iPhoneの電池の減りが異常に早いのでバッテリー交換しに行ったら断れた話。AppleCare+未加入の人は注意しよう!

ライフハックなアレコレ
スポンサーリンク

今回はiPhoneのバッテリー交換のことを書いていきたいと思います。

基本的に僕もAppleCare+は入る必要性を感じてないので、基本的にiPhoneを長く使うのであれば、バッテリー交換費用を払うことは致し方ないと思っているのですが、僕に起きた問題は「そもそもバッテリー交換を断られた」ということ。

実はApple Storeでバッテリー交換を拒否される事例があることを皆さん知っていましたか?

今回はそんなiPhoneのバッテリー交換に関することを書いていきたいと思います。

iPhoneのバッテリー問題

iPhoneって本当に優秀な端末ですよね。本体が古くても、iOS自身は常に最新にアップデートしてくれるわけなので、未だにiPhoneを4〜5年使う人も珍しくないと思います。

ただそんな時に皆さん同じように直面にしている問題が、「バッテリーがへたり過ぎて電池が減るのが異常に早い」という声です。

iOSでは「設定」>「バッテリー」の画面から、バッテリーの最大容量を確認することができます。これは一度に満充電した状態で、新品の時と比べてどれぐらいバッテリーがダメになっているかの指標となるものです。

一般的にこのバッテリーのへたり具合は、スマホの使い方(特に充電の仕方)によって個人差が出てくるものなんですが、WEB上の情報や周りの人の状況をみると大体以下のような感じになるんじゃないかと思います。

使用期間バッテリー最大容量
〜1年間100% ~ 95%
〜2年間95% ~ 85%
〜3年間85% ~ 75%
4年以上〜75% ~

個人的な使用感ですが、基本的にバッテリー残量が85%を下回ると、使用していてバッテリーの減りが加速していく気がします。

AppleCare+加入でも実質的に2年間でバッテリー交換できない

さて、たまに良く聞く「AppleCare+に入ってたからバッテリーを無料で交換してもらった!」的な話。

気をつけておきたいのが、例えAppleCare+に入っていたとしても、無条件でいつでもバッテリー交換をしてくれるというわけではないということ。

以下にAppleCare+でのバッテリー交換の注釈を引用します。

AppleCare+ for iPhone にご加入で、お使いの iPhone のバッテリーの蓄電容量が本来の 80 パーセント未満に低下した場合は、無償でバッテリーサービスを受けられます。場合によっては、お使いの製品を実機検査してバッテリーの問題の原因を調べる必要がありますので、あらかじめご了承ください。

つまりお分かりですかね?

AppleCare+の保証期間は購入から2年間のみです。つまり2年間の間にバッテリー残量が80%下回らない限り、AppleCare+を使用したバッテリー交換は実質的に利用できないんです。

僕の周りの人の状況をみても2年間の間で、バッテリー残量が80%を下回っている人というのは正直あまりいません。もちろん使用状況によって個人差が出るものなのですが、少なくとも言えることはAppleCare+の加入している全ての人が2年間の間にバッテリー無料交換できるわけではないということを知っておくべきです。

iPhoneのバッテリーの劣化を防ぐ習慣

iPhoneのバッテリーの保ちをなるべく長く維持するための方法を紹介します。

どれも普段の生活の中でついついやってしまいがちな習慣なんじゃないかと思います。

なるべくバッテリーを使い切ってから充電する

iPhoneを始めとするバッテリーはリチウムイオン電池は、約500回の充電サイクルを繰り返した場合には電池容量が60%まで下がるという電池特性があります。

電池残量90%から100%に充電しても、20%から100%に充電したとしても、これは全て1回とカウントされてしまいます。

つまりバッテリーの最大容量がまだまだ高いうちには頻繁に充電することは避けて、なるべくバッテリーを使い切ってから充電をする方がバッテリーの劣化を防ぐことはできます。

夜寝ている時に充電しないこと

上にも記載していますが、バッテリーの劣化を防ぐにはなるべく小まめに充電しないことなんです。

なので、「毎日夜寝る前にスマートフォンを充電してから就寝する」ことが習慣になっている人は要注意です。

500回というリチウムイオン電池の充電回数上限を考えると、毎日この充電を続けてしまうと「約1年半」でバッテリー容量が激減してしまう可能性があります。

充電しながらスマホを操作しないこと

またついついやってしまいがちなのが、スマートフォンを充電しながら動画をみたりしまうことです。

スマートフォンの充電中は、バッテリーも熱を発し負荷が掛かっている状態です。そんな状態で動画やゲームを同時に動かしてしまうと、さらにバッテリーに負荷が掛けてしまい、バッテリー劣化をさらに進めてしまう可能性があります。

Apple Storeでもバッテリー交換ができないケースがある

さて、バッテリーを劣化をさせてしまった場合は、そのまま騙し騙し使うこともできますが、常にモバイルバッテリーを持ち歩く生活をするようなことをしたくなければ、潔くバッテリー交換してしまうのが良いでしょう。

iPhoneのバッテリー交換費用

バッテリー交換は、Apple Storeで交換をお願いしましょう。もちろん個人や非正規で実施してくれるところもありますが、値段を考えれば正規以外で実施するメリットはありません。

以下が、AppleCare+に未加入の場合のバッテリー交換費用です。

iPhone のモデル保証対象外
iPhone X〜iPhone 127,400 円
iPhone SE
iPhone 6〜iPhone 8
5,400 円

意外に安いなというのが僕の印象です。

正直この値段だったら、AppleCare+なんて入らないで自費でバッテリー交換すればいいやと思ってしまいますよね。

パニックログが出ている場合には本体交換しか受け付けてくれない

そしてここから僕が陥った罠です。

当時バッテリーの減りが異常に早くなっていたiPhone Xを持って、Apple Storeに向かいバッテリー交換をお願いしたのですが、診断結果はなんと「iPhone本体自身の交換修理のみ」というものです。

7000〜8000円で交換できると思っていた僕には、全く予期してなかった問題でした。

なんでこういうことになっているのが、Apple Storeの修理受付の店員に聞いてみると、「パニックログが出ている場合には電池交換だけじゃ治らない可能性があるので、基本的には端末ごと修理/交換飲みしか対応できない」ということでした。

パニックログとは、「設定」>「プライバシー」>「解析および改善」で確認することができる、いわゆるiPhone内部のシステムログです。

このログの中で、問題となるがパニックログというもので、「panic-full-xxxxxx」という名前で確認することができます。

このパニックログはいわゆるカーネルパニックと呼ばれるシステム上の致命的なエラーが起きた時に作成されるログで、iPhoneが突然再起動したりする際に生成されるものです。

つまり何もしていないのにiPhoneが突然再起動をしたりする症状を出ている人には、パニックログが出ている可能性があり、このパニックログを出ている人は、基本的にバッテリー交換ができないと思った方が良いです。

因みに僕が店員に言われたのは「パニックログが3回出ている場合には、基本的に端末交換」ということらしいです。AppleCare+に加入している人にとっては、「ラッキー!新品だ!」となるかもしれませんが、未加入の僕にとっては想像以上の痛手にしかなりませんでした。

まとめ(あとがき)

さて、今回はiPhoneのバッテリー交換について書いてみました。

パニックログに関しては、本当に僕にとって大誤算で思わぬ出費になってしまったわけなんですが、そもそもバッテリーの劣化を防ぐように普段から気をつけないとならないですね。

ただでさえ、年々高額化していくスマートフォンなので、出来るだけ長く使いたいところですよね。

皆さんも是非お気をつけください・・・

セゾンカードデジタルならスマホアプリで最短5分でクレジットカードとスマホ保険が申し込めちゃう!

月額300円で、スマホを含むモバイルデバイス全てを携行品保険でカバーできるので、AppleCare+や損保系の保険と比較しても、コスパ最強のスマホ保険!!!

→セゾンカードの携行品保険を詳しく解説!

\ナンバーレスカードで最短5分で発行/
ライフハックなアレコレ モバイルIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

モバイルシステムエキスパート。某大手IT企業でエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました