ApplePay(コンタクトレス決済)の時代がついに来るのかも?使い勝手や日本での対応状況のまとめ

スポンサーリンク

コンタクトレス決済って知っていますか?日本語にそのまま直せば非接触決済ってこと何ですが、これが何なのかというと、日本では最も普及しているsuicaなどに代表される交通系などの電子マネーですね。

最近はYahooのPaypayといったQRコード決済系の電子マネーも流行っていますが、まだまだ電子マネーと言えば、suica、waon、IDなどというのが主流なのかなと個人的には思っています。

さて、これらの日本の電子マネーって日本しか使えないっていうのは結構当たり前の話ですよね?でも実は海外の電子マネーってそうじゃないものがあるんですよ。それが今回の話であるコンタクトレス決済の話です。

スポンサーリンク

コンタクトレス決済とNFC

そもそも非接触カードとは、NFCという微弱な電波を出すコイルを含むチップにより、実現しているものなんですが、NFCには現在3種類のタイプがあります。

・NFC type A
・NFC type B
・NFC type F (Felica)

因みにそもそもNFCのタイプは規格当初は2種類だけだったんですが、日本のJRとSonyの猛烈なプッシュにより、新しくtype Fという規格を作り上げたわけです。結果、他の国では殆ど採用されず、新たなガラパゴス規格として日本に蔓延ってしまったんですが。

話を戻しますが、一般的に海外で非接触カードというとtype Aとtype Bが主流になっています。今回コンタクトレスカードに搭載されているチップに関してもこのどちらかが搭載されています。

ここで少し日本における普及の難しさはこのチップの違いになります。日本ではFelicaの圧倒的な普及により、日本のレジでは色んなところでFelica決済が出来るようになりましたが、逆にコンタクトレスカードになると、レジでの読取機器を入れ替える必要が出て来る訳です。

日本の店舗でのNFCリーダーでは実はNFC type Fだけでなく、A/Bも読み取りができることのコメントを頂きました。つまりは、結局は認知度という面が普及の足枷になってしまっているんですね。個人的にはQR決済などよりも店舗支払いという面では便利だと思っているので、もう少し気軽に使えるような店舗が増えて欲しいですね。

コンタクトレス決済と電子マネーの違い

Suicaに代表される電子マネーですが、仕組みとしては基本的にはプリペイド式になります。その為、予めいくらかチャージしておいて、少なくなってきたらその都度チャージし直す形になります。但し、最近はクレジットカードでの自動チャージ機能も出てきており、プリペイドと言うよりもクレジットカードのような使い方になってきましたが、仕組みとしては変わりません。

今までの電子マネーの特徴は、インターネットに接続しない状態であっても使えるということでした。当初の電子マネー普及時にはスマートフォンを今のようなものではなかったし、速度も遅かったので、タッチアンドゴーの速度を実現するためには、カード内のチップに残高情報を常に入れてオフラインでの決済が出来る必要がありました。

対して、コンタクトレスカードは所謂アカウントベースのオンライン決済になります。通常のクレジットカードを使用するのと同じように、カードをタッチすると決済記録だけがクラウドに飛び、あとはクレジットカード会社から後日決済される仕組みです。

ユーザーにとって、一番の大きな違いは、電子マネーに換金する必要がなくなるという点だと思います。一度電子マネーに換金すると、その後もう一度現金に戻すことが出来なくなったり、お店によって使える電子マネーの違いにより、常に複数の電子マネーを持つ手間がありましたが、コンタクトレスカードは単なる手軽なクレジットカードですから、加盟店における違いはあれど、基本的にはどの店でもどの国でも使えるということになります。

スポンサーリンク

QR決済とコンタクトレス決済

最近Paypay祭りだの、QRコード決済が流行りの兆しが出ていますね。QR決済は、電子マネーとクレジットカードの中間のようなサービスですね。アカウントにお金を換金することも出来るし、直接クレジットカードで決済することも出来る。

このQRコードで誰が一番楽かと言えば、お店側だと思います。NFCの場合、どのタイプであっても必ずNFCリーダーが必要になるので、レジ毎に新たな機器を設置する必要があります。

しかしQRコード決済の場合は、お店は単純にお店のアカウントをQRコードで表示しておくだけで済みます。この手軽さが受けて、特に昨今流行りの個人でのシェアリング事業や、C2Cの個人間売買で良く用いられているわけですね。

ApplePay = コンタクトレス?

結論から、そうです。その通りです。日本ではsuicaが使えて便利ぐらいしか認知されていないのですが、正にお財布ケータイの海外版であるApplePayこそがコンタクトレス決済になります。

そのため、対応のクレジットカードを自分が今使っているスマートフォンのApplePayなどに登録すれば、実は今からでも直ぐにコンタクトレス決済が出来る環境が皆あるんですよ。

スポンサーリンク

ApplePayでのクレジットカード登録方法


どこで使えるの?

そんなクレジットカードの良いとこ取りのようなコンタクトレス決済ですが、日本では、残念ながらまだまだ普及(認知)されていません。因みに日本でのコンタクトレス決済の名称は、NFCPayというそうです。正直まだまだ知名度が無さすぎて、ほとんど通じないんですが。更にカード会社によっても名称が違うということもあり、更に混沌してしまっている実態がありますよね。(Mastercardコンタクトレス、Visa payWave、JCB Contactless、American Express Contactless)

コンタクトレス決済加盟店の場合、以下のような表示が店頭もしくはレジに置かれているはずです。

2018年12月時点でのコンタクトレス決済対応の有名どころのお店は以下のような感じです。

・マクドナルド (http://www.mcdonalds.co.jp/company/news/2018/0308a/)
・IKEA
・ローソン
・イオングループ (https://www.visa.co.jp/about-visa/newsroom/press-releases/nr-jp-180416.html)

ですが、Visaカード+ApplePayに限って言えば、何とNTTドコモの発行するiD加盟店でも支払いが可能とのことです。iDの使えるお店→https://id-credit.com/search/

なので、Visaに限れば、日本でもほとんどどこのお店でもコンタクトレス決済が出来ちゃうし、更には海外でも同じスマホでコンタクトレス決済が出来ているわけなんですよね。Apple Payの普及の鍵はもしかするとiDなど既に普及済みの決済方法との連携にあるかもしれませんね。例えばQR決済のPaypayでは中国で有名なWeChat(ウィーチャット)との相互連携などもしているそうですし、Apple PayもiDのマークで使えることをもっとアピールするべきかと思いました。

いまならコンビニで半額!!キャンペーン ~2019年1月31日(木)

なんとPaypay祭りならぬ、ApplePay祭りも実は始まっていたようです。2018年10月1日(月)~2019年1月31日(木)の期間中、Apple PayのiDを新規設定のうえ、エントリーされた先着10万名、対象のコンビニでの利用分を半額キャッシュバック(上限は5,000円)!但し、過去にApple PayのiDを設定されたカードは本キャンペーンの対象とならないそうなので、気をつけてください。

Paypay祭りと比べると随分小規模ではありますが、この機会にApplePayを試してみても面白いかなと思います。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. まさ より:

    NFC Type-C?Type-Fではなくて?
    USB Type-C規格と勘違いしてます?

  2. ビッシー より:

    “日本における普及の難しさはこのチップの違い”
    当初は私も、普及の壁はこれだと思っていたのですが、各社の読み取り機の仕様をよくよく眺めると意外にもおよそFelicaマークしか付いていない旧製品でもほとんどの機種でNFC type Aなど読めることが分かったのです。
    結局はハードウェア面ではなく、認知度と契約の取り扱い会社の少なさが原因のような気がします。

    • TK より:

      ビッシーさん

      コメントありがとうございます。
      そうなんですね。既にチップ読取りが出来るんですね。そうなると、やはり何でNFC決済が全然流行らず、QR決済ばかり取り扱われるんでしょうかね。
      お店側の手数料なども関係あるような気がしてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です