アップルウォッチ7レビュー:画面サイズが広がり、見やすく&操作しやすくなった。

ガジェットレビュー
スポンサーリンク

AppleWatch (アップルウォッチ) 7を買ってしまいました。

やはり物欲は抑えられなかったですね。今までアップルウォッチ4を持っていたのですが、今回のハードウェアの進化もとても良かったですね。

個人的に推しの機能は、「スリムベゼルレス画面」「Always-ON」です。

Always-ONはアップルウォッチ5から追加された機能ではありますが、もし私とようにアップルウォッチ4以前のデバイスを持っている人にはオススメの機能ですよ。

それでは早速アップルウォッチ7についてレビューしていきたいと思います。

AppleWatch(アップルウォッチ)7の開封と外観

それでは早速、開封していきましょう。

いつもながらアップル製品は、外装から美しいなといつも感心してしまいます。

今回購入したものは、45mmミッドナイトアルミニウムケースとミッドナイトスポーツバンド – レギュラーになります。

本体の箱の中身になります。

因みに付属品はUSB-Cケーブルのみで、USBアダプタはついてこないので、別途USBアダプタを購入するか、手持ちのUSBタイプCアダプタを使う必要があります。

正直まだ我が家のUSBアダプタも完全タイプCに移行できていないので、付属されていないと若干不便だったりもします。

因みに今回は以前買ったAnker PD6電源タップに挿して使います。

Anker PowerPort Strip PD 6レビュー。テレワーク環境にこそ欲しい電源タップ。
...

重量は実測で、38.9gでした。

※因みにアップルウォッチS4は36gだったので、若干重くなった模様。

早速新しいアップルウォッチ7と一緒にお出かけします。

ベルトは以前から使っていた革ベルトに変えました。スポーツバンドは運動するときにつける用にして、普段の仕事の時は革ベルトで使うのが、個人的なオススメです。

Apple Watchを革ベルトにグレードアップ!付け替え方法と選び方
...

アップルウォッチ4と画面サイズを比較してみる

昔のアップルウォッチの画面からすると、アップルウォッチ 7は圧倒的な画面サイズになりました。

正直アップルウォッチ4以降の画面サイズでも満足していたとも言えるのですが、今回アップルウォッチ 7のスリムベゼルっぷりを見ると、やはり惚れます。

これだけでも個人的にはアップルウォッチ7を買う価値があると思っています。

因みに以前のモデルは44mmのサイズで、今回は1mm大きくなったように感じますが、実際にはサイズは、ほぼそのままに画面可視サイズが増大しているような感じです。

左:S7、右:S4

画面サイズが大きくなって何が便利かというと、操作性が前よりも2割増しぐらいの感覚です。

単なる見やすいというだけでなく、パスコードを入力したり、アプリを選択したり、文字入力するときも操作性が以前のモデルと比べて全く違います。

USB Type-Cで充電時間はさらに短く

アップルウォッチ 7では磁気高速充電USB‑Cケーブルを使うようになりました。

大きな違いは要はUSB-Cになったことで、大容量の電流をケーブルに流すことができるようになったため、充電時間が以前のシリーズよりも大幅に短くなりました。

7SE3
最大バッテリー駆動時間18時間18時間18時間
80%までの充電時間約45分約1.5時間約1.5時間
100%までの充電時間約75分約2.5時間約2時間
USBアダプタ出力20W5W5W

昔のモデルよりも機能が増えているので、消費電力が多くなるのにも関わらず、充電時間が今までよりもおよそ半分になるのは、出掛けに充電充電し忘れた時などに活躍してくれますね。

前面クリスタルガラスが強化されたタフネスウォッチに

またApple Watch 7の進化の中で嬉しいポイントが、前面ガラスの耐久性がさらに増したことです。

街中でアップルウォッチを見かける時に、意外と多いのがアップルウォッチに耐久ケースをつけて使っている人です。

もちろん綺麗に大切に使いたいということは理解するのですが、せっかくのスマートさが失われているような気がするのは僕だけでしょうか?

とはいえ、普段に使用していると何処かにぶつけたり、転んだりしてしまう可能性はあるので、傷はつくわけで、そういう時はちょっと悲しい気になったりするわけで。

なので、カバーも何もつけずに単純に画面の耐久性が強くなってくれるのは嬉しいポイントです。

因みにアップルウォッチ7の耐久性は、過去最高に強く最も厚い部分でアップルウォッチ 6の2倍以上、IP6Xの防塵性とWR50の耐水性です。

WR50とは?」

WaterResistanceRating.wr50という意味で、ISO規格における水深50Mの耐水性を持っているということになります。ただし、本当に水深50Mでの使用はAppleでも推奨させていません。

公式ページでもスキューバダイビング、水上スキーなどの高い水圧での使用はしないように書かれています。

あくまでもシャワーや、お風呂の中、プール、浅瀬で泳ぐ時などに使える程度の耐水性になります。

因みにアップルウォッチ購入時にAppleCareを付けるべきかについては、こちらで詳しく解説しています。

Apple Watch (アップルウォッチ)に延長保証「AppleCare+」はいらない
...

アップルウォッチ を安く買う方法

アップルウォッチは結構良いお値段はします。

単純にウェアラブルウォッチが欲しいのあれば、他のデバイスを選ぶこともできるとは思いますが、やはりアップル製品でまとめている人であれば、絶対機器間の連携の気持ち良さを含めてもアップルウォッチの方が使いやすいと思います。

アップルウォッチを安く買う手段は以下の2つ。

アップルウォッチを安く買う方法
  • 整備済み製品を狙う
  • Amazonセールで型落ちを狙う

整備済みに関しては、正直アップルウォッチはほとんど出ていません。出たとしても即売り切れになると思いますので、欲しい人は小まめにチェックすることをお勧めします。

→ アップル認定整備済み製品

個人的な狙い目はやはりAmazonセールになります。

Amazonセールは数ヶ月おきに実施されていますが、特に年末のブラックフライデーなどではアップルウォッチ を含めたApple製品の割引が行われます。

そもそもApple製品はほとんど値引きがされないことで有名なので、型落ちでも良いからアップルウォッチが出来るだけ安い欲しいという人は、是非チェックしてみてください。

\Amazonブラックフライデー!/
Amazonで探す
\超PayPay祭!最大38.5%相当還元/
Yahooショッピングで探す

まとめ

今回はアップルウォッチ 7について、レビューしてみました。

アップルウォッチ7の魅力はなんといっても、その画面サイズの大きさですね。アップルウォッチ6と機能的にはあまり変わらないので、耐久性に拘らない(ケースを使う)のであれば、買い替えの気持ちが起きないかもしれませんが、画面サイズだけでも買う価値があるものかと思います。

皆さんもぜひ参考にしてみてください。

お得にAmazonでお買い物!

Amazonでお買い物するならAmazonギフト券を現金でチャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%のポイントがつきます。(クレジットカードは対象外)

詳しくはコチラ

ガジェットレビューモバイルIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

シニアモバイルシステムコンサルタント。某大手日系SIerでエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました