動作確認できています。

  • node v10.15.0
  • npm 6.7.0
  • homebridge v0.4.46
  • homebridge-hue v0.11.12

また今回のアップデート手順は以下のインストールがされていることを前提にしています。アップデートの全体の構成としては、nvmというnode.jsツールを使うので、新しいnode versionの上にhomebridgeやプラグインなどを最インストールする感じなので、nodeだけ新しくインストールしてしまえば、基本的にはアップデートではなく初回インストールと手順はほぼ同じです。

因みに実行前に念の為~/.homebridge/config.jsonのバックアップを取っておくことをお勧めします

node と npmのアップデート

早速インストールをして行きます。今回nodeはv10.15.0を使用しています。というのも、homebridge v0.4.46では、v10.15.0が推奨版らしく、それ以外のものを使うと(例えばLTS版のv10..15.1)、homebridge起動時にWARNINGが出たので、今回は推奨版のv10.15.0を使っています。

スポンサーリンク

homebridgeのインストール

nodeが準備できたら、次はhomebridgeをインストールします。これは特にversionを指定せずにインストールしていますので、これを参考にした場合にはまたversionが変わっているかもしれません。

homebridge-hueのインストール

homebridge-hueのインストールも以下のコマンドを実行するだけです。

スポンサーリンク

config.json

config.jsonについては基本的には上書きされていないと思いますので、何も操作することはありません。前回のデータがそのまま残っているはずです

以下は参考までにhomebridge-hueのプラグインのワタシのサンプルです。

起動確認

これで全てのアップデートは完了になります。あとはいつも通り以下のコマンドで起動確認しておしまいです。

homebridgeのサービス化については以下の記事を参考してみてください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です