Amazonプライムのおトクなサービスを紹介!Amazonでの買い物が多いなら是非検討してみたい

家事子育てのこと
スポンサーリンク

Amazonで普段買い物をしている人なら一度は検討したことがあると思うAmazonプライムについてのワタシの使い方について紹介してみたいと思います。

Amazon Prime(プライム)自身は、実は最初は入っていなかったんですよね。それが何かのキャンペーンを機会に加入するようになって、それから使い続けているような感じです。

Amazonプライム自身は有料サービスになるんですが、では実際のところどの程度の価値が得られて使い物になるのかというところを、実体験を基に紹介してみたいと思います。

Amazonプライムとは?

先ずはそもそもAmazonプライムとはなんなのかを簡単に紹介していきますね。

項目会費
Amazon Prime年額4,900円(税込)または月額500円(税込)
Amazon Prime Student (学割)年額2,450円(税込)または月額250円(税込)

Amazonプライムとは、ECサイトのAmazonが提供する有償のサブスクリプション(有料会員サービス)です。では、加入するとどんな特典があるかというと、本当にたくさんのAmazonのサービスが使用できるようになります。例えば、有名なところでは「Prime Delivery 配送特典」ですね。通常2,000円以上同時に購入しないと配送料がかかってしまうんですが、こちらがどんなに少額でも配送無料(一部例外有り)になったり、当日配送ができる「お急ぎ便」が無料で指定できたりします。

その他にもAmazonが運営する以下サービスを利用することができるようになります。(一部は追加料金有り)

  • Prime reading
  • Prime Video
  • Prime Music
  • Prime Wardrobe
  • プライム会員限定セールへの参加(プライムデー)
  • Amazonファミリー
  • Amazonパントリー
  • Amzonフォト

ただ、こんなに合っても実際のところ使い切れるのかというと、正直ワタシはなかなか使い切れていません。但し、その中でも便利だなと思って普段使っているものをここでピックアップしておきたいと思います。

僕の普段使いで感じる厳選お得サービス

ここからは僕が普段から使っていて、とても便利だと感じているサービスを厳選して紹介していきます。

【Prime Delivery】配送オプションが全て無料:お急ぎ便・当日お急ぎ便・マケプレお急ぎ便・日時指定

先ずは何よりもこれですよね。Amazonプライムの代名詞とも言えるサービスが配送特典サービスになります。

いつの間にかPrime Delivery(プライムデリバリー)というサービス名が付くようになったみたいですが、特にサービス内容は変わっていません。

配送オプション一般会員*1Prime会員
通常配送料(¥2,000未満)410円0円
通常配送料(¥2,000以上)0円0円
お急ぎ便510円0円
マケプレお急ぎ便カテゴリによる0円
日時指定510円0円
*1: 北海道、離島は更に追加+40円

Amazonプライムに入る前は正直2,000円以上にすれば、配送料は無料だからある程度買いたいものを貯めてから購入するような形にしていました。しかしAmazonプライムになってからというもの、「Amazon = 我が家の倉庫」のようなレベルで金額も気にせずポチポチ購入できる感覚というものを味わえます。

これは、楽天市場やYahooなどの他のECサイトとは一線画すものだと、個人的に感じており、以下にAmazonが購入してから配送する前の購入体験というものを重要視しているかがわかりますね。楽天などもポイントなども付くものの、やはり個人商店の寄り合いのような印象が強く、購入ボタンを押してからは販売店任せのようなやり方が、購入体験を阻害していると感じています。

その点、Amazonプライムであれば、本当に購入から配送までの流れが自然にワンストップになっており、ついついポチってしまうという気持ちになりますね。(Amazonの策略でしょうが)

【Prime Video】限定ドラマはもちろん、子供向けコンテンツも充実

次に我が家でオススメなのは、Prime Videoです。

このスクリーンショットを見てくれれば分かる通り、完全に子供に乗っ取られていることがわかりますね(笑)

個人的には、やはりPrime Videoでの1番の使い道は子供向けのジャンルだと思っています。大人向けの映画なども有りますが、邦画の比率が多かったり、そこまで最新のものがなかったりと、どちらかというとドラマのコンテンツの方が充実しています。

僕は正直あまりドラマを見ないので、ここら辺刺さってないんですが、ドラマをよく見る方であれば十分大人でも楽しめるものになっていると思います。

【Prime day】限定セールはApple製品も対象!買いたいものは事前にチェック

Amazonプライム会員になったのであれば、是非参加して欲しいのが、年1回開催されるプライムデーですね。これはPrime会員限定のセールになっており、Amazonが扱う商品の多くが、普段よりお得に購入することができるようになっています。

更にこのセールの対象製品が結構幅広くて、パソコンもあれば、普段値引きをしないApple製品も含まれていたりと、かなり魅力的な限定セールになっています。

またその他にも不定期にAmazonタイムセールなどが開催されており、こちらは一般会員の参加できますが、Prime会員向けには一般会員よりも先に購入できるなどの特典が含まれています。

【Amazon ファミリー】オムツやおしりふきが15% OFF

子育て世代に嬉しいサービスがAmazonファミリーですね。

Amazonファミリー自体は特にプライム限定のサービスではないんですが、その中でもおむつ・おしりふきの「定期おトク便」という購入の仕方をすると、これらの商品の価格が15%OFFになるというものです。

正直小さな子供がいる家庭ではオムツとおしりふきは毎日使うものです。またスーパーなどでも購入はできますが、一つ一つのサイズも大きいので、荷物としてかさばります。Amazonで定期購入にしてしまえば、そういった配送の手間も無くなりますし、何よりも値段がスーパーよりも安いんです。

これは子供のいる世帯には本当にオススメです。因みに我が家はオムツとおしりふきの両方定期便で購入しています。

これらは一度に買いすぎて困るかもと思う人もいるかもしれませんが、おしりふきなどは要はウェットティッシュですから、防災備蓄としての活用もできると思いますので、箱で購入したとしても全く無駄にはならないと思います。

Amazon Primeだけでは物足りないサービスも

さて、ここまではAmazon Primeは良い点ばかり紹介してきましたが、もちろん悪い点(いまひとつな点)も説明しておきたいと思います。

入った後にまさかこんなだったとなるのは嫌ですしね。

【Prime Music】無料で聴ける音楽の量が少ない

上のPrime musicのトップページ を見て貰えば分かる通り、正直Prime musicは無料で聴ける曲数がかなり少ないです。

また無料で聴くことのできる音楽の多くは洋楽になっており、邦楽のコンテンツはそもそもの量が少ないというのが実情です。もちろん単純に作業BGMのような使い方をするのであれば、これでも無しではないかもしれませんが、本格的に音楽をガッツリ楽しみたいという方は、Amazon Music Unlimitedを別途契約する必要が有ります。

【Prime reading】無料で読めるコンテンツが少ないので、本格的に読みたいならKindle Unlimitedにするべき

次はPrime readingになるんですが、こちらもPrime musicと同様に読み放題になっているコンテンツがかなり限られているため、Prime readingを読みたいからAmazonプライムを契約しようと思えるような内容にはなっていません。

しかしいくつかの漫画か、本などはそれでも読めるものもあるので、あくまでもオマケ的な位置付けだと思っていた方が良いでしょう。

基本的にAmazonでガッツリ本を定額で読み放題にしようと思った場合には、Kindle Unlimitedがそのサービスの位置付けとなるので、そういう使い方をしたい方は別途契約する必要が有ります。

「楽天マガジン」「dマガジン」「Kindle Unlimited」「読み放題プレミアム by ブック放題」の違いとは?:選ぶポイントの徹底比較と掲載雑誌一覧【2020年11月版】
最近雑誌をめっきり読まなくなってしまっているんですが、勿論雑誌を読む時間がないって言うのもあるんですが、一番雑誌系で面倒なのって、読んだ後に結構ゴミになることじゃないですかね?単にゴミ置場に捨てるだけなんですが、折角1冊500~7...

【Amazon Photos】未来永劫使い続けるなら選択肢としては有り

そして最後にAmazon Photosになります。

正直無制限のフォトストレージと聴くと確かに凄いです。今はいろいろなクラウドドライブが出ていますが、大抵そこそこのお値段がするものなんです。しかしそんなクラウドストレージが容量無制限に使えて、かつAmazon Primeに無料で付いてくるわけですから、確かにやばいです。

しかしこれは好みもあるかもしれませんが、クラウドストレージに将来ずっと保管し続けることが果たして可能なのかというと、正直僕は疑問に思います。クラウドストレージはあくまでも一時的な保管場所という位置付けであって、やはり最終的に物理的なデバイスに保管して置く必要が出てくると思います。

そういう意味で、僕はあまり使っていないサービスの一つです。但し、上記にも書いた通り、一時的に保管するようなスペースとしては引き続き有用だと思いますので、そこは評価できる点だと思います。

その他のお得なサービスも

そしてその他にもAmazonプライムで知っておきたいポイントがあります。

学生ならPrime StudentでAmazonプライムと比べて50%以上お得に!

日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校に通う学生であれば、是非Prime Studentを試して欲しいと思います。

要はこれは学生割引きのようなもので、Amazonプライムと同じサービスを受けることができるのですが、料金がほぼ半額になります。

項目AmazonプライムPrime Student
年払い4,900円2,450円
月額払い500円250円
無料期間1ヶ月6ヶ月

因みに同じサービスと言いましたが、正確にはPrime Studentは本や日用品の購入が10%〜15%OFFになる特典がついてくるので、Amazonプライムよりもお得なサービスになっています。

しかも無料期間が6ヶ月もあるので、正直学生の間に6ヶ月だけ使ってみて、使わないなと思ったら解約してしまえばいいんです。途中で解約したとしてもその後と6ヶ月はちゃんとPrimeサービスが利用できるので、とりあえず学生ならPrime Studentを使ってみることをオススメしたいですね。

同居する家族ならAmazonプライムサービスを最大2人まで利用可能

そして最後になりますが、意外と知られていないのが、Amazonプライムの家族での共有化です。

全てのサービスではないんですが、例えば配送特典や、プライムデーなどの主に買い物に関するサービスは会員登録した本人のほか、同居のご家族2人までが家族会員として一緒に使用することが可能になっています。

詳しくはAmazonプライム家族会員に記載されています。

最後に

如何でしたでしょうか?

今回はちょっとガッツリと我が家で使っている便利なAmazonプライムサービスについて紹介してみました。正直皆さんに知って欲しいのは、Amazonプライムは完璧ではないが、購入体験に関しては最高だということです。

やはり配送特典がいつでも気兼ねなく使えるというのは、かなり便利なサービスになっていると思っていて、荷物を保管する貸し倉庫を借りるぐらいなら、Amazonで都度購入した方が余程便利だと思ってしまうほどです。

また年会費に関しても、実は日本はアメリカと比べてもかなり安いんですよ。年4,900円ですから、月当たりに換算すれば約400円です。Amazonファミリーのオムツで15%OFFになれば、それだけで回収できてしまうんじゃないかと思う金額です。

もちろん年会費も払わなくてもある程度のサービスは受けられますが、年会費を払うことで、一般会員とは違うプレミアムな体験を受けることができる。これだけでも価値のあるサービスになっていると思いますよ。

一度入ってみて、ダメなら無料期間内に解約しちゃえばいいんですから、是非皆さんも一度は体験してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
家事子育てのこと ライフスタイル
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
この記事を書いた人
Taka

スマートホーム x IT x 子育て。モバイルシステムエキスパート。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。3万PV/月達成しました!お仕事の依頼はお問合せからお願いします。

\フォローする/
デジライン
Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

お得なプライム特典はこちら