IKEAのスマートホーム:Google Home/Alexa/Siriで操作できるスマートブラインドが2019年後半に発売予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

我が家でもかなりお世話になっているIKEAのスマートホーム機器に新しい対応機器が増えるみたいです。

IKEAスマート家電と言えば、TRADFRI(トロードフリ)のLED照明ですよね?照明がアプリで操作できる機能がIKEAのような安い値段で揃えられるのは嬉しいです。我が家でもLED照明はほとんどIKEAにしており、かなり便利になった感じがしています。

IKEAから2019年内に発売が予定されているのはスマートブラインド(シェイド)になります。カーテンのスマートホームかはLink Japanから既に発売はされており、今回のスマートブラインドはカーテンを使わずにブライドなど少し凝った形のブライドを普段から使っている人にはとても興味のあるスマート家電だと思います。

仕組みとしてはブラインドの左上に電池パックを入れる場所があり、その電力を使って巻き上げるようなものになっているみたいです。電源容量はまだ非公開となっているのでどれぐらいの電池の持ちになるのかは不明です。

通常の使い方であれば、毎日ブラインドは上げ下げするものではあるので、半年ぐらいは充電無しで持って欲しい所ですね。

同期の仕方としては現在発売中のTRADFRI(トロードフリ)シリーズと同じように専用のリモコンがつくようになるみたいです。リモコンとブラインドを同期させて使うタイプになるので、TRADFRI GATEWAY無しも使用ができるようにはなっているようです。

GoogleやAlexa、そしてSiriなどのスマートアシスタント(スピーカー)からも操作できるので例えば朝の時間がきたら、自動的にブラインドをあげたり、夕方になるとブラインドを下げたりするようなホームオートメーションも可能になります。但しその場合にはスマートブラインド単体ではホームオートメーションはできないので、別売りのTRADFRI GATEWAYが必要になります。

気になる値段はまだ公開はされていませんが、一番小さいサイズで約13,000円〜程度になるようです。用意されているカラーなどの情報もまだ公開されていませんが、少なくとも不透明のタイプ(陽が通らないタイプ)と半透明のタイプの2種類が用意されるとのことです。

今の所わかっている情報の中ではグレー(灰色)のみが出ているみたいですが、個人的には明るめの色もラインナップとしては準備して欲しい所ですね。

因みに日本のIKEAではTRAFRIシリーズとしては照明しか販売されていませんが、海外ではスマートプラグ(コンセント)も既に発売となっています。Google HomeやApple HomeKitに対応している家電がまだまだ少ない中、日本でも早くスマートホーム対応の家電が増えていって欲しいですね。その中でもIKEAの格安スマートホームは、スマート家電の普及のカンフル剤になってくれることを期待しています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Subscribe SNS

コメントを残す

*