Kyash 2%キャッシュバック終了。2019年10月1日からKyashポイント1%付与に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサーリンク

残念なニュースが出てしまいました。

当サイトでも度々取り上げていたKyashですが、2019年9月30日の利用分を最後に、2%キャッシュバックのサービスを終了させるということを発表しました。

代わりに2019年10月1日からはKyashポイントが決済金額の1%、リアルタイムに付与されるなります。

つまり実質2%から1%への改悪になってしまいました。

スポンサーリンク

主な変更点

主な変更点を紹介していきますね。

実質還元率の低下 2% -> 1%

一つ目は一番残念なところで実質的な還元率が下がってしまいましたね。LINEペイといい、モバイルSuicaへのチャージが対象外になったりと、こういった便利でお得なサービスは流行り過ぎるとなくなってしまうというジレンマが毎度起きてしまいますね。

スポンサーリンク

キャッシュバックからポイント制に

今までは、月の決済金額の2%がまとめてキャッシュバックされる仕組みでしたが、今後は決済した瞬間にリアルタイムに1%のポイントが溜まるような形になります。

良い意味で捉えれば、リアルタイムでポイントを使い切ることができるとも言えますが、Kyashのような汎用性の高いVISAカードの場合は、あまりメリットはないような気がしますね。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象であれば、実質最大6% (1% + 5%または2%)付与に

しかし一応、救済的な道も残されています。Kyash自体は改悪になるんですが、同日に政府の主導して始まるキャッシュレス・消費者還元事業が始まります。これはKyashとは関係なくもないんですが、Kyashに関わらず、対象の店舗で対象のキャッシュレス決済であれば、消費者還元ポイントというものがKyashポイントとは別に溜まるような仕組みになります。

この消費者還元ポイントというものは、Kyashとは関係なく溜まっていくものなのですが、ポイントの溜まり方に関しては、対象のキャッシュレス決済によって変わっていくらしいのですが、Kyashの場合は、対象の店舗での決済額の5%または2%がKyashポイントとして溜まる仕組みになっています。

対象の店舗とは?

このキャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗一覧については、経産省がリスト登録加盟店舗一覧を公開しています。(長文のため注意)

但し、これを見てわかる通りかなり見辛いですね。もう少し見やすくした方が良いのかもしれないのですが、使用する側からすれば次の方法で見極めた方が手っ取り早いかもしれませんね。

スポンサーリンク

キャッシュレス・消費者還元事業マーク

キャッシュレス・消費者還元事業の対象の店舗には、おそらく入り口もしくはレジの周りに以下のマークが表示されるはずです。このマークが表示されるお店であれば、5%または2%のポイント付与が追加されるので、積極的にKyashを使っていく意味はまだありそうです。

キャッシュレス・消費者還元事業マーク

高還元のクレジットカード

Kyashの還元率の埋め合わせとして考えられるのは、やはりクレジットカード自体の還元率を意識しないといけませんね。今もし0.5%程度の低い還元率のクレジットカードを使っているようであれば、この機械にクレジットカード自体の乗り換えも検討した方が良いかもしれません。

例えば、REXカードであれば1.25%の還元率で現在も提供しているので、もし今0.5%程度であれば、REXカードにあれば下がったKyash還元率ぐらいは補填できるかもしれませんね。

まとめ

今回はKyashの改悪サービスの内容と、対応策について整理していきました。最後にまとめると、以下2点で対応していくしか基本的にはなさそうですね。

  1. キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗を上手く活用する
  2. 高還元のクレジットカードに変更する

お得になって広まり過ぎると改悪になるのは、常ですから、仕方がないですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Subscribe SNS

コメントを残す

*

Translate »