Anker Nano II 65Wレビュー!超コンパクトサイズの電源アダプタ

パソコン関連
スポンサーリンク

先日購入したMacBook Proなんですが、純正電源アダプタは正直デカすぎて持ち歩く気にならないので、ピッタリな製品を見つけたので、早速買ってみました。

良質でコスパの良いパソコン周辺機器を多数取り扱っているAnkerから販売されているNano II 65Wは、急速充電が可能な65Wという高出力電源をサポートしつつ、持ち運びに便利な超コンパクト設計が魅力の一台です。

早速レビューしていきたいと思います。

Anker Nano II 65Wの特徴

Anker Nano IIの特徴にいくつかピックアップして紹介していきます。

サイズ約44 × 42 × 36mm
重さ約112g
入力100-240V~ 2.1A 50-60Hz
出力5.0V=3.0A
9.0V=3.0A
15.0V=3.0A
20.0V=3.25A (最大 65W)
Nano II 65Wの製品仕様

最大65Wの急速充電対応

Nano II 65Wの一番の特徴はなんといっても、”65W”という高出力充電アダプタということですね。

MacBookを充電するのに必要な電圧数は基本的に60W程度必要になるので、充電アダプタも60W以上の出力をサポートしているものが必要になります。

macOSのシステム情報でも65Wで認識されている

因みにNano IIには65W以外にも以下の3つのラインナップがあります。

Nano IIのラインナップ
  • Anker Nano II 30W
  • Anker Nano II 45W
  • Anker Nano II 65W

スマホを充電するのには基本的に20Wあれば急速充電に対応してするので、30W以上の製品は基本的にはパソコンなどのデバイスにも使える急速充電デバイスということですね。

「M1Pro搭載」Mac Book Pro 14インチレビュー:待望のプロスペックパソコンに。
...

業界最高クラスの超コンパクト電源アダプタ

パソコン充電用としては、元々付いている電源アダプタもあるのですが、Apple純正やメーカー純正の電源アダプタは持ち歩くには正直デカすぎます。

サイズの違いもそうですが、重量感もすごいので、正直純正の電源アダプタをカフェなどに持っていく気持ちが湧きません。

Nano II 65Wは115g、純正アダプタ95Wは293g

Nano IIのすごいところはこれだけの高出力の電源アダプタを超コンパクトに仕上げてくれていることかと思います。

Nano II 65Wで気になるポイント

Nano II 65Wは本当に素晴らしい製品に仕上がっているのですが、いくつか気になる点も解説しておきます。

ハイエンドパソコン or スマホの充電アダプタとしては用途が合わない

Nano IIのラインナップは最大65Wの充電アダプタになります。

MacBook Pro (M1 Pro)などのノートパソコンを充電する場合に必要な出力は60W以上になるので十分使用できるレベルなのですが、一部の動画編集などに使用する高スペックパソコン(MacBook Pro M1 Maxなど)に関しては、急速充電させるには100W前後必要なものもあります。

Nano II 65Wではこういったデバイスに対しては急速充電させることはできません。

またスマホに必要な電源は20Wで十分ということになるので、65Wだと正直容量が多過ぎます。

用途としてスマホ充電用に使おうとしているのであれば、Nano IIは高スペック過ぎますし、逆にハイエンドノートパソコンの充電用としては容量的に足りないということになります。

PD(Power Delivery)対応の充電ケーブルが必要

Nano IIはUSB-Cポートが1つあるのですが、USB-Cケーブルであれば何でも良いというわけではないことに注意しましょう。

PD(Power Deliver)機能対応のケーブルを使わないと、最悪充電に全く使えなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

因みに僕の場合は、Anker PowerLine III Flowを使っています。

Anker PowerLine III Flowレビュー!クセのないストレスフリーな充電ケーブル
...

スマホ充電アダプタよりは重い

Nano II 65Wをスマホ用に使おうと考えている人は、意外と重さがあることに注意しましょう。

物理的には正直そこまで変わらないのですが、なんというか密度が全く違います。

iPhone純正アダプタが約58gに対して、Nano II 65Wが約116gですから、ほぼ倍の重さです。

それでもパソコンの電源アダプタと比べれば、十分軽くなっているので、要は何用途として使うかかと思います。

充電中の温度に注意

Nano II 65Wの他の方の口コミでもあったのですが、充電中に触れないぐらい発熱というのがありました。

我が家でも使ってみましたが、確かに多少の発熱はします。

ただ正直触れないほどでもないかなと思います。もちろん充電中にずっと触っているわけでもないですし、多少の発熱ぐらいであれば許容範囲かと思います。

まとめ

今回はAnker Nano II 65Wについて実際に使ってレビューしてみました。

MacBook純正の電源アダプタは持ち歩きには大きすぎるので、何か良い商品がないかなと思っていましたが、Nano II 65Wはまさに外出時の充電アダプタとしてぴったりなデバイスかと思います。

みなさんも是非お試しあれ。

お得にAmazonでお買い物!

Amazonでお買い物するならAmazonギフト券を現金でチャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%のポイントがつきます。(クレジットカードは対象外)▶︎詳しくはコチラ

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
90,000円〜2.0%2.5%
40,000円〜1.5%2.0%
20,000円〜1.0%1.5%
5,000円〜0.5%1.0%

Amazon現金チャージする

パソコン関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
DIGILINE (デジライン)

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

シニアモバイルシステムコンサルタント。エンジニア兼ガジェットブロガーをやっています。自宅をスマートホーム化させたり、デスク周りのガジェット、生活家電を中心にレビューしており、またお得で便利なサービスなども紹介しています。
レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました