簡単4つのSTEPでBIGLOBEに乗り換える(MNP)方法

モバイルIT
スポンサーリンク

この記事ではビッグローブへの乗り換え(MNP)方法を紹介していきたいと思います。

乗り換えというと難しそうに感じてしまうかもしれませんが、やってみればあっという間の作業になります。これで 月5000円が安くなると思えば、大した手間は掛かりませんのでサクッとやってしまいましょう。

BIGLOBEの乗り換え手順は以下の通り、準備から各種設定まで4つのSTEPで終わります。

では一つずつ説明していきます。

STEP 1 事前準備

先ずは申し込みに当たって事前に必要なものが二つあります。

  • MNP予約番号(有効期限が12日以上残っているもの)
  • 本人確認書類

ドコモ、au/沖縄セルラー、ソフトバンク/ワイモバイル各社の「MNP予約番号」の取得方法はこちらからご確認できます。 他社からの乗り換え(MNP)について

本人確認書類に関しては、運転免許証もしくは健康保険証+補助書類(公共料金領収書or住民票など)を申し込み時に画像をアップロードする形になります。画像はスマホで写真で撮ったものを送るか、もしくはスキャナで取り込んだものを準備しておきましょう。

また不思議なことにマイナンバーカードは対応していない(マイナンバーを送ってほしくない)らしくは、基本的にはほとんど方が上の組み合わせで提出かと思います。因みに本人確認書類としては、住基カードやパスポートなども使えます。

STEP2 BIGLOBEへの申し込み

事前の準備でMNP番号&本人確認書が用意できたら、いよいよ申し込みになります。以下リンクでBIGLOBEモバイルに移動します。

契約プランを選ぶ

申し込み画面になったら先ずセットタイプ(SIMのみ/SIM+スマホ/SIM+ルータ)と回線(ドコモ/au)を選びます。

次にカードサイズを選びます。端末の仕様を確認して、SIMカードタイプを選んでください。因みにiPhone5以降は全てnano-SIMカードになります。(Apple仕様ページ)Androidスマホも新しいもの(おおよそ2015年以降)は全てnano-SIMになっています。但し、ポケットWiFiなどは違うケースもありますので、念のため確認した方がよいです。

またここでSIM種別(音声SIM/データSIM+SMS/データSIM)も一緒に選びます。

契約形態を「他社からお乗り換え(MNP)」を選択します。

プランを選択する画面で、好きなプランを選択。このあとオプション系の選択が入りますが、ここはご自由に。

そして次へをクリック。

ここで「BIGLOBEお助けサポート」をクリックしていない場合は、以下のような画面が出ますが、不要な場合は気にせず「進む」をクリック。

BIGLOBE申し込み画面でMNP情報を入力

申し込み画面に偏移していき、BIGLOBE光やBIGLOBE WiMAXなどを契約していない方は「新規にお申し込みの方」をクリック。

ここで今まで使っていた電話番号とSTEP1で確認していたMNP番号を入力します

最後に名前・住所・支払い情報を入力して、次へをクリックします

あとは、通常の申し込み方法と変わりません。音声通話SIMの場合は本人確認書類のアップロードも必要ですので、事前準備しておいたものをアップロードしておきましょう。

STEP3 SIMの受け取り

申請したMNP予約番号や携帯電話番号を元に登録情報との照合が完了すると、後日自宅の配送先住所のBIGLOBEモバイルのSIMカード一式が送られてきます。

SIMカード到着後は、今まで使用しているSIMカードから電話番号などを新しいSIMカードへ切り替える手続きが必要ですが、基本的にはSIMカード到着後2日間を目処に自動的に切り替わります。何もしなくても2日後に移行前キャリアからBIGLOBEモバイルへ契約が移るということです。

SIMが届いてから直ぐに移行したい場合は、専用窓口に電話すれば約2時間ほどでMNP転入切替できます。BIGLOBEモバイルに同封されている「MNP転入をされたお客様へ」に記載されている専用の電話番号へ電話をかけましょう。

SIMが自宅に届いてからのBIGLOBEに開通の電話をかけられる時間は、10:00~19:00(365日受付)です。

もし2時間経っても、電話番号が一向に切り替わらない場合には、一度スマートフォンの電源を切って再起動してみてください。前のスマホをまだ持っている場合には、2時間程度経つと、急にスマートフォンに指しているSIMが使えなくなり、圏外の表示になりますので、そのタイミングでBIGLOBEのスマホで確かめてみてください。

STEP4 各種設定

SIMカードを挿入する

前のSTEPの確認の際にSIMカードを挿入している人についてはこのSTEPは不要かもしれませんね。スマートフォンのタイプによって、SIMカードを入れる場所、外し方が変わっていきます。iPhoneシリーズや、Huaweiの一部の端末は専用の取り出しピンもしくは、何か細いピンのようなものを使わないとSIMが取り出せませんが、それ以外の端末では工具不要で取り出すことが出来ます。

BIGLOBEのAPNを設定する

Androidの場合

BIGLOBEモバイルでインターネット接続するための設定を行います。これにはAPN(接続先)を設定する必要があります。

Android OSのversionや端末によって設定する場所が多少違うかもしれませんが、大体は設定画面の「無線とネットワーク」>「モバイルネットワーク設定」>「アクセスポイント名」の一覧画面からアクセスポイントの追加が行えるはずです。

そこで以下の設定を追加しましょう。

APN(接続先)biglobe.jp
ID(ユーザー名)user
パスワード0000
認証方式CHAPまたはPAP
PDP TypeIP(PPPは対応しておりません)

もしタイプA(au回線)を利用する場合で、端末に以下の項目がある場合はこちらも入れてください。

APNタイプdefault,supl,dun文字列の区切りは「,(コンマ)」を入力してください。

iPhoneの設定方法

BIGLOBEでiOSセットアップ用のプロファイルファイルも用意されているので、こちらを使う方が楽ですね。以下の動画でこのファイルを使った設定手順が紹介されています。

因みにSIMのPINコードの初期値は以下のように設定されていますので、お好みのものに変更しておくと良いですね。(Android/iPhone共通)

タイプA1234(初期値)
タイプD0000(初期値)

因みにこのPINコードの入力を3回連続して間違えると自動的にPINロックといって、SIMが一切使えなくなります。解除には別途PUKコードというものが必要になるので、コードを入力するときは注意してください。こちらも回線によってPUKコードの確認方法が異なります。

タイプASIMカードの台紙に記されている、PINロック解除コードをご確認ください。
タイプD「PINロック」がかかった場合は、BIGLOBEまでお問い合わせください。
PINロック解除コード(PUKコード)をお伝えします。
BIGLOBEカスタマーサポート テクニカルサポートデスク

Enjoy BIGLOBEモバイル!

さて、これで全ての設定が終わりました!あとはBIGLOBEモバイルを使って快適なスマホライフを!

モバイルITモバイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

モバイルシステムエキスパート。某大手日系SIerでエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました