楽天モバイルの端末保証サービス「スマホ交換保証プラス」がいらないので解約する。回線契約とは別なので解約忘れに注意。

お金のサービスのこと
スポンサーリンク

本記事は、楽天モバイルの端末保証サービス「スマホ交換保証プラス」の解約について書いています。

こういったオプション系のサービスは、ついつい契約時に入ったままにしていて忘れてしまっている人もいるんじゃないでしょうか?

正直「スマホ交換保証プラス」はコスパが良い保険とは言いづらいので、もし加入したままの人はこれを機会に契約を見直しましょう。

スマホ交換保証プラスのサービス内容は?

スマホ交換保証プラスとは、楽天モバイル回線を契約時に、同社の販売するスマホ端末を同時購入した場合にのみ、加入できる月額650円の端末保証です。

スマホ交換保証プラスのサービス内容を解説していきます。

故障の時は同じ機種に交換できる

保証内容は、一般的にスマホ保険とそこまで変わりません。

破損・全損・水濡れなどによる故障、さらには盗難・紛失などの事由が発生した場合に、スマホ交換保証プラスに加入していれば、新品同等(リフレッシュ品も含む)の製品と交換してもらうことが可能です。

最短で受付当日で交換できる

また全てがネット受付で完結するので、12時までに交換を申し込んだのであれば、場所によっては当日中に交換品が届きます。

対象地域は、東京、神奈川、千葉、埼玉ですが、それ以外の地域も一部対応しています。

どんな機種でも6000円で交換できる

そしてどんな機種でも、購入価格を問わずにともかく一律6000円で新品同等品に交換してくれます。

個人的には一律6,000円が安いのかどうなのかの疑問は湧きますが、例えばRakuten BIGであれば、購入価格が6万弱することになるので、10分の1で新品にできると思う一方で、Rakuten Miniなどの2万程度で購入できる安い端末であると、6000円という値段は少し高めな印象です。

楽天モバイルで購入した端末しか加入することはできない

注意したいのは、楽天モバイルの販売している端末を購入した時にしか加入できないので、回線契約だけして手持ちのスマホを使うような場合にも使えません。

スマホ交換保証プラスの解約方法は?

スマホ交換保証プラスの解約方法は、「my 楽天モバイル」のページに行っていただき、トップページ にある「スマホ交換保証プラス」から解約することが可能です。

「my 楽天モバイル」はWEBからでも、スマホアプリからでもどちらでもアクセスすることができます。

これで解約手続きは終了です。

スマホ交換保証プラスの解約時の注意点

解約時に注意しておきたいポイントだけ抑えておきましょう。

月の途中で解約した場合は日割計算

月の途中で加入または解約した場合は、月額利用料が日割りでの請求となります。

例えば15日までに解約した場合には、15日分の料金、約325円だけ請求されます。

楽天モバイル回線契約を解約しただけでは、スマホ交換保証プラスは解約されない

楽天モバイル自体の回線を解約しようと思っている人で、「スマホ交換保証プラス」を契約している人は、回線契約を解約しただけでは、端末保証は解約となっていないので注意してください。

スマホ交換保証プラスは、回線にかかっている保険ではないので、例え楽天モバイルを解約したとしても契約が続いてしまい、解約後も請求されてしまいます。

楽天モバイル自体を解約する人は、忘れずに解約しておきましょう。

国際通話かけ放題オプションは日割りしない

また楽天モバイルで契約しているオプションサービスについては、基本的に全て日割計算ができますが、「国際通話かけ放題」オプションに関しては日割計算してくれずに、満額請求となってしまうので、注意しましょう。

端末保証なら携行品保険がオススメ

楽天モバイルの保証は月額650円で加入できて、事故都度6000円払えば、新品同等品に交換できるというサービスですが、正直あまりコスパが良いとは思えません。

個人的にオススメなのは携行品保険を使った、スマホ保険の方法で、1台ずつ保険をかけるというよりも、「携行品=外出時に持ち歩く全ての機器」に保険をかける方がよっぽどコスパが良いです。

スマホ端末保証プラス携行品保険(セゾンカード)
月額費650 円300 円
自己負担6,000 円1,000 円
保証端末1台基本的には無制限
(1事故当たり10万円)

スマホを持つ3人に1人は、過去にスマホを故障させた経験があると言われていますし、決して安くないスマートフォンになんらかしかの保険をかけておくというのは、良い選択肢じゃないかと思います。

セゾンカードデジタルならスマホアプリで最短5分でクレジットカードとスマホ保険が申し込めちゃう!

月額300円で、スマホを含むモバイルデバイス全てを携行品保険でカバーできるので、AppleCare+や損保系の保険と比較しても、コスパ最強のスマホ保険!!!

→セゾンカードの携行品保険を詳しく解説!

\ナンバーレスカードで最短5分で発行/

まとめ(あとがき)

今回は、楽天モバイルの「スマホ交換保証プラス」の解約方法について解説してみました。

こういったキャリアのオプション系サービスはどれもあんまりコスパが良いとは思えないので、ちゃんと定期的に見直して、使わないもの、コスパの悪いものは解約してしまいましょう。

では、みなさんご参考あれ。

お金のサービスのことライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

モバイルシステムエキスパート。某大手IT企業でエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました