SwitchBot(スイッチボット)シリーズレビュー。誰でも簡単にスマートホームが実現できるデバイス。

その他
スポンサーリンク

「スマートホームって最近よく聞くんだけども、どれも難しそうでよくわからない。どれにすればいい?」

そういう風に聞かれたら、私が今オススメするのはSwitchBotかもしれません。

 Taka

この記事を書いている人】

照明、扇風機、空気清浄機、エアコン、テレビ、掃除機とありとあらゆるものを自動化させてきました。

家中の家電をスマートデバイス化し、今ではスマホで操作できない家電がなくなってきました。

今市場には本当にいろいろなスマートホームデバイスがあるので、どこから始めればいいのか悩んでしまうと思いますが、今から揃えるのであれば、バラバラに買うのではなくある程度シリーズでまとめる方がその後の自動化が設定しやすくなると思います。

それでは早速始めていきましょう。

SwitchBot(スイッチボット)シリーズとは?

SwitchBotとは、様々なスマートホームデバイスを販売する中国発のスマートホームメーカー、Wonderlabs社が手がけるスマートホーム デバイスのブランド名称になります。

元々は、SwitchBotというボット製品だけを販売していたメーカーだったのですが、現在はボット製品だけでなく、赤外線リモコン、カーテン、プラグ、各種センサーなど、シリーズの製品だけで家中の家電が操作できるようになっています。

個人的には、唯一SwitchBotシリーズにない、照明(LED電球)が揃えば本当にスイッチボットだけで、スマートホームが作れてしまうのではないかと思っています。

もちろん今のままでも、壁スイッチを直接ボットが操作できるようになっているので、実質的は実現できているかもしれませんね。

SwitchBot(スイッチボット)シリーズの製品ラインナップ

それではスイッチボットシリーズの製品ラインナップについて1つずつ紹介していきます。

SwitchBotボット

先ずはスイッチボットと言えば、これというような製品です。SwitchBotボットです。

少し変な名前になってしまっていますが、要は指ロボットと言いますか、単純な物理ボタンを押してくれるロボットになります。

かなりシンプルなデバイスなのですが、その用途は無限大。

ガレージのドアを開けたり、お風呂のスイッチを押したり、コーヒーポットのボタンを自動化させてみたり、ルンバの上に乗せてボタンを押させてみたりと、使い方はあなた次第です。

マンションのオートロックをSwitchBotボットの複数組み合わせて、操作するなんて強者もいましたね。

SwitchBotハブミニ

次はSwitchBotハブミニです。

一つ前のモデルが、SwitchBotハブという名前で、一回り大きいデバイスだったので、それよりも小さなデバイスということで、「ハブミニ」 という名前になっていました。

しかし今では、「ハブミニ 」のみが販売されているので、今でもミニという名前が残っています。

単体としては、赤外線リモコンとして動作するので、スマートホームに対応していないテレビやエアコン、扇風機であっても、赤外線信号をハブミニ に記憶させることで、ハブミニ から操作できるようになります。

さらにハブミニは、SwitchBotシリーズ全体の「インターネットハブデバイス」になっており、ハブミニ を経由することで、インターネットからデバイスを操作することが可能になります。

それ以外にもスマートスピーカーとの連携に関してもハブミニが連携しており、まさにSwitchBotシリーズを100%使いこなすには必須のデバイスとも言えますね。

SwitchBot(スイッチボット)ハブミニでテレビやエアコンを遠隔操作。オススメのスマートホーム入門機!
...
\最大P43.5倍!お買い物マラソン開催中!/
楽天市場で探す

SwitchBotプラグ

こちらはいわゆるWi-Fiプラグ(コンセント)になります。スマートプラグというジャンルになるかと思います。

こちらも動作としてはとてもシンプルで、電源タップとケーブルの間にSwitchBotプラグを差し込んで、電流を遮断するか、流すかを遠隔で操作することが可能です。

あとできることとしては、消費電力量を確認したりすることができるぐらいで、作りとしてはとてもシンプルです。

そのため自動化できるデバイスとしては、物理的な電源ケーブル抜き差しで動作する加湿器や扇風機、照明器具になるかと思います。

SwitchBot(スイッチボット)のスマートプラグでエアコンの消費電力を見える化!
...

SwitchBotカーテン

SwitchBotシリーズの中で、ボット・ハブミニに次いで人気なのが、このSwitchBotカーテンになります。

というのも国内でスマートカーテンのジャンルで販売されているスマートデバイスがとても少なく、お手軽な値段で後付けで自動カーテンにできるのが、SwitchBotカーテン含めて数個しかない状況です。

その中でもSwitchBotカーテンは製品として、製品単体としても優れているだけでなく、シリーズを通した連携がとても心地よいデバイスになります。

SwitchBot (スイッチボット) で自動開閉するスマートカーテンに変身!
...

