Abemaプレミアムプランを実質「無料」で契約する方法。

お金のサービスのこと
スポンサーリンク

VODサービスの中でも、少し特徴のあるのがAbemaTVです。

映画やドラマ、アニメが観れるのはもちろんなんですが、それよりもAbemaオリジナルのバラエティ番組があるのが、面白いところですね。あの番組を見るにはAbemaでしか観れないというもどかしい気持ちをした人は他にもいるのではないでしょうか?

ただ他のVODと同じように、AbemaTVは月額でお金がかかるコンテンツが多いので、なんとかしてお得にできないかと思う人もいるかもしれないのですが、今回はそんなAbemaプレミアムを実質的に無料で契約する方法を紹介してみたいと思います。

Abema TVとは?

Abema TVとは、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資して設立された「株式会社ABEMA TV」が運営するVOD(ビデオオンデマンド)サービスになります。

また「給与明細」「妄想マンデー」などの人気の高いオリジナルコンテンツが多いのも特徴の一つです。

プレミアムプランとベーシックプランの違い

Abema TVは、他のVODサービスと違って、コンテンツには実際のテレビ朝日のニュースなども含まれており、基本的には無料で視聴することができます。

但し無料版の場合には、見れる作品に制限があったり、広告が入っていたり、操作性などに違いがあります。

ベーシック(無料会員)Abemaプレミアム(有料会員)
料金無料月額960円(税込)
Abemaテレビの番組25ch見放題25ch見放題
プレミアム限定作品×
Abemaビデオの見逃し動画一部無料すべて見放題(一部対象外あり)
広告(CM)ありなし
追っかけ再生×
ダウンロード機能×
放送後の番組コメント閲覧×

この中で特にAbemaプレミアムに入りたいと思えるのは、やはりAbemaプレミアムでしか視聴できない限定作品が一番のポイントかと思います。

Abemaでんきの契約でAbemaプレミアムプランが実質無料に

そんなAbemaプレミアムですが、Abemaでんきを一緒に契約することで、Abemaプレミアム分の料金を無料とすることができます。

Abemaでんきとは、グランブルー社(旧ひまわりでんき)が運営する電気プランになります。電気料金自体は実は大手電力会社と比べると、実はなんと年間3,000円以上高くなってしまいます。

但し、Abemaプレミアム自体が月額960円(税込)となるので、年間にすると11,520円も浮いてしまいます。そのため、電気料金と合わせれば、結果的に8,000円以上もお得に電気も映画も観れるということになります。

Abemaプレミアムプランで何が観れるの?

VODサービスの中では、比較的マイナーなAbemaTVですが、ここではAbemaTVの特徴について紹介したいと思います。

Abema限定のオリジナルコンテンツが多い

Abemaの1番の特徴は、やはりオリジナルコンテンツが他のVODと比べても圧倒的に多いです。

もちろんNetflix限定の映画やドラマはあると思いますが、AbemaTVの場合はどちらかというと、人気芸人が出演するバラエティのオリジナルコンテンツが多い気がします。

というのもAbemaTVは、サーバエージェントとテレビ朝日とタッグを組んで作っている「テレビ」になるので、他のVODが映画やドラマ、アニメなどに強いのに比べて、AbemaTVの場合は地上波番組と連携して、未公開シーンを配信したり、オリジナルバラエティ番組を作成していたりしています。

そのため、ともかく映画が観たいという人よりも、あの芸能人の番組を観たい!地上波じゃ観られないこんな番組を観たい!という人にオススメのVODになると思います。

AbemaTV 人気バラエティランキング
  1. しくじり学園
  2. 給与明細
  3. The Night
  4. チャンスの時間
  5. フリースタイルティーチャー

AbemaTVの口コミと評判

ここではAbemaTVの口コミと評判をまとめています。

まとめ

今回はAbemaプレミアム分の費用を実質無料で利用できるAbemaでんきについて書いてみました。

AbemaTVはやはり魅力的なバラエティ番組が多いのが良いですよね。どれもこれもAbema限定のコンテンツなので、そこが他のVODにはない面白さに繋がっているかと思います。

普通に契約すると、月額960円と少々高額なので、やはりこういった絶対払わなきゃならないものとセットで契約することで、お得に視聴できるとも言えますね。

それでは、皆さんも是非参考あれ。

お金のサービスのことライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

モバイルシステムエキスパート。某大手日系SIerでエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました