マイナンバーカードが健康保険証になるらしいので、申し込んでみた。将来的には節税や医療費の削減に繋がるかも。

保険のこと
スポンサーリンク

2021年3月からマイナンバーカードが健康保険証になるって知っていましたか?

ただそもそもマイナンバーカードが健康保険証として使えたからとして、持ち歩くカードの枚数が減る程度なんじゃないかと思ってたんですが、実はそれ以外にも便利なメリットがあるんです。

マイナンバーカードが健康保険証になるメリット

では、簡単にマイナンバーカードが健康保険証になるメリットを解説します。

健康保険証を持ち歩く必要がない(限度額認定証、介護保険証なども不要)

1つ目はわかりやすいですが、健康保険証を持ち歩く必要がなくなることですね。これは正直当たり前なんですが、どちらかというもう1つの限度額認定証なども持ち歩かなくて済むことですね。

僕も今は病院や薬局に行く時は、保険証セット(健康保険証、医療証、お薬手帳)のポーチを持っていくことにしているんですが、これが一切不要になるのであれば、とても助かりますね。

但し、マイナンバーカードを健康保険証として使用できるのはオンライン資格を取得した医療機関のみになるそうです。そのためおそらく全国の医療機関がこのオンライン資格を取得して、専用のマイナンバー読み取り機器が配備されるのはまだまだ時間がかかりそうな気がします。

マイナンバーカードを健康保険証として取り扱えるのはオンライン資格を取得した医療機関だけ!すぐ健康保険証がいらなくなるわけではない。

転職してもずっとマイナンバーカードが健康保険証として使用できる

そして地味なメリットがもう1つ。マイナンバーカードが健康保険証になるので、会社からの支給されるものは使わなくてもよくなります。

つまり就職や転職時に健康保険組合が変わったとしても、マイナンバーカードだけを使えることになって、良いですね。

マイナポータルで処方された薬剤情報や検診記録が閲覧できる

そして次はマイナンバーカードを使用した医療機関であれば、そこで処方された薬剤情報や、検診記録などがマイナポータル上で確認できるようになります。

これはつまりお薬手帳は完全に不要になりますし、さらに今まで各医療機関が保持していた医療情報を個人が閲覧可能になり、さらにそのまま他の医療機関も閲覧が可能になるということになります。

これは本当に便利になると思っていて、わざわざ医療機関ごとに血液検査をする必要がなくなる!というような医療体制もそのうち来るかもしれませんね。

但し、おそらく初期の頃は特定検診記録のみとなっているので、通常の診察データなどはマイナポータルには保存されないことが予想されます。

  • お薬手帳の持ち歩きが不要に
  • 個人で薬剤情報や検診記録が確認できる
  • 医療機関で過去の検診記録が参照できるので、口頭で説明する手間が省ける

医療費の記録をe-Taxで連携して、確定申告がもっと楽に

そしてこれが結構便利というか今まで確定申告を億劫でやっていなかった人は便利になるんじゃないかという機能ですね。

マイナポータルとe-Taxを連携させることで、支払った医療費の情報をe-Taxに取り込めるようになります。詳細はどうなるかわかりませんが、2021年分の確定申告から対応することになるようです。

但し、ここでも注意したいのは取り込めるのはあくまでもマイナンバーカードを健康保険証として提出した医療機関のみです。そのため、非対応の医療機関があった場合には引き続き、手動で入力が必要になります。

おそらくしばらくは全クリニックがオンライン資格を取得して、専用端末を設置できるとも思えないので、完全にマイナポータルから全医療費情報が取り込めるようになるのは早くとも2022年以降になるんじゃないかと想像します。

利用には事前の申し込みが必要

さて、早速利用について試してみます。

マイナンバーカードを健康保険証として利用するには事前にマイナポータルが申請が必要になります。使用開始ができるのは2021年3月以降になるのですが、実は利用申請自体はもう実施することが可能です。

申し込みには、「ICカードリーダーが搭載されたもしくはUSBケーブルなどで繋がったパソコン(Windows、macOS共に可能)」もしくは「カードリーダー付きのスマホ」を用意する必要があります。→動作環境

iPhoneを使っている人はChromeは使えないのでデフォルトをSafariにすること

おそらくほとんどの方はパソコン用のカードリーダーなんて持ってないと思うので、スマホで申し込むのが一番簡単ですよね。

1点だけ注意して欲しいのが、iPhoneを使う場合には対応ブラウザがSafariを必ず使用するようにしてください。僕自身は基本Googleユーザーなのでブラウザもパソコンとスマホの両方をGoogle Chromeに統一させています。

しかしマイナンバーカード関連の手続きは基本的にiPhone環境下ではSafariしか対応していないので、もしデフォルトのブラウザをChromeにしている人は申し込み前にSafariに変更しておきましょう。

設定>Safari>デフォルトのブラウザAppから変更することが可能です。

因みに元に戻す場合には、設定>Chrome>デフォルトのブラウザAppから変更する必要があるので、注意してください。

申し込み手順

先ずは以下アプリをインストールしてください。

マイナポータルAP

マイナポータルAP

内閣府番号制度担当室無料posted withアプリーチ

アプリを開いて、健康保険証の利用申し込みをタップして、ブラウザを起動しましょう。その後、ブラウザで健康保険証利用の申し込みをタップしましょう。

因みにChromeだとここで動作環境のエラーが出ますので、必ずSafariをブラウザとして設定しておきましょう。

ここは手順通りに進め貰えばOKです。

あとは、マイナンバーカード受け取り時に設定した利用者証明用電子署名のパスワード数字4桁を入力し、その後マイナンバーカードをスマホのカードリーダーで読み取りましょう。

これで申し込みは以上になります。

利用開始自体は2021年3月以降になるので、あとは気長待つだけですね。

0歳児でもスマホで写真で撮ればOK

因みに新生児・乳児・幼児の医療証はどうなるかまだよくわかりませんが、少なくとも0歳からでもマイナンバカード自体は申請可能です。

但し、マイナンバーカードの一つの懸念点と言えば、写真です。小さな子供の顔写真って正直とても大きく変化しますよね?そもそも0歳児と2歳児でも別人なぐらい違うのに、写真を撮る意味があるかどうかはさておき、システム申請上は0歳児であっても写真さえ取れればOKです。

わざわざ子供をスピード写真のボックスで撮る必要もないですし、今はマイナンバーカードの申し込みは全てパソコンもしくはスマートフォンで完結することができるので、それでやっちゃいましょう。

写真には以下のような注意点もありますが、基本的に自宅の白い壁紙の前で写真を撮れば問題ないと思います。

むしろ問題は写真の間、子供が止まってくれるか方が大変ですよね。こればかりはお菓子/アニメなどで釣って、どうにか止まらせるしかないですね。

最後に:実際に利用できるのは2021年3月から順次

個人的には医療証を持っていたりするので、なんだかんだ結構病院に行くので、マイナンバーカードを保険証にしてくれるのであれば余計なカードが1つ減って嬉しい限りです。

但し、健康保険証→マイナンバーカードの移行期がなんだかんだ数年はかかるでしょうし、個人のクリニックなどでの導入は遅くなるんじゃないかと思われます。

そのため少なくとも2021年中はお試し的な使い方しかできないかもしれませんね。

しかし血液検査のデータなど、医療機関同士がこういったマイナポータル上でデータを参照し会えるのであれば、長い目で見れば医療の効率化を図ることができ、余計な追加の検査などがなくなるので、個人の医療費負担も減るんじゃないかと思われますね。

申し込み自体は簡単に1分もかからないので、是非皆さんもお試しあれ。

保険のことライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

モバイルシステムエキスパート。某大手IT企業でエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました