0歳からの確定申告の仕方:特定口座での損失繰越控除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

子供の確定申告はやるべきなのか?

そもそも確定申告とは、所得税の調整という意味合いがあるので、そもそもの所得がない16歳未満の子供の場合は、調整する収入がないので、そもそも確定申告自体する必要がない

しかし今回のケースの場合は、確定申告した方が子供の税還付を受けることができることがある。それが株式での取引損が発生した場合だ。保護者が子供の口座で、子供の資産運用をした場合に、損失を出してしまった場合は、確定申告を行うことで、その後3年間での損失分の税還付を受けることができる。

株取引の損失繰越控除の方法とほぼ一緒ではあるが、手順を1つずつ紹介していきたいと思います。

今回の作業のまとめは、以下のような感じになります。

まとめ
・上場株式の損失のみを申告する
・その他、源泉所得は0のままで、何も申告しない
・ジュニアNISAでの損益申告はできない
・翌年度以降も確定申告しないと税還付されない

スポンサーリンク

事前準備

先ずは子供の確定申告に必要な書類等を整理します。

  • 本人確認書類(マイナンバーカードもしくは通知カード+保険証など)
  • 特定口座年間取引報告書

本人確認書類については、マイナンバーカードがあれば、両面コピーの提出でもいいですが、子供の場合、マイナンバーカードを作っていないケースがほとんどだと思います。その場合、通知カードの表面のコピーと、保険証の両面コピーで代用することができるので、そちらの方が簡単で良いかもしれませんね。

因みにマイナンバーカードを持っていれば、e-Taxでの申告も可能なので、作成するのも無しではないかなとは思います。

スポンサーリンク

特定口座年間取引報告書の取得方法

特定口座取引年間報告書については、証券会社から送付されてくるものですが、電子交付の設定をしている人であれば、証券会社のウェブページからダウンロードしていきます。

以下は大和証券の例になります。

あとはダウンロードしたものを印刷しておけば準備OKです。

また電子交付ではなく、郵送での設定にしている場合には、郵送で来たものを使えますのでこれは操作する必要はないですね。

因みに特定口座以外では、一般口座の設定をしている人もいるかもしれませんが、その場合は、全て手入力で記入していきます。

e-Taxで確定申告書を作成する

書類の作成は国税局のe-Taxで簡単に作成できますので、こちらを今回は使います。

国税電子申告・e-Tax

今回申告するものは、上場株式の損失のみです。源泉徴収票もありませんし、所得も0円ということになります。e-Taxでのフォーマットは基本的に会社から給与をもらっている人を対象に作られているので、少しわかりづらいんですが、要は損失だけ記載すればいいわけですね。

先ずは提出方法を選びます。今回はマイナンバーカードもないですし、ID&パスワードもないので、印刷したものを書面提出する方法で行います。

申告するものは所得税として選択します。

ここの区分では当てはまるものは何もないですが、フォーマットとしては「給与・年金の方」が使えるので、これを使います。もしくは一番右の「お分かりにならない方」を選んでもいいですが、色々選択するものが多くなるので今回は使いません。

所得の種類を選ぶところが出てきますが、何もチェックせずに「上記以外の所得(事業・不動産・配当など)がある方はこちら」をクリック。

以下の画面で「配当」をクリック。

ここで株式の譲渡益・配当・損失などを入力していきます。課税方法は、今回は「総合課税」を選択していますが、今回のような未成年で所得が0の場合は、「分離課税」でもどちらでもいいですが、損失を申告する場合には「配当等がない」を選択できませんので、こちらは選ばないでください。

そして「特定口座年間取引報告書の内容を入力する」を選択します。

ここは、事前準備で印刷した特定口座年間取引報告書の内容の通りに転記します。

そして最後に昨年からの損失繰越控除があったかどうかを選択し、ある場合は昨年の繰越金額を入力して、ない場合は「いいえ」を選んでおしまいです。


申告金額があっているかどうか確認したら、これで申告内容は終了となります。「翌年度以降に繰り越される上場株式などに関わる譲渡損失の金額」部分が、今年税金が還付される金額なりますので、得する金額というわけですね。

これで記入内容は終了となりますので、あとは名前・住所・マイナンバーなどを記入して、印刷、そして事前準備資料2点と一緒に税務署に提出すれば、確定申告は終了となります。

また来年度以降に譲渡損益が出た場合には確定申告をしないと、今回税控除として申告した分が還付されないので、来年以降忘れずにやっておきましょう。

ジュニアNISAでの損失は申告できない

一つだけ注意しなきゃならないのは、ジュニアNISA口座で損失を出してしまったパターンです。NISAでの特徴として、譲渡益が出た場合に税金がかからないということがあるんですが、デメリットとして譲渡益と損失の損益通算申告ができないということがあります。

これはNISA口座での譲渡益はないものとして見なされる一方で、損失についてもないものとして見なされるためで、今回のような繰越申告などは一切できないので注意してください。

あくまでも特定口座もしくは一般口座での取引損のみが申告対象になります。

最後に

今回は少し特殊なケースかもしれませんが、16歳未満の未成年で株取引で損失を出してしまった場合の確定申告になります。

税金はなるべく余計に払わないのが基本なので、子供の口座の分も忘れずに申告しておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Subscribe SNS

コメントを残す

*