Buffalo WSR-5400A6Xに取り替え!Wi-Fi 6ルーターの最適な無線設定はどれ?

ガジェットレビュー
スポンサーリンク

我が家のWi-FiルーターをついにWi-Fi 6対応にアップグレードしました!

2020年まではWi-Fi 6対応の端末をそもそも持っていなかったので、ほとんど買う気もなかったのですが、今年になってようやく自宅の端末にWi-Fi 6対応というものが増えてきたので、満を辞して導入してみました。

今回買ったのはバッファローのWi-Fi 6ルーター「WSR-5400AX6」になります。

オススメの機能や設定方法などをわかりやすくお伝えできればと思います。

バッファロー
¥14,280 (2021/11/28 00:12時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー!/
Amazonで探す
\超PayPay祭!最大38.5%相当還元/
Yahooショッピングで探す

Wi-Fi 6とは?

先ずはWi-Fi 6とは何なのかを簡単に説明していきます。

Wi-Fi 6とは、それまで802.11axと呼ばれていた技術規格の一般名称になります。それまでは802.11n/802.11acと呼ばれていたものを、Wi-Fi 4とか、Wi-Fi 5というような言い方に変わりました。

無線LAN世代無線規格最大理論速度
Wi-Fi 4802.11n600 Mbps
Wi-Fi 5802.11ac6.9 Gbps
Wi-Fi 6802.11ax9.6 Gbps
Wi-Fi 7802.11be46 Gbps

スマホも3Gや4G、5Gというような名称の方がわかりやすいですよね。

以下では、Buffalo WSR-5400AX6のWi-Fi 6の特徴を説明していきます。

160MHzバンドで最大4803Mbpsの高速通信

WSR-5400AX6の場合は、5GHz帯で4ストリーム、2.4GHz帯で2ストリームのアンテナがあります。

Wi-Fi 6の技術(160MHz/1024QAM)の1ストリーム当たりの最大速度は約1.2 Gbpsになるので、5GHz帯で4ストリームで通信する場合の最大速度は約4.8 Gbpsとなるわけですね。

この速度はあくまでも理論値の最大速度になり、さらには端末側のWi-Fi機能にもよってくるので、実際の最大速度はさらに下がることになります。

因みにiPhone 11/12のWi-Fi仕様は以下の通りになっており、iPhone 12の場合、80 MHzの2ストリームしかHW的にサポートしていませんので、最大理論速度は2.4 Gbps (5GHzの場合)になることがわかります。

因みに2.4 GHz帯の場合は、最大理論速度は、390 Mbpsになります。

つまり最新のiPhoneを以てしても、ルーターと近距離で通信したとしても、おそらく空間損失の影響も含めて最速で1〜2 Gbpsになると思います。(iPhoneとルーター間の通信速度になるので、インターネット速度はさらに下がる)

OFDMAで複数のデバイスが同時に高速に

Wi-Fi 6の特徴としてもう一つ重要なのが、OFDMAという技術になります。

これはスマホの4Gでも使われている技術の一つで、簡単に言えば1つの電波の上に、複数の端末のデータを同時に流すことができるというものです。

それまでの技術ですと、数ミリsec単位でバラバラとデータが転送されていたものが、Wi-Fi 6では複数の端末が同時に早い速度で通信ができるようになるわけです。

但し、端末がWi-Fi 6をサポートしていることが前提になるので、スマートホームデバイスのような廉価なWi-Fiパーツしか使っていないデバイスの場合は、当分この恩恵は得られにくいかもしれません。

EasyMesh™で簡単にメッシュネットワークが作れる

そして最後のものが個人的にとても注目しているのですが、BuffaloのWi-Fi 6ルーターからはついに業界標準のメッシュWi-Fi規格をサポートするようになります。

今まではメッシュWi-Fiというと、メーカーそれぞれが独自に規格を作り、そのメーカー同士でしかメッシュネットワークを作れなかったのですが、EasyMesh対応のWi-Fiルーター同士であれば、簡単にメッシネットワークを作ることができます。

因みにWSR-5400AX6は、販売時点ではEasyMesh対応していなかったのですが、今後ファームウェアのアップデートにより、EasyMesh対応になることが既にわかっています。

型番対応予定
WXR-6000AX12Sシリーズ2021年9月対応予定
WXR-5950AX12シリーズ2021年9月対応予定
WXR-5700AX7Sシリーズ2021年9月対応予定
WSR-5400X6Sシリーズ2021年9月対応予定
WSR-5400AX6シリーズ2021年9月対応予定
WSR-1500AX2Sシリーズ2021年10月対応予定

WSR-5400AX6は既に販売終了しているモデルですが、HW的にはWSR-5400AX6Sと同じものになります。つまり今後のファームウェアアップデートで、機能的にはほぼ最新のものと同一になるというわけですね。

因みに他社のEasyMeshの対応状況ですが、以下になります。

自分に合ったルーターを選ぶには?

Wi-Fiルーターを買う際には、とにかく高性能なものを買っておけば良いと思っていたりしませんか?

もちろん高性能のものを買えば、基本的に下位互換になっているので大丈夫なんですが、正直自宅にはオーバースペックのものになっていたりすると思います。

Wi-Fiルーターというものは、お金を出せば出すほど高性能になりますが、そもそも受信する端末側の性能が低い場合には、速度は早くなりませんし、小さな1Kの自宅で戸建てタイプの大きなものを買ったとしても、それもまたもったいないです。

以下の記事にて自分に合ったWi-Fiルーターの選び方を書いていますので、併せてご覧ください。

スマートホーム向けおすすめのWiFiルーターの選び方:中継器orメッシュWiFi?接続台数とカバレッジがポイント
...

WSR-5400AX6を試してみる

それでは早速WSR-5400AX6を試してみましょう。

外観チェック

個人的にはこれまでみてきたWi-Fiルーターの中で、見た目は一番好きです。

すっきりとしたフォルムと、余計なゴテゴテとした外付けアンテナもなく、リビングに置いていても違和感のないデザインになっていると思います。

後ろの物理ポートは、WAN側が1Gbps x 1ポート、LAN側が1Gbps x 4ポートになっており、自宅で使うという分には十分だと思います。

因みに上位モデルであれば、2.5Gbpsポートや、10Gbpsポートもあるモデルもありますが、インターネット側が速度が1Gbps上限になっている場合には、あまり意味がないですね。

法人のような大規模で施設で使うか、もしくはLAN内のNAS(ネットワークストレージ)との通信速度を気にする方はそういったものを使うのもアリかもしれませんが、自宅で使う場合にはオーバースペックかなと個人的には思っています。

設定には無線引越し機能が便利だけど・・・

新しいWi-Fiルーターに切り替える場合には、同じメーカー同士の場合は、AOSS/WPSボタンを使って、以前のルーターのSSIDやパスワードを引き継げる機能があります。

Buffaloの場合は、「無線引越し機能」があるので、これを使えば簡単に、自宅のデバイスが全て新しいルーターに接続することができるのですが、いくつか注意点があります。

それは古いルーターの場合は、無線のセキュリティが古いものを使い続けている可能性があり、もし古いままでになっている場合には、新しいルーターに変える時に併せて修正した方が無難です。

以下が使っても良い認証暗号方式と、ダメな方式になります。

安全性が高い
  • WPA3
  • WPA2
  • AES (暗号方式)
安全性が低い
  • WPA
  • WEP
  • TKIP (暗号方式)

最適な無線設定はこれ

WSR-5400AX6のセットアップが終わったら、少し設定を修正しましょう。

もちろん基本的にはデフォルトのままでも十分使えるものにはなっていますが、今回は少し拘って変えていきましょう。

因みに今回は言及していませんが、購入後にはAdminのパスワードを変えることと、IPアドレスを固定化することはお作法として必ずやっておきましょう。

家電のIPアドレスを固定させるメリットとWi-Fiルーターメーカー別の設定方法
スマートホームを使用している際に自宅のネットワーク不安定になることがある?それってIPアドレスを固定させれば安定するかもしれません。メーカー別WiFiアクセスポイント、各デバイス別にIPアドレス固定化させる方法を紹介しています。

それでは早速今回は以下のような設定にしてみました。

5GHzの推奨設定

設定項目推奨設定
無線チャンネル以下のいずれか
36/40/44/48
倍速モード80MHz
Multicast Rate54Mbps
802.11n プロテクションオン
送信出力100%

2.4GHzの推奨設定

設定項目推奨設定
無線チャンネル自動
倍速モード自動選択
(20MHz/40MHz)
Multicast Rate54Mbps
802.11n プロテクションオン
送信出力100%

先ずは5GHzの方ですが、無線チャンネルは36~48のいずれかにしておきます。これは他のチャンネルの場合は、万が一屋外からの干渉電波を受信すると自動的に無線が切れてしまいます。

通信が不安定になるということに繋がるので、干渉の影響の少ないものに変えておくということです。

また倍速モードに関しては、80MHzで十分だと考えます。

というのも最新のiPhoneでさえ、80MHzしかサポートしていないので、160MHzにしたところで、接続できる端末がいませんし、160MHz固定にすることで、占有する帯域が増えて結果的に他の通信にノイズが発生したり、160MHz未対応の端末だと、5GHzのSSID自体が見えなくなるといった、デメリットの方が多くなってしまいます。

2.4GHzの場合は、ほぼデフォルトで良いです。

無線チャンネルはむしろ自動にしておいた方が、干渉を避けるという意味で有効ですし、倍速モードも自動が選択できるのであれば、自動で良いです。

拡張機能は、2.4/5GHz共通のものになります。

Multicast Rateは、映像などのストリーミングデータのために事前に帯域幅を予約しておくもので、この数字を広げれば広げるほど、データによっては通信速度の向上が望めますが、一方で他のサービスの通信速度に影響が出る場合があるので、とりあえずは最大にしておいて、後ほど調整するようなやり方で良いかと思います。

802.11nプロテクションは、「ON」にすると、IEEE802.11n・IEEE802.11b/g混合の環境でのIEEE802.11nの通信速度低下を軽減します。ただし、低下しないわけでもないのでお守り程度の設定になりますが、とりあえずONにしておきましょう。

送信出力は、無線電波の出力を設定します。無線送信出力と電波の到達距離は、ほぼ比例するため、無線送信出力を低くした場合、到達距離も短くなります。但し、100%というと常にMAXで吹いている状態になるので、内部の基盤のことを考えれば50~75%ぐらいにしておくのが無難です。

但し、カバレッジが取れないような場所が発生するのであれば、100%などにしておいても大丈夫です。

ネットが遅い時には光回線を変える方が効果的

ここまでWi-Fiルーターについて書いていきましたが、Wi-Fiルーターを変えたからといっても、インターネット速度が早くなるわけではありません。

というのも、Wi-Fiルーター変えて、早くなるのは端末とWi-Fiルーターの間の速度であって、ルーターから外の通信(WAN)は、固定回線との契約次第になります。

因みに以前Wi-Fi 5対応のルーターを使っていた時に、自宅の回線の1Gbps回線に変えた時のインターネット通信速度は以下の通り、「爆速」でした。

なので、インターネット接続が遅いことに不満を感じているのであれば、変えるべきはWi-Fiルーターではなく、インターネット回線であることがわかりますね。

ともかく速度を求めるのであれば、NURO光にすれば下り最大2Gbps圧倒的な速さを体感できます。

光回線キャッシュバック金額例
NURO 光現金45,000円など
So-net光他社の違約金還元と併せて
最大116,000円割引

その他にも最近はドコモから出ているドコモhome5Gをなんかも5G電波が自宅に届いている人に限定しますが、固定回線なんかよりも圧倒的に早いかも知れませんね。

1年間限定と割り切ればRakuten UN-LIMIT + 楽天ひかりが、初年度1年間無料なので、もちろん最安値!2年目以降も月額3,800円となっているので、今後の使用感次第だが、値段だけ見れば楽天がぶっちぎりに安い


まとめ

今回はバッファローのWi-Fi 6ルーター、WSR-5400AX6についてレビューしてみました。

Wi-Fiルーターというのは一度導入すると、壊れない限りずっとそのままにしておきがちなんですが、やはりWi-Fi 6とメッシュ機能というのが一つの取り替え契機になるかと思います。

因みにWi-Fi 7が出るのは、早くても2024年とも言われていますから、今購入したとしても少なくとも3年近くは使えます。逆にいうと、今買わないと来年、再来年あたりからはWi-Fi 6e/7を待つかどうするかと悩む時期に入るので、個人的には今は「買い」の時期に来ているかと思っています。

みなさん、是非お試しあれ。

バッファロー
¥14,280 (2021/11/28 00:12時点 | Amazon調べ)
\Amazonブラックフライデー!/
Amazonで探す
\超PayPay祭!最大38.5%相当還元/
Yahooショッピングで探す
お得にAmazonでお買い物!

Amazonでお買い物するならAmazonギフト券を現金でチャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%のポイントがつきます。(クレジットカードは対象外)

詳しくはコチラ

ガジェットレビューモバイルIT
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
デジライン

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

シニアモバイルシステムコンサルタント。某大手日系SIerでエンジニアをやりながら、モバイルIT系ブロガーをやっております。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったりしながら、日々の生活の中で面白そうな情報を記事にしています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました