【2022年ベストバイ】生活が変わるデジライン的買ってよかったもの12選

パソコン関連
スポンサーリンク

買い物履歴を見返してみると、今年も色々買ったなとしみじみ思います。自宅のスマートホーム化という観点から色々と買い漁ってきましたが、もう我が家の家電のほとんどがスマホで操作できるようになってきており、これ以上は買うものないんじゃないかなと思うんですが、やっぱり毎年新しい機能のガジェットが出てくるとついつい買ってみたくなってしまうんですよね。

さて、今回はそんなスマートデバイスに囲まれる生活のなかで、僕の基準で買ってよかったもの、使ってみたことで実際の生活に良い効果(時短など)があったものをまとめてランキング形式で紹介していきます。

※本ランキングには企業様からの提供物も含まれますが、順位としては本当に個人として良いと思った製品を入れています。

第12位:Anker PowerLine III Flow

いきなり地味目なチョイスかと思ってしまうかもしれませんが、このケーブルは本当にマストバイと断言できるケーブルになります。

今まで使ってきた充電ケーブルはなんであんなにガビガビしていたのかよくわからないぐらいこのケーブルの取り回しは気持ちが良いです。

値段もそこまでしないので、持ち歩き用と自宅用とそれぞれ買っておいて間違い無いです。

Anker PowerLine III Flowレビュー!クセのないストレスフリーな充電ケーブル
...

第11位:スイッチボット加湿器

今まで欲しいなと思っていたスマートホームデバイスだったのですが、なかなか手に入れる機会がなくてずっと導入してなかったのですが、今年はついに手に入れました。

我が家では温湿度センサーと連携させて、閾値を超えると勝手に加湿されるように設定していますが、まさにスマートホームな気がしてとても気持ちがいいですよね。

値段も結構安い割には作りはしっかりしているので今年の冬は活躍くれそうです。

SwitchBot (スイッチボット)のスマート加湿器で部屋の湿度を自動調節!
...

第10位:FlexiSpot E8 電動昇降式デスク

スタンディングデスクなんて、自宅には要らないだろうなとか思っててすみませんでした。

使ってみると本当に便利だと思います。

デスクというのは一度設置してしまうと、高さやサイズも気軽に変えづらいという点があると思いますが、FlexiSpotの場合は天板は自由に変えることができますし、高さもその時の気分、作業者によって自由に変えることができます。

我が家ではちょっとした気分展開に、一時的にスタンディングデスクにして仕事をしたりして使っています。

値段はそれなりにしますが、ただ今のテレワーク状態がこのままずっと続くのであれば、これにお金をかけるのはアリだと思います。

FlexiSpot E8レビュー|天板DIYでロングにもできる電動昇降式スタンディングデスク
...

第9位:SwitchBotカーテン

高級住宅の自動カーテンというのは、やはりスマートハウスの憧れの一つなんじゃないかと思います。

スマートカーテンを使えばそんな夢を簡単に実現することができました。

ボタン1つでカーテンが自動で開閉する様子は、やはり気持ちの良いものですし、さらに毎朝太陽の光で目が覚めるというのは、朝からリッチな気分になれますね。

今まで値段の高さから導入を見送っていましたが、使ってみるとやはりとても便利です。

SwitchBot (スイッチボット) で自動開閉するスマートカーテンに変身!
...

第8位:スイッチボット屋内カメラ

今まで実はベビーカメラとして、パナソニックのベビーモニタを使っていたのですが、このスイッチボットのカメラを導入してから、完全に乗り換えてしまいました。

というのも何よりも画質が綺麗なんです。(HD画質)

さらにはシリーズデバイスのセンサーとの連携もしっかりしてくれているので、正直この値段でこれだけの使い勝手が実現できるなら、今買うならこっちで十分かなと思っています。

SwitchBot(スイッチボット)屋内カメラをレビュー!防犯カメラ/ベビーモニターとして使える!
...

第7位:スマートリモコン(Nature Remo / SwitchBot)

スマートリモコンも今年はたくさん使いました。家に中に一日中いるので、テレビをつけるときも、エアコンをつけるときも、ブルーレイレコーダーを操作する時も必ず使ったのがNature remoです。

我が家では実はNature Remoが3台(リビング・ダイニング・寝室)に設置されており、各部屋のリモコン代わりになっています。特に小さな子供がいる家庭や、リモコン自体が嫌いという方であれば、リモコンを一掃できる便利なデバイスです。

Nature Remo mini 2 Premiumレビュー|Remo miniとの違いは?
...

また同時にSwitchBotも使ってみたのですが、こちらも併せておすすめの1台です。

こちらはNature Remoと違ってセンサーが別売りにはなりますが、センサーと合わせて買ったとしても値段としては、SwitchBotの方がお得です。

アプリの操作性に関しては、どちらも似たようなものなので、好みにはなりますが、個人的にはSwitchBotアプリの方がUI(見た目・操作性)がキレイで使いやすい気がします。

またオートメーションの機能を使えば、これひとつで自宅空調の温湿度自動化ができちゃうので、冷えすぎたり、暑すぎたりすることがなくなりますよ。

SwitchBot(スイッチボット)ハブミニでテレビやエアコンを遠隔操作。オススメのスマートホーム入門機!
...

第6位:アップルウォッチ7

それまではAppleWatch4を使っていたのですが、今年は新作に乗換です。

それまでと比べてベゼルがさらに薄くなり、視認率が上がりました。さらにはAlwaysオンがサポートされるようになったので、時間を見るときにわざわざ勢いを着けて手首を返す必要無くなったことも便利になったと感じる機能です。

Apple Watch(アップルウォッチ) 7レビュー:画面サイズが広がり、見やすく&操作しやすくなった。
...

因みにベルトも純正のレザーリンクに変えていますが、これがまた良いです。

革ベルトの着け心地の良さとスポーツタイプのバンドのような手首の締め付け感の具合がもう言うことなしです。流石純正と言わんばかりのベルトなので、もう他メーカーのバンドに浮気する気も起きていません。

アップルウォッチ純正バンド レザーリンクをレビュー|サイズ感はどう?着け心地抜群の革ベルト!
...

第5位:モニターライト(BenQ ScreenBar)

実はモニターライトはMakuakeで購入した「ON」を持っていたのですが、新しいモニター用に買い直しました。

それまでは以前のモニターライトで十分満足していたのですが、やはり高いものはそれだけ良い仕事をしますね。

作りの丁寧さはもちろん、光度調整に関してもやはり安定のBenQと言ったところです。

BenQ ScreenBarモニターライトレビュー:ミニマリストなら絶対買いでヨシ。
...

第4位:スマートロック(セサミ4/スイッチボット)

スマートロックは是非マストで持っていて欲しいそんなデバイスです。

このデバイスを入れるようになってから、鍵を持ち歩くことは一切なくなりましたし、鍵の閉め忘れというのも一切起きなくなりました。

スマートデバイスの中でも誰もが買った便利だと思うデバイスの一つなんじゃないかと思います。

セサミ4になってから、複数デバイスからの同時接続ができるようになったり、動作音も小さくなって益々便利になりました。

セサミ4とセサミminiの違い。これでもうスマートロックの締め出しの心配はない?!
...

因みにスイッチボットからも、同様にスマートロックが販売されています。

どちらが良いかは、正直好みにもよると思いますが、自宅をスイッチボット製品でまとめたいと思うのであれば、スイッチボットのスマートロックは便利だと思います。

セサミは、スマートロック単体になってはしまいますが、やはり単一の製品の完成度は高いです。

SwitchBotロックレビュー|セサミ4や他のスマートロックとの違いは?
...

第3位:4K 27インチモニター(BenQ EX2880U)

セカンドディスプレイ用のモニターとして購入しましたが、やはり4Kは違いますね。

それまでは24インチのHDモニターでしたが、HDなんてもう過去画質であることを思い知らされました。美しさと作業スペース広さという点では、もう戻れません。

「いい仕事はいいモニターから生まれる」なんて言いたくもなります。

BenQ 4Kモニター(EW2880U)レビュー:仕事にもプライベートにも大活躍の1台!
...

第2位:ノイズキャンセリングヘッドホン(Bose NC700)

テレワークがもう当たり前になってきて感じるのは、家族と仕事との同居なんですよね。

打ち合わせをしている中でも後ろから生活音が聞こえてきたり、逆に子供の鳴き声で会議に集中できないなんてことが本当に頻発するんですよね。(我が家だけ?)

だから前々からノイズキャンセリングヘッドホンについてはずっと狙っていたのですが、ついに買ってしまった訳です。

買ってからというもの、作業効率がマジで渋りますよ。(語彙力)

正直家族からの声かけすら聞こえなくなるので、たまに怒られることもあるかもしれませんが、それだけの没入感は保証します。テレワークはもちろんのこと、ゲームにも大活躍の一台でした。

Boseノイズキャンセリング搭載ヘッドホンNC700レビュー!テレワークにこそオススメの1台!
...

第1位:MacBook Pro 14′ M1 Pro

そして今年購入したもので最も買ってよかったと思えるのは、やはりMacBook Pro M1 Proですね。

圧倒的なスペックと素晴らしいデザイン。心底買ってよかったと毎日思っています。

正直去年M1チップが販売されたときにも買おうかと悩んだのですが、やはり以前のモデルだと32GBメモリがサポートしないことがネックで見送っていました。

今回はM1 Proということになり、メモリも32GBまでサポートすることになり、購入に対して一切の憂いがなくなりましたね。

「M1Pro搭載」Mac Book Pro 14インチレビュー:待望のプロスペックパソコンに。
...

あとがき

自分が買ったものを見返してみると、「スマートホーム」「テレワーク」「家事」に集約されているような気がしていて、本当に巣篭もりだった1年だなとしみじみ思うわけです。

どれも使用頻度が高く、毎日我が家で活躍してくれているものばかりです。今後も常にアンテナ高く張り巡らせて、このランキングを塗り替えてくれるようなガジェットと巡り合いたいですね。

お得にAmazonでお買い物!

Amazonでお買い物するならAmazonギフト券を現金でチャージするのがお得です。チャージごとに最大2.5%のポイントがつきます。(クレジットカードは対象外)▶︎詳しくはコチラ

1回のチャージ金額通常会員プライム会員
90,000円〜2.0%2.5%
40,000円〜1.5%2.0%
20,000円〜1.0%1.5%
5,000円〜0.5%1.0%

Amazon現金チャージする

パソコン関連ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\この記事が役に立ったらシェアしよう/
DIGI LINE (デジライン)

Comments

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

この記事を書いた人

Taka

シニアモバイルシステムコンサルタント。本業エンジニア兼副業ガジェットブロガーをやっています。レビュー依頼などはお問合せからお願いします。

\フォローする/