インターネットの仕組み。スマホでネットが見れる理由。

IT・通信
Photo by rawpixel on Unsplash
スポンサーリンク

ここでは普段皆さんが毎日使っているインターネットについて、そもそもなんで繋がるの?どう言う仕組みなの?っていうところを書いて行きます。

先ずはWikiってみますね。

インターネット: internet)は、インターネット・プロトコル・スイートを使用し、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、グローバルな情報通信網のことである。貼り付け元 

わからなくもないんですが、ちょっとわかり辛くないですかね?

よくインターネットとは『ネットワークのネットワーク』だとか、禅問答のような回答もあったり。そもそもインターネットという言葉自体が、インター=〜の間、ネット=ネットワークというものですから、どれも間違ってないんです。

でも流石にイメージしづらいと思うので、一般的に自宅でインターネットをする場合と、スマホでインターネットをするケースで考えてみましょう。

自宅でインターネットできる仕組み

パソコンがインターネットに接続するには、以下の順序で進んでいきます。

  1. ルーターとプロバイダサーバ間で接続認証を実施する (フレッツ光 PPPoE通信)
  2. パソコンにIPアドレス(住所のようなもの)に割り当てられる
  3. パソコンがURL(simple-was-best.com)をクリックする
  4. URLのIPアドレスを調べにいく
  5. IPアドレスに向けてページリクエストを投げる
  6. サーバから応答が帰ってくる

これを一つの図にしたものがこんな感じです。

あとは概念的に理解すればいいと思うんですが、プロバイダがインターネット接続のための入り口、URLは人間が理解しやすいように作ったあだ名のようなものです。ただあだ名だけでは、具体的な住所がわからないので、住所引きの機能がDNSというものです。

なんとなくわかりますか?もし私がインターネットとは?を記述するのであれば、

スイッチ、ルーター、サーバで構成される通信ネットワークの複合体

というかもしれません。

結局わかりづらいかもしれませんね。つまりはインターネットとは概念でしかなく、具体的なものがあるわけではないんですよ。ただ色んな機器が自分勝手なネットワークになってしまうと、それは繋がるネットワークにはならないので、みんなで共通のルールで通信しましょうと決めたわけですね。

そしてそのルールに従って様々な補足的な機能群が生れ、DNSサーバであったり、DHCPサーバであったり、NTPサーバCAサーバetcと書き始めたら、キリがないぐらいたくさんの機能が盛り込まれたわけですね。

細かいことを言い出すときりがなくなってしまうので纏めますが、一般的にインターネット(WEBページを閲覧する)ってなんだろうと思うときには、IPアドレスを持った機器と、情報を持ったサーバとの通信と思ってもらえば十分です。

スマホでインターネットできる仕組み

スマートフォンでインターネット接続する場合には、また少し手順が変わりますが、根本的なところは一緒です。最初のプロバイダとの接続部分が変わるだけです。

  1. スマホでLTEにキャンプオン(エリアにはいる)
  2. スマホが設定されたAPN(Access Point Name)のサーバにアクセスする
  3. コアサーバ(PGW)から、IPアドレスが付与される
  4. スマホでURL(simple-was-best.com)をクリックする

以降は同じです

少し言い方や、動きが違いますが、要はIPアドレスを誰から貰うか、どうかの違いですね。

因みにスマートフォンで正しくインターネットができる状態になったかどうかを確認するには、アンテナの右に以下のマークが見えるかが一番簡単な方法ですね。ここに何もマークが見えない場合は、電話のみが出来る状態です。

もう一つの方法は、ちょっと難しいかもしれませんが、以下のようなアプリを使って詳細な状態を見ることも可能です。

‎Network Analyzer
‎Network Analyzer is a lite version of Network Analyzer Pro - an advanced tool for network diagnostics, LAN scanning and problem detection. Network Analyzer ca...

Webページが見れるとは共通言語のやりとり

ここまで主にどうやって端末がインターネットで出れるのか書きましたが、IPアドレスを取得後には、サーバとクライアント間の通信になります。

ここを説明するには、色んなケースがありすぎるので、簡単に書きますが、共通の言語を使ってデータをやり取りすることで、ページそのものをやり取りせずに、お互いにデータを見ることができます。

少し長くなりましたね。ちょっとここの章では、なんとも説明し切れないのでまた別の機会に。

では。

IT・通信
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
『小学生と親が楽しむ初めてのプログラミング』さくら舎・公式サイト
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事を書いた人

モバイルシステムエキスパート。某大手IT企業でエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/