【コロナ禍】特別定額給付金10万円のオンライン申請をやってみよう

お金のサービスのこと
スポンサーリンク

政府のコロナ対策の10万円給付金いよいよ始まりましたね。

市町村によって開始時期はまちまちらしいですが、概ね5月中旬を目処に始まっている模様です。今回は我が家の市でも漸く給付申請が開始されたとのことで早速やり方を調べて申請してみたので、記事にしてみたいと思います。

申請の方法は2種類だが、マイナンバーカードがあればオンライン申請可能

給付金の正式な名称は「特別定額給付金」になります。

申請の方法は2種類あり、一つ目が申請書を印字して郵送するケース、それともう一つがマイナンバーカードを利用して行うオンライン申請になります。

申請方法必要書類など
郵送申請自治体から郵送されてくる申請書を記載して申請する
オンライン申請マイナンバーカード*(電子署名付き)を使ってブラウザ、スマホアプリで申請する

*通知カードではないので注意

郵送申請の場合は、申請書をわざわざ郵送しなくてはならないので、オンライン申請の方が圧倒的に便利ですね。

因みに世帯主が世帯を代表者して全員分申請することができるので、家族全員がそれぞれ申請することは不要です。但し、DV被害などにあっている方など特別な場合は、個別に申請ができるようです。詳しくは「自治体名(〜〜市) 給付金 DV」と検索してみてください。

世帯者とは2020年4月27日時点で住民票の登録された方が対象になっているらしいですので、それまでに登録できていない出産直後の乳児などは給付対象外になるようです。但し、引越しや外国人などのなんらかの理由で住民票登録ができていなかったような方であれば、一応給付受取はできるようなので、窓口に相談してみてください。

オンライン申請にはスマホが便利

オンライン申請にはパソコンを使う方法と、スマートフォンを使う方法の2種類があるのですが、どちらのケースでもマイナンバーカード内のICチップを読み取るために、カードリーダーが必要になってきます。

Suicaなどが搭載されているスマホの場合は、特別な追加機器が不要で、そのままスマホがカードリーダーになるので、パソコンで申請するよりも圧倒的に楽です。パソコンの場合は、別途カードリーダーが必要になってくるんですが、このカードリーダーもなんでも言い訳ではなく、指定のものがあるので、それもまた面倒です。

因みに対応確認済みのカードリーダーはここで公開されています。

スマートフォンの場合は、ここ数年に買い換えたようなものであれば、基本的にほとんど対応していると思います。ワタシの場合は、iPhone 11Proを持っていますので、こちらで問題なく申請することができました。

給付金申請時の注意点

ということで早速給付金の申請をしてみましょう。

スマホでのオンライン申請自体は画面に沿って、進めれば特に難しいところはないでしょう。但し、申請前に以下の点だけ注意しましょう。

スマホ申請前に準備しておくこと
  • マイナンバーカードおよび4桁のパスワード
  • 電子署名用のパスワード(受取の際にその場で設定したもので8桁のもの)
  • スマホのブラウザはSafariを使うこと(Google Chromeは未対応)
  • マイナポータルAPがインストール済みであること
  • iPadでは申請できない(カードリーダーがないため)

マイナポータルAPは以下でダウンロードできます。

マイナポータルAP

マイナポータルAP

内閣府番号制度担当室無料posted withアプリーチ

特に注意が必要なのが電子署名のところですね。マイナンバーカードを申請する際にわざと電子署名付きのものにしなかったなんて方は、残念ながらオンライン申請をすることはできません。

またパスワードについても数字4桁のものではなく、8桁〜の英数字のものを使っているはずです。(大文字小文字の区別無し)これも意外と忘れがちなものになっていて、かつ5回以上間違えてしまうと、それ以上オンライン申請ができなくなってしまうので、申請前に確実に調べておくことをお勧めします。

申請方法

先ずは「ぴったりサービス」のサイトに行って、自治体と「特別定額給付金」を選択しましょう。

あとは申請者情報と振込先口座情報、そして給付人の情報を入れていくだけですね。

因みに振込先情報の確認のために、キャッシュカードもしくは通帳の写真が必要になります。事前に写真で撮っておいてもいいですし、ブラウザからそのまま写真アプリを起動させることもできるので、どちらでも大丈夫だと思います。

また給付人のところで、世帯代表者以外の情報を入力するところがあるんですが、基本的には名前だけで良いみたいです。郵送申請の場合には、性別、年齢なども入れるところがあるんですが、スマホだとどういうわけか漢字の名前だけで良いらしいです。

申請中断時の注意点

申請中断時には一応申請データをダウンロードしておいて、そのデータを読み込みさせてあげることで、申請再開することができるのですが、ここで注意して欲しいのが、スマホの場合は申請データをダウンロード して、再読み込みさせるというところが少々面倒です。

できることで、あれば最初に挙げた注意点を事前に確認しておいて、中断するような事態にならないようにしておくことをオススメします。

最後に

オンライン申請をしてから、最終的な振込まではもう暫くかかりそうですね。一応我が家の市町村の場合は、オンライン申請している方であれば5月末までに振り込みが完了するらしいです。因みに郵送の場合は、そもそも申請書自体の入手が5月中旬にずれ込むことからもう少しかかるとのこと。

最後にもう一度注意点だけ整理しておきますね。

スマホ申請前に準備しておくこと
  • マイナンバーカードおよび4桁のパスワード
  • 電子署名用のパスワード(受取の際にその場で設定したもので8桁のもの)
  • スマホのブラウザはSafariを使うこと(Google Chromeは未対応)
  • マイナポータルAPがインストール済みであること
  • iPadでは申請できない(カードリーダーがないため)

オンライン申請の申込期限は我が家の自治体は5月末程度という事になっており、おそらく他の自治体もあまり長くはなさそうですので、皆さんも取りっぱぐれのないように、注意して早めに手続きするようにしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金のサービスのこと その他なアレコレ
この記事を書いた人
Taka

スマートホーム x IT x 子育て。大手SIer勤務→ITアーキテクトの経験から面白そうな情報を発信していきます。独学でプログラミング勉強してWEBアプリ作ったり、Pythonいじったりしています。日曜プログラマ&エンジニアさんへタメになる情報をお届けします。

\フォローする/
\この記事が役に立ったらシェアしよう/

オススメキャンペーン

学生なら入らないと損!
タダ同然で使い放題サービス多数のPrime Studentが無料で6ヶ月も見れる!
大学生・院生・専門学生・高専生なら誰でもOK!

Prime Studentなら本や日用品の購入が10%〜15%OFFになる特典や他にも通常のPrime特典が多数あるのに、通常のPrime金額の半額で全部利用できちゃう

お急ぎ便・時間指定使い放題、Prime Videoで映画やテレビ番組も見放題、Prime Musicで音楽も聴けちゃうし、動画・音楽・写真の保存などの特典が多数利用可能

今すぐチェックする
デジモノ
Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
タイトルとURLをコピーしました