ChromecastでApple TVが見れるようになりました

その他
スポンサーリンク

2020年12月16日にGoogleブログにてちょっと興味深い記事を見つけたんですが、どうやらChromecast with Google TVでついにApple TVが見れるようになるらしいとのことだったんですが、その後ついにChromecastでApple TVアプリが登場するようになりました。

Apple TV自体は、サブスクリプションタイプのAppleのサービスですが、新しいiPhoneを購入したりすると、初年1年間無料などのキャンペーンなどもやっているので契約しているという方もいるんじゃないでしょうか?

1番のメリットとしてはやはり1つのデバイスでいろいろな動画サービスをみることができるので、TV周りにAmazon PrimeのためにFire TV stick、Apple TVのためにApple TVを設置するのはそもそもポートの数も足りないですし、何よりも邪魔ですよね。

こうなってくると、そもそも〇〇〇〇TVと名のつくデバイスの機能差分ってほとんどなくなってくると思いますよね。見れる動画サービスもほとんど一緒だし、ミラーリングの機能を使ってしまえば見れない動画サービスなんてものはないと言っても過言じゃないです。

デバイスFire TV StickChromecast with Google TVApple TV HD
価格4,980円7,600円15,800円
サイズ85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm162 mm x 61 mm x 12.5 mm35 mm x 98 mm x 98 mm
重さ32 g55 g425 g
形状スティック型円形型ボックス型
専用リモコン有り有り有り

そうなってくると、実際問題どれを選んだ方がいいんだよという気持ちになってきますが、我が家のようにスマートデバイスをGoogle Nest Hubにまとめている人には、ChromecastリモコンがスマートアシスタントになるChromecast一択になってくるんじゃないでしょうかね。

Chromecastであれば、値段もApple TVと比べて随分と安く、コストも抑えられ、スマートかつミニマムに動画視聴をできるという点で言えば、Apple TVをコスパ良く視聴したいと言う人にはChromecast with Google TVが最適な選択肢になってくる気がします

但し、Googleサービスを普段から使いまくっているような人がChromecastを使ってApple TVの動画をみるような機会が今後どれぐらい出てくるのかに関して、ちょっと不明ではありますが。

因みに我が家の場合は、Amazon Prime、ディズニー+と契約中で、AppleTVも一応スマホを買い換えた時に加入できるようになっているんですが、正直前の2つだけでこれ以上映画を見る時間がないというのが正直なところ。

お得にAmazonでお買い物!

Amazonでお買い物するならAmazonギフト券を現金でチャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%のポイントがつきます。(クレジットカードは対象外)

詳しくはコチラ

その他スマートホーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

モバイルシステムエキスパート。某大手IT企業でエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました