iPhoneが家中のリモコンになるApple ホームアプリ(Homekit)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

スマートホームってそもそも何なんでしょうね?最近の流行りはスマートスピーカーで操作できるから、それがスマートホームだという風潮もあるし、他にもハウスメーカーが主導する埋込シーリングライトが操作できるとか、電気代がアプリで見れるとか、色々ありますよね。

正直スマートホームっていう定義はまだ何もなくて、狭義の意味ではインターネットから操作できるとかになるのかもしれないんですが、広義の意味では専用端末以外の互換性を持つIoT家電であれば、それは全てスマートホーム家電になる素質があるんじゃないかと思っています。

ちょっとわかりづらい書き出しでしたが、個人的にはスマートホームの実現のための第一歩という二歩も三歩も先に進んで使えるのが、Appleがこっそり出しているホームアプリだと思います。2016年頃に実は既に実装されたいたとかいないとかいう話を聞いたことがあるんですが、対応している家電がほとんどなくて当時からずっと寝ていたようなものでした。

しかし今この時こそが、Appleホームアプリが大活躍しそうな家電がどんどん出てきていると思います。今回は、少しわかりづらい、スマートホームってよくわからないという人向けにもわかりやすいように、個人的に自宅のスマートホームプラットフォームとして大本命になり得るAppleのホームアプリ(別名:HomeKit)について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Appleホームアプリとは?

そもそもAppleホームアプリって何?何ができるのってとこなんですが、アプリ自体はiPhoneを持っている人であれば、一度はみたことがあるかもしれません。

ホーム

ホーム

Apple無料posted withアプリーチ

何のために使うんだろうと不思議に思った人もいるかもしれませんが、これこそがAppleがこっそりと始めていたスマートホームプラットホームアプリなんですよ。

何ができるの?

このホームアプリ単体では、正直何も出来ません。このアプリは、ここで”プラットホーム”アプリというように、このアプリにIoT家電を組み合わせる(登録する)ことで初めて、使えるようになります。以下の画像がIoT家電を(アクセサリとして)登録した時のスクリーンショットになります。

画像内では照明とダイソンが接続されている

この一つ一つのボタンが、所謂登録したIoT家電のスイッチのようなものになっており、例えば照明ボタンを押せば、当該のLED電球を点けたり消したりすることが出来たり、明るくしたり暗くしたり(調光)することだって出来ます。また扇風機の電源を入れることや、更には温湿度センサーと連携することで、アプリ上に室温なども表示させることだって出来ます。

つまりは、このホームアプリにIoT家電を登録することで、1つのアプリで全て家電を操作できるリモコンのような使い方ができるわけですね。

更にはこのアプリ(の仕組み)のすごいところは、ホームオートメーションという機能にあります。この機能は、決まった時間やセンサー、もしくは位置情報などを利用したトリガー(通知)を使って、家電同士を連携させることが出来るというものです。

ここでは時間を設定して、家電を操作するようにしている

これを使うことで、例えば以下のような家電の自動化を設定することも可能になります。

  • 決まった曜日・時間(朝6時/夜23時)に電気を点ける消す
  • 温度がXX度まで上がったら、エアコンをつける
  • 湿度がXX%以下なら加湿器をオン、XX以上なら換気扇をオン
  • 自宅に誰も居なくなったら、電気を消す
  • 帰ってきたら、電気を点ける

などなどと、組み合わせを増やせば増やすほど出来る家電自動化の可能性は広がっていきますね。

もちろん音声(Siri)で操作も出来る

リモコンとは言いましたが、Appleホームアプリに登録して実現するもう一つの大きな機能はこれですね。Siriで操作出来ることです。Googleであれば、Google Assistant、AmazonであればAlexaなどのように、SiriはAppleのもつ音声アシスタント機能の一つです。

Appleホームアプリとはネイティブで統合されており(デフォルトで使える)、ホームアプリ上で認識されたボタンに関しては全て音声で操作することが可能になっています。

例えば以下の動画のように音声で家具が操作できたりもします。

ただ複雑な命令にはSiriも対応できないので、あくまでもスイッチオン/オフや、温湿度の状況を確認する程度の機能になっています。でも、割り切って使っていけばいちいちアプリを立ち上げなくても、iPhoneに話しかければ、照明がついたり、テレビを点けたり消したり出来るのはなかなか面白いです。

対応機器は?

このような便利なAppleホームアプリですが、使い方としては先ずは何よりもAppleホームアプリに対応した家電を揃える必要があります。ホームアプリに対応した家電がどれなのかについてはAppleの公式ページにも纏められています。

Appleホームアプリに対応した製品には”Works with Apple HomeKit”のマークがついているのが目印です。

一覧を見てもらえればわかる通りに、正直日本の家電製品の対応はまだまだといったところです。欧米の製品や、中国の製品が多い印象です。但しAmazonでも一部購入できますし、Appleの公式ストアでも購入することが可能です。

また公式にはホームアプリに対応していないものも、Linuxやプログラミングの知識がある方であれば、”homebridge”と呼ばれるエミュレータのようなものを使うことでホームアプリ上から操作することも可能です。

スポンサーリンク

照明

照明で有名なのは、カラーLED照明などを揃えているPhilips Hueや

もしくは、スウェーデンでのおしゃれ北欧家具を販売するIKEAから出しているお手頃スマートホームTRADFRI

温湿度センサー

日本で手軽に入手できるという意味ではこれが一番手軽に使えるかもしれません。WebのAppleストアでも購入できるElgato社Eve homeシリーズ

あとはHomeKit対応ではないのですが、後述のhomebridgeを使用することでHomeKitに統合することができるものがあります。例えば、自宅が多機能観測所にできるNetatomoウェザーステーション

モーションセンサー

モーションセンサーとしては2種類あります。1つはセンサー単体でアクセサリとして機能するので、モーションセンサー自体はトリガーとして使って、他のHomeKit対応ものと連携させて使うもの。それとは別にHomeKit対応の家電専用のアクセサリとして使うもので、単体では使用しないものがあります。

前者のものは、まだあまり日本で買えるものが少ないんですが、一つはこのElgato社のEve motionになります。

後者の機能として使うのが、主に照明と連携するものですね。正直モーションセンサーで何を一番して欲しいかといえば、照明である場合が多いと思います。

一つ目は、Philips社のグラデーションLEDと連携するHue専用モーションセンサー。

もう一つがIKEAのスマート家電シリーズTradfriのワイヤレスモーションセンサーなどありますね。こっちは単体で買うよりも電球とセットで買うとかなり安く買うことも出来ます。

電源プラグ

電源プラグはHomeKitアプリから、電源毎にOn/Offできるものになります。これは使うことで、スマート家電に対応していないような家電であっても、スマート家電っぽく使うことが可能です。

この電源プラグを使うときに注意しなきゃならないのは、この機械はあくまでも電流を操作するだけなので、コンセントを刺した後に何か本体のボタンを操作するような、コンセントを刺すだけでは動作しない機器には使えないので、注意してください。

中国系の電源プラグではありますが、今回紹介しているもの以外にも三口タイプのものもあったりと、結構色んな種類が充実しているモデル、Koogeekスマートプラグになります。

その他にはElgato社の出しているEve エネルギーというものもあります。こちらのモデルではEve Homeアプリ上で電力量なと確認できたりもします。

赤外線リモコン

赤外線リモコンは、どれも基本的にはAppleホームアプリには対応していません。なので、専用アプリから操作するような作りになっており、各メーカーの設定がプリセットされているような形になっています。

但し、後述するhomebridgeを使えばこちらも同じくHomeKitアプリに統合することも可能です。

Nature Remo miniという家電コントローラーになります。こちらの製品は赤外線の機能の他に温湿度センサーや、照度センサーが組み込まれているので、アプリ上からこれらのデータを見ることも可能です。

Link Japan社から発売されているeRemoteシリーズになります。一番シンプル製品はeRemote miniになっており、気軽に赤外線リモコンだけ始めたいという方であればこちらが入門機としておススメかもしれません。

因みに同じものが海外版として発売されており、こちらの方が若干安めになっています。但し、アプリが日本語じゃなかったりするんですが。homebridgeにつなぐと割り切れればこちらを使うこともおススメです。

ヒーター

ヒーター機能をもつスマート家電ではデロンギ社のマルチダイナミックヒーターなどもあります。

スポンサーリンク

扇風機

扇風機との連携をしたHomeKit製品は、まだあまり少ないんですが、その中でもhomebridgeを使うことで連携することができるのが、ダイソンのPure Hot + Coolですね。

温風/冷風扇風機に加えて空気清浄機の機能まで持っています。これ自体に温湿度&空気質センサーが搭載されているので、homebridgeを使用してHomeKitに統合すればこれらのデータをiPhoneで管理することもできます。

ロボット掃除機

ロボット掃除機で有名なルンバもhomebridgeを使えば、HomeKitに統合することが可能です。但しアプリで操作できるWiFi搭載モデルではないと接続できないので注意してください。

どうすれば使えるの?

使い方はそんなに難しくはありません。Appleの公式ページでも紹介されているので、こちらも併せてご覧ください。

簡単に纏めると大きくは以下のような手順で進めていきます。先ずは前提条件としてHomeKit対応のアクセサリの電源を入れて、自宅のWi-Fiに接続されていることを確認しておいてください。

iPhone/iPadでホームアプリを立ち上げてアクセサリを追加をクリック

ホームアプリを立ち上げて、右上のアクセサリを追加をクリックするとQRカメラが起動するので、QRコードがある場合は、カメラで読み込んでください。もしくは直接番号を入力する方法でも大丈夫です。

こんなマークが機器本体もしくはパッケージに貼ってあるはず

アクセサリがiPhoneと同じWiFiネットワークに接続されていれば、これで問題なくアクセサリ追加が完了するはずです。もし上手くいかない場合は、WiFiルーターで複数のSSIDを持っている機種の場合は、アクセサリとiPhoneが同じSSID(2.4GHzもしくは5GHz)に接続するようにしてください。

またこういったHomeKit対応アクセサリは2.4GHzしか対応していないケースが多いので、5Ghzに接続しないようにしておく方が良いです。バッファローの場合は、Buffalo-G-XXXが2.4GHzのSSID、Buffalo-A-XXXが5GHzのSSIDにデフォルトでなっています。

Homebridgeとは?

ここまでAppleホームアプリはHomeKit対応のものでないとアクセサリ追加ができないと説明してきましたが、実は公式に対応していないものでもホームアプリに追加できる可能性があります。それがこのHomebridgeというソフトを使う方法になります。

実現には少しだけプログラミングの知識が必要になってくるんですが、Linux系OSの上にNode.jsと呼ばれるJavaScript系のコードで書かれているhomebridgeというソフトがGithubというコード公開サイトで公開されています。インストール方法は、Linuxを触ったことがある人であれば結構簡単に構築できます。

本サイトでも以下で色々な構築手順を纏めています。

このhomebridgeはGitHubで様々プラグインが有志により日々作成されているので、自分が持っている家電に関係するコードが公開されていないか見てみるのも面白いと思いますよ。本サイトでも面白そうなプラグインを発見したら、どんどんアップデートしていきたいと思っています。

最後に

今回はAppleのスマートホームアプリ、HomeKitについては紹介していきました。如何でしたでしょうか?因みに我が家では、照明は全てHomeKit対応にしていますし、テレビなどの赤外線リモコンもiPhoneで操作できるようにしています。

Siriで操作できるというのも便利ですが、何よりもホームオートメーション機能は便利ですね。毎朝電気を勝手につけてくれたり、家を出るときには照明を消してくれたりするので消し忘れなどもなくなりますよね。

スマートホームなんてまだ未来の世界なんて思っている方。もう手を伸ばせば実現できますよ、それ^^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Subscribe SNS

コメントを残す

*