SwitchBotソーラーパネル

SwitchBotカーテンとあわせて検討したいのが、ソーラーパネルになります。

SwitchBotカーテンは基本的に、内部の充電バッテリーでフル充電の状態で約8ヶ月動作することがで切るのですが、電池がなくなった場合にはUSBケーブルで都度充電してあげる必要があります。

ソーラーパネルを併用すれば、太陽光で常時充電することができるので、ケーブルの充電の煩わしさから解放されますね。

SwitchBot加湿器

個人的に一番気になっているのが、SwitchBot加湿器になります。

そもそもスマート加湿器というジャンル自体あるのかないのかよくわからないのですが、一般的に加湿器を自動化しようとすると、物理ボタンをひねるだけで動作するような激安加湿器に、スマートボットやスマートプラグを連携させて使うことが多いのですが、正直あんまり惹かれませんでした。

そんな時に待望のスマート加湿器が、SwitchBotから販売されたわけですね。

スマート加湿器さえあれば、部屋の湿度と連携して、冬などは常に最適な湿度を保ってくれるというわけです。

SwitchBot (スイッチボット)のスマート加湿器で部屋の湿度を自動調節!
...

SwitchBot屋内カメラ

こちらはSwitchBot屋内カメラになります。

屋内向けにカメラの使い道を考えた時に、おそらくペットモニターもしくはベビーモニター になることがほとんどなんじゃないかと思います。

あとは高齢の家族を見守るという時かなとは思いますが、使い方を間違えると家族の盗撮になってしまうので、そこは気をつけたいですね。

但し、防犯用として玄関の入り口につけたりするのは、便利かもしれません。

SwitchBot(スイッチボット)屋内カメラをレビュー!防犯カメラ/ベビーモニターとして使える!
...

SwitchBotリモートボタン

次はSwitchBotリモートになります。

こちらはいわゆるリモコンになります。スマートホームといえば、全てが自動化されていて、「スマホがあれば十分!」と思ってしまいますが、意外とリモコンがあるかないかはその後の快適さが違います。

小さいリモコンを壁で貼っておけば、スマホを取り出すよりも早く操作できますよ。

SwitchBot温湿度センサー

こちらは、温湿度センサーになります。

センサーはこれ単体だと正直何もできないというか、数値が見えるだけですね。温湿度センサーは、SwitchBotカーテンやSwitchBot加湿器、ハブミニの赤外線リモコンと連携させて使うことで、より便利な家電の自動化を実現することができます。

値段もそこまで高くはないので、各部屋に1つずつ温湿度センサーを置いておいて、ある程度温度が上がったらエアコンをつけるなんて使い方も便利だと思います。

スマホで手軽に温湿度を確認するならSwitchBot(スイッチボット)温湿度計!
...

SwitchBot人感センサー

人感センサーは使い方によってはとても便利なデバイスです。

我が家では、廊下の天井に人感センサーをつけておいて、廊下を人が通るたびに照明を操作させるようにしています。そして人がいなくなったら照明を消すと、完全自動化された廊下照明になるわけですね。

SwitchBot(スイッチボット)の全センサーをレビュー!(温湿度/人感/開閉)シリーズデバイスと組み合わせて自宅を自動化!
...

SwitchBot開閉センサー

開閉センサーは、ちょっと扱いが難しい製品かと思っています。

玄関に設置しておけば、ドアが開いたことが認識できるので、人の出入りがわかるようにも思えますが、このセンサーで感知できるのはドアの開閉であって、人が出ていったかどうかではないのです。

そういう意味で、人感センサーなのか、開閉センサーなのかというのは、使用する場所を選ぶことになると思います。

SwitchBot(スイッチボット)の全センサーをレビュー!(温湿度/人感/開閉)シリーズデバイスと組み合わせて自宅を自動化!
...

SwitchBot LED電球

SwitchBotシリーズでは待望のLED電球デバイスになります。

今まで照明のカテゴリに位置する製品がなかったのですが、今回ついに発売されました。

ジャンルとしてはいわゆるWi-Fiライトに近いのかと思いましたが、なんとBluetoothも搭載されているので、Wi-Fiでありがちな不安定な操作になることもありません。

SwitchBotシリーズの多様なセンサー類を組み合わせて使うことで、一気に自宅をスマートホームが出来る、そんなデバイスです。

まとめ

今回は、有名スマートホームデバイスメーカーのSwitchBotシリーズをレビューしてみました。

各デバイスについては、それぞれレビュー記事にて詳細に説明していますので、是非そちらも確認してみてください。

我が家もスマートホームデバイスだらけになってきており、スマホで操作できない家電がないぐらいの状態になってきましたね。

それでは皆さんも是非快適なスマートホームライフを楽しんでみてくださいね。

お得にAmazonでお買い物!

Amazonでお買い物するならAmazonギフト券を現金でチャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%のポイントがつきます。(クレジットカードは対象外)

詳しくはコチラ

その他スマートホーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

モバイルシステムエキスパート。某大手日系SIerでエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました