レンタルサーバConoHa WING:カラフルボックス と比べてどうなのか?

Wordpressテクニック
スポンサーリンク

自分でレンタルサーバを使ってサイトを作ろうとした時にどこかを使えばいいかって悩みますよね?

レンタルサーバってどこも同じかと思いきや、結構業者によって特徴があるんですよね。使いやすさを重要視してたり、サーバ速度を追求したり、もしくはコストを限界まで追い込んだりと色々特徴を持っているんですよね。

今回は業界の中でも最速と言われているConoHa WINGについて、当サイトで使用しているカラフルボックス との比較も交えてレビューしてみたいと思います。

ConoHa WINGとは?

そもそもConoHa WINGって誰なのかということから紹介していくと運営会社は
GMOインターネット株式会社になります。GMOインターネットの子会社として有名なのCMでもよく見かけるGMOクリック証券ですよね。その他にもインターネットインフラ関連の事業をいくつか持っており、レンタルサーバ事業としてはConoHa WINGのクラウドサーバ事業の他にもVPS(Virtual Private Server)事業もやっていますね。

ConoHa WINGはいわゆるブログサイトなどの運営に特化したレンタルサーバということになりますね。

ConoHa WINGの特徴は?

ここでは特に他のレンタルサーバ事業者と違うポイントを中心を説明していきますね。

国内最速のレンタルサーバ

ConoHa WINGと言えばやはり1番の特徴はそのサーバスピードですね。早い早いと言われていますが、使っている人の話を聞くとその速さはやはり本物です。

ConoHa WINGサイトをみてみると高速化に関して他のレンタルサーバ事業者よりも多くのチューニングをデフォルトで組み込んでくれていることがわかりますね。

以下カラフルボックス との比較になります。

機能ConoHa WINGColorfulBox
LiteSpeed
PHP7
HTTP/xHTTP/2HTTP/3
Opcache
コンテンツキャッシュ×
ブラウザキャッシュ×

パッとみる感じではやはりキャッシュ最適の部分に相当力を入れていることがわかりますね。サーバ速度というのは速ければ早いほど良いわけで、検索してくるユーザーにとっては読み込み速度の遅いブログなんて読みたいと思わずに他のサイトにすぐに離脱されてしまいますよね。

カラフルボックス ではキャッシュができないかというと、決してそういうことではなく、自分でプラグインなり、.htaccessなり自分で作り込めば上記相当まで最適化することはできるとは思います。

但し、サーバサイドでここまで最適化してくれているというのはやはり魅力的な部分ではありますね。

無料Webフォントやスパム防止などWordpressブログに特化した機能が充実

TypeSquare(タイプスクウェア)フォント

もう一つ面白いのは、「モリサワ」が提供しているTypeSquare(タイプスクウェア)フォントが無料で使用できるので、少しかっちり書きたい部分には明朝を使ったり、ポップな感じで書きたいときには個性的なデザイン書体使ったりすることが簡単できますね。

またブログを運営していてとても迷惑なのが、スパム関連のメールやアクセスですね。これもWordpressを使っていれば色んなプラグインがあるのでそっちでも対応できなくもないんですが、プラグインは入れすぎると互換性の問題が出てきたり、読み込み速度が遅くなったりと、なるべくなら入れたくないところ。

そのためこういった部分を予めサーバ側で組み込んでくれているというのは嬉しいポイントです。

時間単位のチャージ

そしてこれもユニークなポイントなのが時間単位の課金システム。正直レンタルサーバで時間単位で課金するような業者って聞いたことなかったですね。

クラウドサービスとしてはAWSなどのクラウド上でアプリ開発したりするなどの場合にはこういった時間課金があるのはよく聞きますが、レンタルサーバでこれって需要があるのかしら?と少し疑問が残る部分です。

但し、時間単位で使用ができるということは初回月や逆に解約月などであっても、本当に使った分のみしか支払う必要がないので、余計なお金を払わなくて済むという面では、面白いかなと思いますね。

カラフルボックスとの料金比較

では、一番気になるお金の部分も以下表で比較してみますね。プランとしては大体似てそうな部分をピックアップしてみました。

スペックConoHa WING
ベーシックプラン
ColorfulBox
Box2
ディスク容量(SSD)200GB300GB
vCPU不明4
メモリ不明4GB
転送量/月2.5TB3TB
料金1,200円/月(2円/時)880円/月

サーバスペックだけで比較してしまうと、ConoHa WINGの方がやはり少し高めの値段設定になっているように感じてしまいますね。

まとめ:ConoHa WINGを使う人はこんな人

  • サーバ速度を重要視している人
  • WordPress側には出来るだけ余計なプラグインは入れたくないと思う人

ここまでカラフルボックス との比較を交えてConoHa WINGをレビューしてきましたが、やはりその1番の特徴はサーバ速度というところになりますね。

正直他のレンタル業者を見渡せばConoHa WINGよりも安いプランを出している会社は多いですし、ColorfulBoxと比較してみても、やはり少し値段としては高めですね。コスト重要視しているようなユーザーであれば、やはりColorfulBox(カラフルボックス)を選んだ方が良いと思います。

しかし「クラウドサービスってよくわからない」、「細かい設定はサーバ側でやって」、「自分はブログ記事の方に集中したい」というような方であればConoHa WINGはやはりオススメなレンタルサーバになると思います。

1.超高速Webサーバー「LiteSpeed」と「HTTP/2」「QUIC」の高速化技術にも対応。
2.全プラン最新のCPU・大容量メモリ・ピュアSSDを採用。
3.最新のスペックと技術でWordPressをより高速・安全に表示!
4.東日本・西日本のリージョン選択が可能な “地域別”の自動バックアップを無料で搭載。
5.次世代セキュリティ「Imunify360」でマルウェア、改ざんを防止。
6.「かんたん操作のコンパネ/cPanel」を採用!
7.無料SSL(COMODO)に標準対応。
8.マルチドメイン・データベース・メールアドレス、すべて無制限。
9.ライブチャット・電話・メールに対応した安心のサポート体制。
10.ドメイン取得が可能!業界トップクラスの「バリュードメイン」を採用。
キャンペーン期間 2020年6月30日まで
プロモーションコード (クーポンコード) 7DFYDRV5
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Wordpressテクニック IT・通信
この記事を書いた人

スマートホーム x IT x 子育て。大手SIer勤務→ITアーキテクトの経験から面白そうな情報を発信していきます。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったり、Pythonいじったりしています。日曜プログラマ&エンジニアさんへタメになる情報をお届けします。

\フォローする/
\この記事をシェアする/
\フォローする/

オススメキャンペーン

学生なら入らないと損!
タダ同然で使い放題サービス多数のPrime Studentが無料で6ヶ月も見れる!
大学生・院生・専門学生・高専生なら誰でもOK!

Prime Studentなら本や日用品の購入が10%〜15%OFFになる特典や他にも通常のPrime特典が多数あるのに、通常のPrime金額の半額で全部利用できちゃう

お急ぎ便・時間指定使い放題、Prime Videoで映画やテレビ番組も見放題、Prime Musicで音楽も聴けちゃうし、動画・音楽・写真の保存などの特典が多数利用可能

今すぐチェックする
デジモノ

コメント

タイトルとURLをコピーしました