近未来感漂うネコトイレロボット:全自動でトイレ清掃

スポンサーリンク




ネコを飼っているときに悩ましいものの一つがトイレ問題ですよね。汚れているとトイレでしてくれなかったり、そもそもうんちが部屋にあるとやっぱり匂うし、小さな子供がいる家だとネコトイレで砂遊び…なんて恐怖なことに遭遇する可能性もありますよね。

やはりネコは犬と違って手がかからないので、最近の一人暮らしの家や、夫婦共働きの家庭でも人気のペットではありますが、こういったネコの匂いや世話がやっぱり嫌って人も結構いますよね。

そんな面倒なネコのトイレ問題ですが、ちょっと調べてみると「ネコトイレロボット」なるものを見つけたので紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

Litter-Robot Cat Robot Open Air(キャットロボットオープンエア)

見た目はなんか宇宙船みたいな感じですね。正直これが家の中にあると異物感がすごいんじゃないかと思うんですが、ネコは基本的に狭くて暗いところが本能として好きなので、ネコが怖がって入らないという心配はなさそうです。

それどころかネコがトイレを済ますと固まったネコ砂を宇宙船下部の消臭トレイに落として、清掃してしまいます。仕組みとしてはネコがトイレに入るとその重さでセンサーがONとなります。その後ネコがトイレから出た7分後に、ドームが回転し始めて固まったネコ砂を下に落としていきます。

消臭トレイには適当なビニール袋などをかけておくだけで、特によくこういった製品でありがちな専用の消耗品を買わなければならないということもありません。排泄容器が満タンになったらトレイを開けて、ごみ箱に捨ててしまえばそれで終了です。

因みに排泄容器が満タンになると、ランプ本体外のランプが点灯します。消臭効果のあるネコ砂を使うことでさらに匂いを消すことができますね。

あとは日々のお手入れですが、中のドームカバーについては外して丸洗いすることができますので、定期的にカバーを外して洗うことができますね。但し後述しますが、カバーを外すときには電源をOFFにした状態でするようにしてください。電源を入れたままカバーを外すと、基盤がひっかかって思わぬ故障を生む可能性もあります。

詳細仕様

本体サイズ 74.2cm 高さ x 62.23cm 幅 x 68.58cm 奥行
入口の寸法 38.6cm 高さ x 27.12cm 幅
カラー展開ビスク(ホワイト)
許容するネコの体重 2.27 Kg~ 15.9 Kg

購入前の注意点

2.3Kg未満の子猫には使えない

前述の通りネコが入ったかどうかのセンサーは中に入ったネコの重さで判別しているので、2.3kg未満の子猫ですとセンサーが反応しないでドームが回転せずに、トイレを清掃してくれません。

固まらない砂は使用できない

ネコ砂であれば基本的に固まるタイプのものを使っているところがほとんどだとは思いますが、仕様上固まった砂を下に落とすので、そもそも固まらない砂は使用できません。また、重量が軽い紙や木製の砂も利用出来ませんのでご注意ください。

基盤をひっかけて壊れやすい

あとは少し注意したいのが、ドームカバーを開けるときにプラスティックの爪が中がひっかかって、その拍子に基盤が壊れてしまうということがたまに発生するそうです。

一応本体の保証が1年間込みになっているので、その期間内であれば問題ないですが、その後に壊れてしまうと結構な痛手です。メーカーのそのことを知っているのかどうかは知りませんが公式のページで基盤の販売と修理手順まで公開している確信犯っぷり。

基盤が壊れる主な原因は電源ONのままドームカバーを外すと焦げるようなので、ドームカバーを外すときには必ず電源をOFFにするようにしておきましょう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク