EQUALS(イコールズ)テレビスタンド WALL V2 レビュー|賃貸でも簡単に壁掛け風にできる

生活家電&インテリア
スポンサーリンク

テレビ台はリビングの中でかなりの存在感を出していて、前々からオシャレで使いやすいものしたいと思っていたのですが、なかなか良いものがありませんでした。

もうホームセンターに行って、自分で木材買ってきてDIYでもしようかなと思っていたところ、今回なんだか良さそうなものを見つけましたので、早速買ってみました。

今回僕が購入したのは、EQUALS(イコールズ)の壁寄せテレビスタンド WALL V2というものになります。

それでは早速レビューしていきたいと思います。

EQUALS(イコールズ)のテレビスタンドとは?

EQUALS(イコールズ)は、誰でも簡単に壁掛けテレビにすることができるテレビスタンドになります。

壁寄せテレビだから見た目もすっきりと

通常テレビを壁掛けにしようとすると、壁に穴を開けたり、大掛かりな設置作業が必要だったりします。

賃貸だと壁に穴を開けることが難しくなるので、代わりにディアウォールなどを使ってDIYする人もいますが、なかなか時間が取れない&綺麗に作れないなんてこともあるので、ハードルが高いですよね。

イコールズのテレビスタンドは、壁に寄せて設置するタイプの壁掛けスタンドになるので、自宅のスペースをすっきりとさせることができます。

配線をポール内に隠せる

また通常の壁掛けテレビの場合は、壁に直接テレビを貼るわけになるので、そのままにしておくと電源ケーブルやHDMI、同軸ケーブルなどが全て壁から垂れ下がるようなことになってしまいます。

そのケーブルを隠すためにまた大量の配線隠しのためのケーブルモールや、ケーブルの長さが足りない場合には長いケーブルを準備したりと何かと面倒です。

イコールズの場合は、ポール裏が以下の写真の通り、ケーブルが収納できるようになっているので、すっきりとケーブルを正面から隠すことができます。

コンセントに被せるように設置すれば正面からはケーブル類を全て隠すことができるようになりますね。

EQAULS(イコールズ)WALLのラインナップ

イコールズの壁寄せテレビスタンドのラインナップは、以下の3タイプになります。

※V3とV2は高さによってもタイプが分かれて販売されています。

V4
V3
V2
対応テレビサイズ60〜90インチ32〜80インチ32〜60インチ
ベースタイプ3Dベース
(厚さ2mm)
3Dベース
(厚さ2mm)
フラットタイプ
(厚さ15mm)
高さモデルFLOOR TYPELOW TYPE
HIGH TYPE
LOW TYPE
HIGH TYPE

違いとしては、設置できるテレビのサイズの違いになりますので、自宅のテレビのサイズによって選べば良いと思います。

ただV4/V3に関しては、ベースタイプが3Dフラットになっているので、こちらの方が良いという方はテレビが小さかったとしてもV3を買う価値はあるかと思います。

3Dフラットベース関しては、縁部分の厚さ約2mmになっており、フロアに馴染むように設置できることが特徴です。

因みに今回僕が購入したV2モデルの場合は、厚さ15mmのフラットタイプになります。

公式サイトにてテレビスタンドの選び方も掲載されているので、こちらも参考にしてみると良いと思います。

EQAULS(イコールズ) WALL V2を組み立ててみる

それでは早速EQUALS WALLを設置してみましょう。

組み立て時間は約1時間

今回購入したのはV2のLOWタイプになるので、中身こんな感じです。重量も結構あるので、作業する場合には2人でやることをお勧めします。

因みにレコーダーを置くために、ラージサイズの棚板も一緒に買って見ました。

イコールズ専用棚板(ラージサイズ)

フラットベースの裏側はこんな感じなっており、全部が鉄板というわけではないですが、そこそこに重いです。

四隅にはプラスチックのような保護カバーが付いているので、テレビを載せた状態で多少引きずったとしても床が傷つかないような状態になっています。

但し、フローリングの滑りが良い場合には、逆に子供が押して動いてしまうようなことにもなるので、気になる方は耐震マットを裏側に貼っておくのも良いかと思います。

フロントパネル部分は、今回ウォールナットにしましたが、材質は金属製のものに木目調の加工がしているような感じで、サラサラとした質感になっています。

また最新の2021年モデルからはフロントパネルがスライド式に改良されているので、正面からポール部分がより見えにくくになりました。

またテレビの取り付けに関しては、元々付いているテレビの脚の部分を外して、背面に取り付け金具を設置していきます。

テレビの脚の取り外し

背面の取り付け金具に関しては、背面の取り付け幅(30cm以上もしくは20cm以下)によって取り付け方が微妙に違うので注意してください。

特にテレビは重量が重いので、取り付け方を間違うと、グラつき・破損、最悪の場合落下などの原因にもなるので注意しましょう。

30cm以上の場合
20cm以下の場合

そして棚板の取り付けなのですが、テレビを取り付ける前にポールの上から嵌め込むような形で設置していきます。

ここ少し注意なのですが、実はこの棚板は鉄板でポールを挟んでいるだけで、何かに引っ掛けて固定しているわけではありません。

元々棚板の掛けても良い重量が5kgまでとなっている通り、棚板に想定以上の重さが掛かってしまうと、棚板がずれて上のものが下に落ちたり、最悪の場合テレビスタンド自体が前に倒れる可能性があります。

そのため、小さな子供がいる場合や、猫などのペットがいる場合には棚板に乗らないように気をつけるか、もしくは棚板をつけないという風にした方が良いと思われます。

設置完了

設置完了し、我が家ではこんな感じに仕上がりました。

どうでしょうか?見た目もすっきりして良い感じになっているかなと思っています。

ラージサイズの棚板をつけているので、正直少し存在感が出てしまっていますが、それでもかなりすっきりとした印象になったかと思います。

因みにビフォーアフターで比べてみるとこんな感じになります。

今までのテレビ台はかなり存在感もあり、さらに台の部分に埃が溜まったり、子供の攻撃に晒されすぎてボロボロになっていたのですが、それが壁寄せになったおかげで部屋も広くなり、見た目もすっきりになりました。

左:ビフォー、右:アフター

コンセントの位置の関係で、ケーブルが少し出てしまいましたが、比較的成功と言えるのではないでしょうか。

因みに今回は購入しませんでしたが、イコールズ専用のケーブルカバーも売っているので、色味を合わせてコンセントからのケーブルを隠したい場合にはこちらを使うのも良いかと思います。

EQAULS(イコールズ) WALLテレビスタンドの購入前の注意点

ここでは我が家で実際に使ってみて気になったポイントや、購入前に認識しておくべきポイントをまとめておきます。

自宅のテレビが対応しているか必ず調べておこう

先ずは肝心なところからですが、イコールズのテレビスタンドはいろいろな種類のテレビが取り付けられるようにはなっていますが、全てが取り付けられるわけではないこと。そしてV4/V3/V2タイプにそれぞれ対応テレビが違います。

必ず事前に公式サイトのテレビ対応表で自宅のテレビがイコールズに対応しているか調べてから購入しましょう。

そのままの状態でケーブルが全て隠れるわけではない

イコールズの壁寄せテレビスタンドは、確かにポールの裏にケーブルを隠しやすいです。

ただし、ポール幅は正直そこまで広いわけではないので、このスペースに電源ケーブルやHDMI、同軸ケーブル、さらにはレコーダー、ゲーム機のケーブルを全て隠そうとすると、ケーブル長などもかなり考慮しないと綺麗に隠れてくれません。

我が家でもケーブル本数が多く、さらにはどれも長さがバラバラなので、以下の写真の通り少し強引に隠しています。

イコールズを使うとケーブルが隠せます。但し、それなりに努力が必要になることを認識しておきましょう。

V2のフラットベースの場合、ロボット掃除機との干渉も発生する

またV2のフラットベースの場合ですが、厚みが15mmとなんとも言えない高さになります。

この厚みにいつか足の小指を引っ掛けて悶絶するリスクもあると思いますが、我が家のようなルンバに掃除を任せっきりにしていると気になるのが、「ルンバ問題」になります。

結論から言えば、「ルンバでも問題なく掃除できる。。。が、多少ぶつかる」です。

以下の動画を見て見てください。

一応ルンバでも問題なく、台の上には上がれていますが、登る際にガツンガツンと音がするのがわかりますね。

ただ所詮ただの台なので、台が傷つく分には個人的には問題ないのですが、ルンバの方が傷つかないかがちょっと心配ですね。

また台と壁などの隙間にルンバが入り込んでしまうと、こんな感じでハマってしまう時もあります。

それでもなんとか抜け出すことはできるので、一応掃除も問題なくできることはできます。

ただやはり3Dフラットベースのほうが、ルンバに取っては優しいのかもしれません。

EQUALS(イコールズ)が高い!という人には

イコールズは壁寄せテレビとして比較的に早めに出ているというのもあり、またデザインも良い日本製ということで少々値段が張るのも事実です。

そんな人には似たような製品もあるので、こういうものも検討してみるのも良いかと思います。

全体的に土台(ベース)の部分が、イコールズのものと比べて厚みがある、そのせいでベースの存在感が強いものが多いような感じです。

ルンバのようなお掃除ロボットが登れるのは2cm程度までになっているので、これ以上厚いものはルンバでは掃除することはできません。

因みにイコールズ V3であれば、厚みが2mmの極薄スタンドになるので、ベースがどうしても気になるのであればこちらがオススメです。

まとめ

今回はEQUALSの壁寄せテレビスタンドWALL V2をレビューしていきました。

全体的な所感としては、テレビ台がなくなってかなりすっきりしたものの、やはりレコーダーがあることで、存在感を消しきれないなという印象です。これはEQAULSのせいではなく、テレビ自体の問題ですね。

そのうちレコーダー内蔵のテレビなんかも検討してみても良いのかなと思いましたし、むしろ将来ワイヤレスビデオデッキなんかあったら最高だなとも感じました。

いづれにしても部屋をすっきりさせることができましたので、とりあえず満足の仕上がりかなと思っています。

皆さん是非ご参考あれ。

生活家電&インテリア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
DIGI LINE (デジライン)

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

シニアモバイルシステムコンサルタント。本業エンジニア兼副業ガジェットブロガーをやっています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました