auの新料金プラン「povo(ポヴォ)」データ20GBで2,480円!家族割・スマートバリューは適用されない。

モバイルIT
スポンサーリンク

KDDI(au)から、2021年1月13日、オンライン専用の新料金「povo(ポヴォ)」 が発表され、3月から提供されることがわかりました。

新料金プランの内容は、データ20GBで2,480円という大手3社の中では最も安いプランを出してきました。

この記事はそんなpovo(ポヴォ)について、解説していきたいと思います。

新製品スマート電球とNFCタグ専用20%OFFクーポン

Amazonクーポンコード:【AJZM3P3W】
割引率:20% OFF
有効期限:2021/10/19 ~ 2021/10/28
対象商品:SwitchBotスマート電球 、SwitchBot NFCタグ

Amazonクーポンコードの利用方法

povo(ポヴォ)の意味は?

povoの意味は英語のPoint Of View(新たな視点)とラテン語のad ovo(誕生と成長)を組み合わせた言葉が由来と意味になっています。

povo(ポヴォ)のトッピング料金プランの2つの特徴

povoの新料金プランのポイントは、「トッピング」です。

つまり欲しいものだけ自由に選択して契約できるという、従来のガチガチセットプランから大幅に改良されました。

+500円で5分かけ放題オプション追加

1つ目のポイントは、今回のpovo(ポヴォ)はかけ放題オプションは入っていません。

通常プランのままだと、音声電話については従量課金(20秒30円)となります。

音声の5分かけ放題プランが欲しいという人は別途500円を追加して、合計2,980円というプランにすることも可能です。

つまり一見povo(ポヴォ)が大手3社のなかで最安値に見えましたが、実は条件を合わせれば一緒の値段になるわけです。

しかしほとんど電話なんかしないという人に対しては、自分で選べるかけ放題オプションというのは良いポイントかと思います。

因みに時間制限のない通話かけ放題も1,500円/月で別途追加可能です。

+200円でデータ使い放題 24時間、テザリングも可能

もう1つのポイントは、+200円払うことで24時間のデータ使い放題になるオプションが提供されます。

例えば今日は外出先で急に時間ができて、ビデオ配信(VOD)で映画でも見ちゃおうかななんていう時は+200円を払ってしまえば映画館に行くよりも安くなってしまうわけですね。

その他に新型コロナなどで急に入院することになって、入院中の時間潰しとして、スマホで遊んだり、テレビ電話をしたりする時にもこの+200円だけで使い放題になるのは、とても便利になりそうです。

またこのデータ使い放題24時間は、テザリングも可能になっているので、仕事や出張などで使う場合にも活躍してくれそうです。

povoとahamoとの比較

大手3キャリアの価格がついに出揃いましたね。以下でプランを比較してました。

項目au
povo(ポヴォ)
ahamo(アハモ)Softbank on LINE
料金2,480円〜2,700円2,980円
データ通信量月20GB月20GB月20GB
通信エリア
カバー率
◎(99%以上)◎(99%以上)◎(99%以上)
データ超過時の
通信速度
1Mbps1Mbps1Mbps
通話かけ放題+500円
(5分かけ放題オプション)
1回5分以内1回5分以内
5G通信対応対応
(2021年夏頃から)
対応対応
3G通信対応不明無し無し
事務手数料0円0円0円
海外利用不明海外82の国で20GB範囲内で利用可能不明
キャリア
メール
無し無し無し
eSIM対応未定
申し込みオンラインオンラインオンライン
その他LINE通信無料

海外での利用はできない

今回の発表では特に言及がされなかったのですが、povo(ポヴォ)ではおそらくahamoと違って海外利用はできません。

ahamoではデータ20GBが海外の82か国で共有できるというサービスを提供していましたが、povo(ポヴォ)ではそういったものはないと思われます。

LINEなどの無料付加オプションはなし

ソフトバンクオンラインでは、LINE通信が無料というサービスになっていましたが、あれはLINEモバイルを前身にしているが故のサービスなので、もちろんpovo(ポヴォ)ではそういったものはありません。

povo(ポヴォ)ではキャリアメールは使えない

いわゆる○○○○@au.comのようなキャリアメールが、povo(ポヴォ)では使うことはできません。

そのため代わりのメールアドレスを各自で準備する必要があります。一番簡単な方法はgmailなどのフリーメールアドレスを作成してしまうことですね。

実際キャリアメールが使えなくなったとして、ほとんどの人は不自由を感じることはないと思います。実際僕も契約してからログインすらしたことないぐらいです。

povo(ポヴォ)でキャリアメールを使う方法はないの?代わりに何を使えばいいの?
...

povo(ポヴォ)では家族割・スマートバリューは適用されない

povo(ポヴォ)は単身者向けのシンプルなプランになっているので、固定回線とのセット割「auスマートバリュー」や、家族割の「家族割プラス」などは適用されません。

そのため現在「auスマートバリュー」で月額1000円の割引が入っている人も、povo(ポヴォ)にプラン変更した場合には割引が効かなくなってしまいます。

povo(ポヴォ)ではスマホ補償はどうなる?

povo(ポヴォ)では端末のセット販売はしないことになっていますが、povo(ポヴォ)はauスマートパス・auスマートパスプレミアムに対応することがわかっています。

auスマートパス自体は新規加入は2020年10月1日をもって終了していますが、既に加入済みの人であればpovo移行後でも修理代金サポートを受けることが可能です。

またauスマートパスプレミアムに関しては、auユーザー以外でも加入できるのものになっているので、修理代金サポートはpovoでも問題なく加入/継続できます。

但し、iPhoneのような端末であればAppleCare+を直接Appleから購入できますし、その他にも個別に契約できるスマホ保険もあるので、そちらを検討した方がトータルで安くなるんじゃないかと思います。

iPhone13に使えるスマホ保険を徹底解説!モバイル保険やMysuranceの評判と口コミは?
...
セゾンカードの携行品保険ならスマホもパソコンも保証!月300円のお買い物安心プラン[Y]がコスパ最強!
...

povo(ポヴォ)はいつから?

povo(ポヴォ)のサービス開始は2021年の3月になっています。

つまり大手3社のユーザーが3月に一斉にプラン変更になるわけですね。

Taka
Taka

さて、あなたはどこにする?

まとめ:

povo(ポヴォ)の料金プランのポイント
  • 5分かけ放題を外せば最安値の2,480円!
  • データ使い放題24時間 200円は意外と便利
  • キャリアメールは使えない
  • 家族割は適用されない
  • auスマートバリューの割引は対象外に

今回はauの新料金プラン「povo(ポヴォ)」について解説していきました。

これでついに大手3社のプランが出揃いましたね。

そしてきっちりと3社の特徴がでたプランとなったので、自分にあったプランを選んでいきたいところです。

個人的なプランを選ぶポイントはこんな感じになるのではないかとおもっています。

大手3社のプランの特徴
  • 海外82か国で利用可能なahamo(アハモ)
  • LINE通信無料のソフトバンクオンライン
  • データ定額24時間200円のpovo(ポヴォ)

おそらくahamo(アハモ)は、大手3社のプラン内容を見て、今後多少の微調整が入って、eSIM対応や、5分かけ放題のオプション化にもなると思いますので、特徴としてはこんな感じになると思います。

では、皆さん大いにどのプランにするか一緒に悩みましょう。

君にピッタリの自由へ、一緒に。新料金プラン「povo」誕生|au
やりたいことをトッピングできる新料金プラン「povo」誕生
モバイルITモバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

シニアモバイルシステムコンサルタント。某大手日系SIerでエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました