【保存版】スマートホームの作り方:Apple Homekit/Google Homeを使って家電を操作しちゃおう

スマートデバイス
スポンサーリンク

スマートホーム使えていますか?

いつかは夢のスマートホームじゃないですが、正直まだまだどの家でも使えているというレベルにはまだ達していませんね。もう既にGoogle homeやAmazon Alexaを自宅に導入している人もいると思いますが、正直スマートホームの神髄はスマートスピーカーではなく、家の中の様々なデバイスをスマートフォンやアプリで操作し、時刻もしくは外出や帰宅のタイミングに応じて、自動的に(オートメーション)機器がON or OFFしてもらうことですね。

この記事では今までに管理人が構築してきたスマートホーム構築のハウツーを紹介し、皆さんの自宅に是非スマートホームを広めていきたいと思っています。

やり方がわからないや、こんなスマートホームデバイスも記事にしてほしい等の要望があれば、是非コメントください。

スマートデバイス作成方法一覧

以下、構築動作確認済みデバイス一覧です。

デバイス名称AppleHomekitGoogle Assistant
hueブリッジhomebridgeプラグイン経由×
hueブリッジ
TRÅDFRI
トロードフリ ゲートウェイ
TRÅDFRI
トロードフリ LED電球
トロードフリゲートウェイ
もしくはhueブリッジ経由
トロードフリゲートウェイ経由
RM mini 3homebridgeプラグイン経由
Roomba ルンバhomebridgeプラグイン経由
Pure Hot+Cool linkhomebridgeプラグイン経由×
Sesame (mini)homebridgeプラグイン経由
Nature Remohomebridgeプラグイン経由

スマートホーム構築方法記事一覧

記事は見つかりませんでした。

管理人のスマートホーム状況

我が家のスマートホームの状況をお見せしたいと思います。細かくて見づらいからもしれませんが、現在予定のものや、VPNサーバの使い方も含めると大体こんな感じです。

管理人のスマートホーム状況

我が家のスマートホームは基本的にラズベリーパイと呼ばれる自宅サーバをホームハブとして構築しています。ラズベリーパイ?サーバ?なんか難しそうと思う方もいるかもしれませんが、慣れてしまえばとても簡単です。

またラズベリーパイを使わなくても、もし自宅にQNAPやSynologyのNASサーバを既に導入済みの方はDockerと呼ばれる仮想化サーバで構築することも可能です。

また一部はGoogle homeでも操作ができるように作ってはいますが、現在管理人がiPhoneを使っていることから、基本的に全てApple homekit(Siri)での操作ができるように作成しています。

Apple homekitでのスクリーン

リビングはIKEA トロードフリ照明
テレビはブロードリンクrm mini使用

Google home (assistant)でのスクリーン

Hueブリッジで接続されている機器
お得にAmazonでお買い物!

Amazonでお買い物するならAmazonギフト券を現金でチャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%のポイントがつきます。(クレジットカードは対象外)▶︎詳しくはコチラ

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
90,000円〜2.0%2.5%
40,000円〜1.5%2.0%
20,000円〜1.0%1.5%
5,000円〜0.5%1.0%

Amazon現金チャージする

スマートデバイススマートスピーカー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
DIGILINE (デジライン)

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

シニアモバイルシステムコンサルタント。エンジニア兼ガジェットブロガーをやっています。自宅をスマートホーム化させたり、デスク周りのガジェット、生活家電を中心にレビューしており、またお得で便利なサービスなども紹介しています。
レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/
タイトルとURLをコピーしました