ドコモ新料金プランの徹底考察!ドコモ光セット割であれば格安SIM相当に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

2019年6月からドコモの新料金プランがついに始まりますね。1年間の大きな前振りがあっただけに、待っていたユーザーの期待は大きかったと思います。しかし蓋を開けてみると、なんだかauユーザーには既視感のあるプランだったとも言われており、正直「最大4割安くなる」と言われていたのが、一体どういう計算で?と不思議に思ってしまいました。

因みに以前こちらの記事でドコモの新料金について考察していました。

今回は以前の記事の答え合わせ的に検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

ドコモの新料金プランとは?

先ずはドコモの新料金プランを見てみたいと思います。

ギガホ/ギガライト

一番のポイントは、基本料金という考え方がなくなったことですね。今までのドコモの料金プランの考え方は、基本料金+パケットパックという料金形態になっていましたが、今回の料金プランでは、パケットパックに相当するギガホ/ギガライトの料金だけがかかるということになっています。

通話料金はどういう形態になったのかというと、従量課金のシンプルプラン相当のものは”無料”となり、5分まで無料のカケホーダイライトが700円、カケホーダイが1700円となり、実質的に1000円OFFの値引きということになっています。

割引適応前の金額
~1GBまで(ギガライト)2,980円
1GB~3GBまで(ギガライト)3,980円
3GB~5GBまで(ギガライト)4,980円
5GB~7GBまで(ギガライト)5,980円
~30GBまで(ギガホ)6,980円

新割引プラン

そして今回新しく割引プランが追加と、元々あったドコモ光とのセット割引と長期優遇者割引を刷新されました。

  • みんなドコモ割(新設)
  • ドコモ光セット割(カケホ) ⇒ ドコモ光セット割(ギガホ)
  • ずっとドコモ割プラス ⇒ ずっとドコモ特典

この割引プランは、新たに追加で割引になるみんなドコモ割と、割引額の下がるドコモ光セット割ずっとドコモ特典の組み合わせになっています。次の項目でどれぐらい割引額が変わったのか見てみますが、±0になっている部分で出ていますね。

比較してみる

スポンサーリンク

カケホ+パケットパックとの比較

ドコモ光を契約しているプラチナステージユーザー

下記にて、新旧プランでの個人で使う場合の最安値の場合の計算をしてみました。計算条件は、以下にしています。

  • 一人で使用する
  • 通話料金は最安値
  • データは5GBまで
  • ドコモ会員ステージはプラチナステージ
  • 自宅ではドコモ光を使用している
  • 家族内では2回線使用している
  • 端末購入サポートは終了している
項目旧プラン新プラン
基本料金1,700円
(カケホーダイライト)
パケットパック
(~5GBまで)
5,000円
(ベーシックパック)
5,000円
(ギガライト)
インターネット接続料
(sp-mode)
300円 300円
各種割引
 みんなドコモ割▲500円
(家族内2回線)
 ドコモ光セット割▲800円▲1,000円
 ずっとドコモ割/特典
 (プラチナステージ)
▲960円
(ポイント割引)
▲250円
(3000PT/年を月割)
端末購入サポート(端末により金額は増減
2000円前後を2年間)
合計5,240円3,550円
差額▲1,690円
(32%OFF)

如何でしょうか?端末購入サポートを含めるかどうかで金額が安くなっているかの比較が変わってきますね。今回の条件であれば、確かに新プランの方が安くなったとは言えそうです。かつ、月4,000円弱であれば、格安SIMレベルに安くなっているとも言えそうです。もちろんそれでも多少高いかもしれませんが、あとはドコモの回線を使えるというメリットは大きいですよね。

ドコモ光を契約していない1stステージ

しかし今度は以下の条件ならどうでしょうか?

  • 一人で使用する
  • 通話料金は最安値
  • データは5GBまで
  • ドコモ会員ステージは1stステージ
  • 自宅ではドコモ光を使用していない
  • 家族内では自分しかドコモを使っていない
  • 端末購入サポートは終了している
項目旧プラン新プラン
基本料金1,700円
(カケホーダイライト)
パケットパック
(~5GBまで)
5,000円
(ベーシックパック)
5,000円
(ギガライト)
インターネット接続料
(sp-mode)
300円 300円
各種割引
 みんなドコモ割▲0円
(家族内1回線)
 ドコモ光セット割
 ずっとドコモ割/特典
 (1stステージ
▲約40円
(500PT/年を月割)
合計7,000円5,260円
差額▲1,740円
(24%OFF)

これでも新規に契約する場合であれば、新料金プランの方がかなり安くなることがわかりますね。

ドコモ光を契約していないプラチナステージユーザー

なんとかあまりお得にならないケースを探してみます。

  • 一人で使用する
  • 通話料金はカケホーダイライトもしくは5分通話無料
  • データは5GBまで
  • ドコモ会員ステージはプラチナステージ
  • 自宅ではドコモ光を使用していないまたはドコモ光を使用しているが代表回線ではない
  • 家族内では 自分しかドコモを使っていない
  • 端末購入サポートは終了している
項目旧プラン新プラン
基本料金1,700円
(カケホーダイライト)
700円
( 5分通話無料)
パケットパック
(~5GBまで)
5,000円
(ベーシックパック)
5,000円
(ギガライト)
インターネット接続料
(sp-mode)
300円 300円
各種割引
 みんなドコモ割
 ドコモ光セット割
 ずっとドコモ割/特典
 (プラチナステージ)
▲960円
(ポイント割引)
▲250円
(3000PT/年を月割)
合計6,040円5,750円
差額▲290円
(5%OFF)

このケースでは、通信料金の割引がほとんどありませんね。しかもプラチナステージのユーザーであるのにも関わらず通信料金がほとんど変わらないというケースになってしまいますね。

docomo withを契約しているユーザー

最後にドコモユーザーにはあまりいないかもしれませんが、以下のケースでもシミュレーションしてみます。

  • 一人で使用する
  • 通話料金はカケホーダイライトもしくは5分通話無料
  • データは5GBまで
  • ドコモ会員ステージはプラチナステージ
  • 自宅ではドコモ光を使用していないまたはドコモ光を使用しているが代表回線ではない
  • 家族内では 自分しかドコモを使っていない
  • 端末購入サポートは終了して、docomo withを契約しているかつ、払い込み終了している
項目旧プラン新プラン
基本料金1,700円
(カケホーダイライト)
700円
( 5分通話無料)
パケットパック
(~5GBまで)
5,000円
(ベーシックパック)
5,000円
(ギガライト)
インターネット接続料
(sp-mode)
300円 300円
各種割引
 みんなドコモ割
 ドコモ光セット割
 ずっとドコモ割/特典
 (プラチナステージ)
▲960円
(ポイント割引)
▲250円
(3000PT/年を月割)
docomo with▲1,500円
合計4,540円5,750円
差額1,210円
(26%UP)

このプランでは、なんと旧プランの方が安いという、不思議な現象が発生します。但し、docomo withは対象端末購入が条件となるので、そちらの端末の払い込みが満了していることが条件になります。

スポンサーリンク

新料金プランの注意点

今までの計算をベースに今回のドコモの新料金プランの注意点をまとめていきます。

ドコモ光セット割は代表回線にのみ適応される

今まではドコモ光割引は代表回線で一括で割引されていたので、同回線のユーザーであれば、実質的にドコモ光割引の恩恵が受けることができていました。しかし今回の新料金プランであると、ドコモ光の割引を受けられるのは、ドコモ光の契約者であるユーザーのみになります。

つまり家族内においても、ドコモ光割引の恩恵を受けられるのは、1人だけになってしまい、その他は全く割引がなくなってしまいました。

端末購入サポート期間中は新プランには移行できない(違約金が発生する)

今までのスマホの購入時には、基本的に端末購入サポートという名の割引が毎月入っていました。そのため、その割引があるおかげで実質0円と言ったりしていたのですが、今回の新料金プランでは、この端末購入サポート期間が満了していない場合は、別途高額な違約金(3~5万)が発生してしまいます。

なので、基本的には端末購入サポート(1年 or 2年)の満了を待ってから、新料金プランに移行することになりますね。

新割引プランは新料金プランにしか適応されない

今回の新割引の中で特にみんなドコモ割に関しては、なかなか魅力的な割引だと思います。過去にあったファミリー割引に相当するような大きな割引になっていると思います。

しかしこの割引が適用されるのは、今回の新料金プラン、ギガホ/ギガライトの契約者のみになります。今までの旧プランのユーザーは2019年6月以降になったとしても、この新割引の恩恵を受けることはできません。

但し、旧プランのユーザーであっても人数カウント対象ではあるので、今回の2回線で500円引き/回線、3回線で1,000円引き/回線のカウント対象にはなるので、もしドコモユーザーが家族内にいるのであれば、是非ファミリー割引対象として登録しておきましょう。

まとめ

色々今回なケースで比較してみましたが、最後に今回の新料金プランが誰にとってメリットがあるかを整理してみたいと思います。

なかなか限定的になってしまいますね。今回の料金改定のポイントは、やはり長期優遇者にメリットが偏り過ぎないように、新規ドコモユーザーにとってメリットがあるように作られたものであることがわかりますね。

またドコモ光を契約することがほぼ安くするための前提となっているので、固定回線を契約して、移動回線を安くするという契約形態になるみたいです。

こんなユーザーは残念ながら今回のドコモ新料金プランではほとんどメリットがないですね。

今回はドコモの新料金プランについて検証してみました。ドコモユーザーで旧プランから新プランを検討している方、もしくは新しくドコモを検討している方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Subscribe SNS

コメントを残す

*